2017.02.21

【2/4】冬の秩父路散策その2~初訪問、芦ヶ久保の氷柱

 今月4日の続き。秩父鉄道沿線を離れ、目下駅舎建設中の西武秩父駅から飯能行きの列車に乗り込んで2つ目の芦ヶ久保で途中下車します。この後は駅から歩いて10分足らずのところにある氷柱を見物することにしますが、ここ数年来から一度間近で見たいと思っていたところで、これまでも西武秩父線の車内から見るに留まっておりましたが、今年ようやく実現の運びとなりました。

 環境整備協力金の名目で200円を入口で支払ってから中へ。氷柱が観光の目玉としていろいろ取り上げられるようになったのはここ数年のことと思いますが、自然が作り上げた氷の造形物にただ圧倒されっぱなしなところでしたね。すぐ脇を西武秩父線の線路が行き来しているので、場所によっては列車の通過時刻が記された掲示物も見られ、氷柱と列車のコラボが撮影できました。

氷柱@芦ヶ久保'17.2.4

鉄道と氷柱説明板@芦ヶ久保'17.2.4

西武10000系@芦ヶ久保'17.2.4
(3枚とも)初めての氷柱見物

 高台の休憩処で無料の甘酒をいただき、体を温めてから駅に戻ると、飯能寄りから見慣れない列車がホームに入ってきましたが、昨年4月にデビューした観光列車「52席の至福」で、一度実物はそれ違ったところを目にしたものの、間近で見るのはこれが初めてとなりました。ネットで予約状況を見るとランチ時の便はすぐに予約が埋まってしまうほどの盛況ぶりで、一度は乗ってみたいですね。

西武4000系@芦ヶ久保'17.2.4
芦ヶ久保で観光列車「52席の至福」と対面

 こうして少し早目に芦ヶ久保を出発。東飯能へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

【2/4】冬の秩父路散策その1~今年も運転、急行ロウバイ号

 今月4日は秩父鉄道沿線へ向かうべく川越線に乗車。途中、高麗川で降りて後続の東京行き直通に乗り込みました。駅構内にある電光掲示板を見ると、「川越」と「高崎」の表示挟まれて「東京」の文字が表示されていて、目的地が広範囲に点在していることが確認できましたが、高崎へ向かうディーゼルカーを見送った後、オレンジの帯が入ったE233系が入線。次の東飯能までの一駅だけ揺られました。

E233系@高麗川'17.2.4
高麗川でこの車両を見ると新鮮味が湧きますねhappy01

 東飯能で降りるとすぐ隣の西武の乗り場へ直行。窓口で秩父フリーきっぷを入手し、7時53分発の秩父鉄道直通に乗り込みます。途中横瀬で長瀞行きを切り離し、秩父鉄道線内へ乗り入れ。この日はまず、三峰口行きの急行をお迎えすることにしますが、いろいろと考えた末に武州中川駅で降りることにしました。熊谷寄りの線路脇で待っていると、ヘッドマークを付けた急行が接近。桜沢みなののイラストが小さくデザインされていました。

秩父鉄道6000系@武州中川'17.2.4
今年も桜沢みなののイラスト入りヘッドマークを付けた急行ロウバイ号が運行

 この後、後続の列車に乗り込んで終点三峰口へ移動。ここでも後からやって来る急行列車を待つことにします。駅から歩いて数分の警報器のない小さな踏切の側でしばし待機していると、先程とは異なるデザインのヘッドマークを付けた6000系が接近。この日、旧急行色の6003Fが運用に就いていなかったのでこちらに付いているヘッドマークを拝むことができなかったのは残念なところでしたね。

秩父鉄道6000系@三峰口'17.2.4
別バージョンの急行ロウバイ号のヘッドマーク。結局この日拝めたのは2種類のみweep

 この後は11時21分発の熊谷行き急行に乗車。駅に戻り、窓口で急行券と台紙に桜沢みなののイラストがデザインされている「ロウバイ観賞記念乗車券」を手に入れてから出発しました(続く)。

秩父鉄道6202@三峰口'17.2.4

急行ロウバイ号HM'17.2.4

ロウバイ観賞記念乗車券
(3枚とも)桜沢みなののイラストが入った記念乗車券を手に入れ、三峰口を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

【1/30】マイカーで訪ねる佐野厄除け大師

 先月30日は年1度の人間ドックを受診。一通り終了後、久しぶりにマイカーで県外へ向かいました。国道122号線を北上し、利根川を越えて群馬県へ入ってすぐのところにある川俣郵便局に寄り道。鉄道で言うと東武伊勢崎線の川俣駅が近いところですが、ここは足尾銅山の鉱毒事件にゆかりのある地で、郵便局の近くには川俣事件に関する碑が設置されていました。

川俣事件衝突の地記念碑'17.1.30

川俣局風景印'17.1.30
(2枚とも)群馬と埼玉の県境にある川俣の地に寄り道

 引き続きクルマを走らせ、館林市内を抜けて渡良瀬川を越えると栃木県内へ入ってきました。そのまま佐野市内へと向かい、佐野厄除け大師を訪問。子供の頃は毎年のように親に連れられて足を運んだものでしたが、結婚した後はさすがに毎年というわけには行きませんで、数年ぶりとなりましたcoldsweats01。ただドライブがてら走らせるには距離的にもちょうどいいので、毎年足を運ぶにはいいかもしれませんね。

佐野厄除け大師'17.1.30
久しぶりに訪問した佐野厄除け大師

 さすがにこの日は鉄分少な目。それでもクルマを駐車場に置いて市内をブラブラしていると両毛線が気になるところで少しだけ様子を見てきました。もちろんお目当ては数が少なくなりつつある115系でしたが、あいにくこの時間は107系と211系しか行き来しておらず、115系の姿を目にすることができませんでした。こちらも徐々に数を減らしつつあるようで、改めて置き換えが進んでいることが実感できました。

107系@佐野'17.1.30
115系には出会えず…weep

 時刻は16時近く。そろそろ帰り支度ということで駐車場に戻るとエンジンを起動。埼玉県内へ向けてハンドルを握りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

【1/29】地元で迎える川越線の快速列車

 川越線を走る快速列車を追って川越市内をブラブラした先月28日の翌日、今度は地元でお迎えすることにしました。その前に高崎線をリゾートやまどり使用の快速列車が来るので、まずはそちらにご挨拶。高崎線ではお馴染みとなっているリゾートやまどりですが、この日は「快速いで湯やまどり号」として熱海まで運転され、東海道本線を走行しました。こちらも見たかったですね。

快速いで湯やまどり号@宮原'17.1.29
高崎線を行く快速いで湯やまどり号をお迎え

 快速いで湯やまどり号を見送った後、場所を高崎線から川越線沿線へ移動。川越行きの2本の快速列車をお迎えします。地元で川越線の撮影となるとどうしても場所が限られてしまいますが、まずは9時半前に快速ぶらり川越号が接近。外から見た限りだとまずまず座席が埋まっている様子で、常磐線沿線辺りから日帰りで川越を訪ねる観光客が多いようですね。

快速ぶらり川越号@日進'17.1.29
地元で迎えた川越線の臨時快速の1本目、快速ぶらり川越号をお迎え

 この後、快速おさんぽ川越号が来るまで30分以上あったので場所を移動。日進駅近くの踏切で待機していると、10時10分頃にE257系が日進駅に一旦停車し、ゆっくり動きだすと川越方面へと走り去っていきました。こちらは前日川越から大宮まで乗車したばかりでしたが、先ほどの651系と言いE257系と言い、やはり川越線内で目にすると目立ちますね。

快速おさんぽ川越号@日進'17.1.29
場所を変えておさんぽ川越号をお迎え

 これで地元での快速列車のお迎えは終了。自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

【1/28】帰りは快速おさんぽ川越号に乗車

 先月28日の続きですが、川越行きの臨時快速列車を見送った後はそのまま歩いて川越市内へ。と言ってもこの後市内観光をするわけではなく、“鉄”ネタ探しでもしながら適当にブラブラしようと思っていたところでしたが、特段目が惹かれるようなネタはなく、せいぜい列車の撮影ができるスポットが見つかった程度でした。高校が川越にあったもので、自身にとって馴染みのある町ですが、この日は好天に恵まれ、過ごしやすい1日でしたね。

東急4000系@川越'17.1.28
国道16号線に掛かる歩道橋から東武東上線の列車を望む

 そんな中、昼頃に一度川越駅へ足を運びましたが、その際16時ちょうど発の快速おさんぽ川越号の空き状況を指定席券売機で確認したところ、空席があったので押さえておきました。E257系使用の臨時快速は昨年10月に続いての乗車でしたが、川越線内を優等列車に揺られて行くというのもひと昔前だったら考えられないところ。すっかりお馴染みになった鉄博付近の渡り線を越え、大宮駅7番線ホームに滑り込みました。

快速おさんぽ川越号@川越'17.1.28
帰りはおさんぽ川越号に乗って大宮へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.15

【1/28】この冬も運転、川越線を行く快速列車

 先月28日と29日の2日間、川越線を2本の快速列車が走りました。651系を使用した快速ぶらり川越号とE257系を使用した快速おさんぽ川越号ですが、28日に様子を見に行ってまいりました。降り立ったのは南古谷駅。車両基地がある方向へ行くかどうか迷いましたが、今回は趣向を変えて川越方面へ歩いて20分ほど行った川にかかる鉄橋付近でしばし待機していると、まずは快速ぶらり川越号がやってまいりました。

快速ぶらり川越号@南古谷'17.1.28
この冬も運転された快速ぶらり川越号

 この後、次の快速おさんぽ川越号が来るまで30分以上時間があり、そのまましばし待機していると、大宮寄りからヘッドマークを付けたE233系がやってきました。先日こちらの記事でも紹介した、「川越・さいたま」と書かれたヘッドマークですが、例年1月から3月までの期間、川越市内とさいたま市内でスタンプラリーが開催され、その期間中に運転されています。

E233系@南古谷'17.1.28
おさんぽ川越号の前を走るヘッドマーク付きE233系

 その後待つこと10時20分過ぎ、もう一本の臨時列車である快速ぶらり川越号がやってまいりました。幕張車両センター所属のE257系を使用した臨時列車で、外房線の茂原駅が始発となっておりますが、先ほどやってきたおさんぽ川越号が高崎線を走る特急草津号と同じ車両なのに対してこちらは房総特急で使用されている車両とあって埼玉界隈ではあまり馴染みがないことから目を牽きますね。

快速おさんぽ川越号@南古谷'17.1.28
茂原からやってきた快速おさんぽ川越号

 こうして川越線を走る臨時列車のお迎えは終了。そのまま歩いて川越市内へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

【1/22】レンズ新調、京王百貨店駅弁大会2回目

 先月22日はゆっくり目に自宅を出発して新宿へ。まずは駅前にある大型家電量販店に向かいました。実は前日、京成関屋駅近くで成田山開運号を待っている最中に手持ちのオリンパスペンのピントが合わない不具合が発生。如何せん、急に調子が悪くなったもので、何度かレンズを付け替えしても改善されませんでした。不具合はキットレンズのうちの標準レンズ。さすがに望遠だけでは用を満たさないので、思い切ってレンズを新調となりました。

オリンパスペン
レンズを急遽新調

 この後向かったのは京王百貨店。もちろんお目当ては開催中の駅弁大会で、今年はこれで2回目となりましたが、この日は昔懐かしい181系を模した「特急あずさ号誕生50周年記念弁当」をチョイスしました。今回は新宿駅から湘南新宿ラインに乗り込み、グリーン車内で頂くことに。中身はあずさ号が走る山梨県と長野県ゆかりの食材がコラボしておりました。

特急あずさ号誕生50周年記念弁当パッケージ'17.1.22

特急あずさ号誕生50周年記念弁当中身'17.1.22
今年2回目の駅弁大会は、昔懐かしい国鉄型の駅弁をチョイス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【1/21】下町日和きっぷで巡る京成沿線ミニトリップその2