2022.10.02

【5/22】5月の日帰り長野旅その3~終点湯田中駅に降り立つ

 前回の続き。お目当てのラッピング車両がお休みとのことで、予定を変更して終点湯田中駅へ行くことにします。最後に訪ねたのがいつになるのか、正直言ってすぐに思い出すことが出来ず、かつて駅構内に存在したスイッチバックの設備が今もイメージとして強く残っている駅ですが、現在も使用されている古い駅舎を目にして、当時の記憶がよみがえってきました。

湯田中駅舎'22.5.22長野電鉄の終点、湯田中駅に到着

 その湯田中駅に隣接して「楓の湯」という日帰り温泉施設があり、一風呂浴びていくことに。昔、湯田中までの往復乗車券と温泉施設の入浴料がセットになったきっぷを利用したことがありますが、館内に入ると何となく中の雰囲気が蘇ってきました。2003年オープンと比較的新しい施設ながら、いわゆる「かけ流し」天然温泉とのことで、本格的な温泉を満喫することが出来ました。

楓の湯@湯田中'22.5.22駅隣接の温泉施設「楓の湯」で一風呂

 楓の湯の隣はかつての旧駅舎。中は待合室になっており、「湯田中渋穂波」という温泉むすめのパネルが鎮座しておりました(続く)。

湯田中渋穂波等身大パネル@楓の館'22.5.22
湯田中温泉の温泉むすめ「湯田中渋穂波」

| | コメント (0)

2022.10.01

【5/22】5月の日帰り長野旅その2~信州中野駅の桜コラボパネル

 前回の続き。気を取り直して須坂駅から再び長野電鉄に乗り込みます。次にやってきたのは信州中野駅。ここは秩父鉄道の鉄道むすめ、桜沢みなのと朝陽さくらの桜コラボパネルが設置されているとのことで、下車後にさっそく拝見してきました。信州中野駅と言えば今年1月、謹賀新年ヘッドマークを見に訪れていますが、駅周辺は雪が積もっていて、町中へ出るのに一苦労だったことが思い出されます。

桜コラボパネル@信州中野'22.5.22
信州中野駅に掲示された桜コラボパネル(手前はさくらさんの等身大パネル)

 この後はさらに先へ向かうことにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2022.09.30

【5/22】5月の日帰り長野旅その1~お目当ての車両はお休み・・・

 秩父鉄道と長野電鉄の鉄道むすめのコラボイベントが5月からスタートし、手始めに近場の秩父鉄道に足を運びましたが、長野電鉄でもラッピング車両にヘッドマークを付けて運転しているとのことで、5月も後半に入った最初の日曜日に日帰りで訪ねてまいりました。大宮駅641分発かがやき501号で出発。次の停車駅である長野駅には1時間弱で到着しました。

かがやき501号@大宮'22.5.22大宮駅からかがやき号で出発

 さっそく長野電鉄の乗り場へ直行。一先ず停車中の列車に乗り込み、長野駅を出発します。途中の区間でお目当ての車両と交換するかもしれないので、車内から目を凝らして車窓を見るも、それらしい車両とは出会わず。結局、車庫のある須坂駅に到着しました。長野電鉄の車両基地があることから、ここへ来れば運用に入っているかどうかはわかるところですが、お目当ての車両は湯田中寄りの引込線で羽を休めておりました。

長野電鉄1000系&8500系@須坂'22.5.22お目当ての車両はお休み中・・・

 運用に入っているか否か、公式サイトで公開されていないこともあって、当日現地へ行ってみないとわからないところがあり、こればかりは致し方のないところ。気を取り直し、須坂駅から再び列車に乗り込みました(続く)。

| | コメント (0)

2022.09.28

【5/18】都営三田線の新しい顔、6500形に乗る

 都営三田線の新車、6500形が今年の5月から運行開始したとのことで、さっそく乗りに訪ねることに。埼京線の浮間舟渡駅から国際興業バスに乗り込み、高島平駅にやってきました。いろいろ調べたら、この日は夕方から出庫して運用に入るとのこと。一先ず先行し、高架区間の蓮根駅で待つことしばし、新鋭の6500形がやってきました。画像などでは見ていましたが、改めて実物を目にすると、先頭車の独特な顔つきが印象的です。

都営6500形@蓮根'22.5.18都営三田線のニューフェイス、6500形と初めて対面

 この後、6500形に乗って巣鴨駅へ。これが初めての乗車となりました。

| | コメント (0)

2022.09.27

【5/14】わくわく鉄道フェスタを訪ねるその4~帰りも東武東上線

 前回の続き。桜沢駅から15分ほど歩いて東武東上線の玉淀駅にやってきました。時刻表を見ると、ちょうど寄居行きの列車が来るところだったので、改札を抜けてホームで待っていると、セイジクリーム塗装の800081111編成が到着。この後すぐに折り返してくるので、こちらに乗り込みます。東上線のリバイバルカラーも登場してからだいぶ時間が経過していますが、もう1本のツートンカラー81107編成共々、今も元気な姿を見せています。

東武クハ81111@小川町'22.5.14リバイバルカラーで小川町に到着

 その81111編成に揺られ、小川町駅に到着。ちょうど目の前には人気グループ、ももいろクローバーZのヘッドマークを付けた5000051005編成が停まっていました。10日ほど前にふじみ野駅で見かけたばかりでしたが、通称「ももクロ」と呼ばれ、沿線の富士見市では市のPR特別大使に任命されていることもあり、東武東上線とのコラボ企画もこれまで何度か行われています。

東武50000系@小川町'22.5.1410日ぶりの対面となった、ももいろクローバーZのヘッドマークを付けた51001編成

 51005編成を見送り、後続の列車に乗って森林公園駅で下車。ここから川越特急に乗り込みます。乗車券のみで乗れることもあり、自身にとっては秩父方面からの帰りの足として重宝しています。

東武50096@森林公園'22.5.14最後は川越特急で一気に川越へ

| | コメント (0)

«【5/14】わくわく鉄道フェスタを訪ねるその3~桜沢駅に寄り道