2016.12.03

秋の西日本紀行その5~夜の博多駅をブラブラする

 秋の西日本紀行の続き。博多駅に戻り、後は夜行高速バスに乗り込むだけとなりましたが、出発までまだ1時間ほどあったので、入場券を買って駅構内で過ごすことにしました。ホームへ上がってまず目に留まったのが派手なラッピングを施した787系で、長崎の夜景がデザインされておりましたが、夜景のラッピングというのもこれまでお目にかかったことがなく、夜景で有名な長崎らしいところですね。

長崎夜景ラッピング'16.11.3
787系にラッピングされた長崎の夜景

 引き続き構内をブラブラしていると、電光掲示板に「かいおう」と表示されていたので上がってみることに。博多と筑豊本線の直方を結ぶ特急ですが、もちろん直方市出身の名大関、魁皇がその由来で、人名を列車名にしたのは全国でもここだけとなっております。ホームには「ハイパーサルーン」783系が停まっておりましたが、民営化から1年後の1988年に登場した車両で、デビューしてから早30年近くが経つんですね。

特急かいおう4号@博多'16.11.3

特急かいおう種別幕'16.11.3
(2枚とも)博多駅に停まっていた特急かいおう

 こうしてJR九州の車両を見ながら過ごして改札外へ出ると、そのまま高速バスが出発する博多バスターミナルへ。この後はいよいよ夜行高速バスに乗って博多を出発しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.02

秋の西日本紀行その4~夜の博多を歩く

 秋の西日本紀行の続き。博多から地下鉄に乗って天神へやってきました。そろそろ夕飯を食べようと天神の町をブラブラしておりましたが、やはりここは博多名物を味わって帰りたいところ。いろいろ名物はありますが、真っ先に思い浮かぶのはやはり博多ラーメンでしょうかね? 15分ほど歩いた長浜地区で見つけた店に入りましたが、普段大盛は辞退する身であるものの、やはり替え玉は外せないですねhappy01

博多ラーメン@満麺屋'16.11.3
夕飯は名物の博多ラーメンnoodle

 この後、近くにある入浴施設で一風呂浴びようと探したもののすぐには見つからず、天神駅近くまで戻ってしまいましたが、先ほどラーメンを頂いた店のすぐ近くにあることがわかり、ちょっと遠回りしてしまいましたcoldsweats01。さっそくお風呂に入ってまいりましたが、この後夜行高速バスに乗ることもあり、その前に1日の汗を流しておきたいところですね。どこにでもある入浴施設ではありますが、旅先の有難い存在です。

湯の華@博多'16.11.3
博多の町中にある入浴施設で1日の汗を流すspa

 この後、天神の町をブラブラ歩きながら再び天神駅から地下鉄に乗車。博多へ戻ってきました。先ほど食べたラーメンだけだとちょっと物足りないうえに夜行高速バスの出発までまだ1時間以上もあったことから、博多駅の中で見つけた居酒屋で風呂上がりの1杯をやりながら博多の地の物を頂いてまいりました(続く)。

生ビール&つまみ@博多'16.11.3
風呂上がりの1杯beer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

秋の西日本紀行その3~26年ぶりに博多南線に乗る

 秋の西日本紀行の続き。千早からJR鹿児島本線に揺られて博多までやってきました。この後特段予定はなく、博多界隈でのんびり過ごそうと思っておりましたが、まずは博多駅の構内をブラブラすることに。新幹線の開業により一頃と比べると様子が変わっておりますが、今も長崎や佐世保、それに日豊本線へ向かう特急列車は健在で、行きつく暇もなく列車が行き来しておりました。

787系@博多'16.11.3
787系は今も健在

 時刻は17時を過ぎ、外は暗くなってきましたが、この日の晩に乗車する夜行高速バスの時間までだいぶ空きがありました。あれこれ考えているうちにふと博多南線の存在を思い出し、久しぶりに1往復することに。博多から車両基地がある博多総合車両所までの区間を走る回送列車を客扱いした全国でも稀有な区間で、自身が長崎に住んでいた頃に乗り潰して以来ご無沙汰でした。

 さっそく券売機で往復の乗車券と特急券を入手。この区間の特急料金は100円と破格の金額で新幹線に乗車することができますが、ホームで待っていると、小倉寄りからひかりレールスター仕様の700系が入線してきました。ここまではこだま745号として運転してきましたが、さらに先の博多南まで運行。17時47分に博多を出発しました。外はすっかり暗くなっていて車窓は望めませんでしたが、10分足らずで終点の博多南に到着しました。

 列車から降りた際、一緒に多くの乗客が降りてきたのには正直驚いたところで、開業して26年の時が経過してすっかり定着している様子ですね。1面のホームには記憶がありましたが、思えば26年前に乗った時も暗くなってからで、正直外の景色はあまり印象がありませんでした。駅に隣接してバス乗り場もあり、あちこち移動もできるようで、これがわかっていればここからバスに乗る手もありましたね。

博多南駅名板'16.11.3

N700系@博多総合車両所'16.11.3

700系@博多南'16.11.3
(3枚とも)博多南線に乗車

 結局30分弱ほど滞在したのち、18時22分発の列車で博多へ折り返し。行きは座席が埋まるほどの盛況でしたが、帰りはまさに回送列車の雰囲気でしたcoldsweats01。この後は博多の町へ繰り出しますが、続きは後ほど(続く)。

EVA新幹線パネル@博多'16.11.3
EVA新幹線は相変わらずの人気happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.30

秋の西日本紀行その2~乗れなかった西鉄の鉄道むすめラッピング電車

 秋の西日本紀行の続き。福岡空港から地下鉄に乗って中洲川端まで向かい、貝塚行きに乗り換えます。この日の目的地は西鉄貝塚線。西鉄新宮から津屋崎までの末端区間が廃止される直前の2007年3月に乗車して以来、西鉄貝塚線になってからは初めての乗車で、貝塚駅から乗るのも初乗りの時以来でしたが、今年春から運行開始した鉄道むすめのラッピング電車が一番のお目当てでした。

福岡市交通局2000系@貝塚'16.11.3
この日の目的地、貝塚に到着

 貝塚に到着し、そのまま西鉄貝塚線の乗り場へ向かうとすぐに出発するとのことで慌てて乗り込みましたが、出発して間もなく車両基地が見えてきたので構内に目をやると、止まっていた2本の電車のうちの1本がお目当てのラッピング電車でした。これで運用に就いていないことが確定してしまいましたがweep、車両基地の外側から見える位置に止まっていたことが救いで、すぐに貝塚へ引き返して外側から拝んでまいりました。

西鉄600形@貝塚'16.11.3

朝倉ちはやラッピング'16.11.3

朝倉ちはやポスター@西鉄千早'16.11.3
(3枚とも)鉄道むすめのラッピング電車は乗れず・・・weep(敷地外から拝見)

 運用に就いていれば沿線で撮影タイムとなるところでしたが、これで大きくあてが外れてしまい残念なところ。それでもせっかくだったので、終点の西鉄新宮まで乗車することにしました。終点の西鉄新宮駅のホームから津屋崎方面に目をやると車止めの姿が見えましたが、廃止されて10年近くの時が流れていることに改めて痛感したところ。ここまでは沿線に住宅が多く、それなりに乗客が見込める様子ですね。

車止め@西鉄新宮'16.11.3

西鉄新宮駅舎'16.11.3

西鉄600形@西鉄新宮'16.11.3
(3枚とも)現在の終点、西鉄新宮まで乗車

 結局来た道を戻り、JR鹿児島本線との接続駅である千早で下車。ここから博多へ向かいました。ラッピング電車は来年以降も運転されるようなので、2月からスタートする全国鉄道むすめ巡りと合わせて乗車できるチャンスはありそう。こちらは次回のリベンジとします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.29

秋の西日本紀行その1~成田発福岡行き

 今月3日から5日に掛けて博多と山陰地方を廻ってまいりましたが、出掛けに大宮駅に寄り道。東武の乗り場でこの日から発売となった新型特急「リバティ」の記念乗車券を手に入れてまいりました。記念きっぷの発売が続く東武ですが、モノによっては早々に売り切れてしまうことが多いので早めに入手した次第でしたが、後日大宮駅で駅員がテーブルを出して売り込みしているのを見かけ、そんなに慌てずに済んだようですねcoldsweats01

新型特急リバティ愛称決定記念乗車券
行き掛けに大宮駅で入手した新型特急「リバティ」の記念きっぷ

 さてこの日の目的地は博多でしたが、片道だけ貯まっていたユナイテッド航空のマイレージを使用することに。ところが予約の段階で羽田発の適当な時間帯の便に空きがなく、唯一予約が取れたのが成田発の便でした。空港までの移動に時間が掛かるもののこれまで国内線の利用は羽田ばかりだったのである意味新鮮なところ。日暮里からスカイライナーに乗って成田空港へやってまいりました。

京成AE形@成田空港'16.11.3
スカイライナーに揺られて成田空港へ

 以前はJRでも京成でも改札口を抜けると係員による荷物検査が行われ、パスポートや免許証などの確認が求められていましたが、現在は省略されていて久しく来ないうちにずいぶんと変わりましたね。さっそく全日空のチェックインカウンターへ向かいますが、搭乗客の長い列が出来ていて意外と利用者は多かったですね。元より祝日だったことと昨今の海外からの旅行客の増加も影響しているようですが、そのまま搭乗口へ移動となりました。

成田空港'16.11.3
福岡へ向けて出発airplane

 搭乗時刻となり、バスで機材まで移動。全日空2141便は10時15分、成田空港を出発しました。あいにく通路側しか空きがなく、外の景色は拝むことができませんでしたが、この日は朝から好天で機内のアナウンスによれば眼下に富士山が見えるとのこと。機内で大人しく過ごしているうちに12時25分、成田空港から2時間ほどで福岡空港に到着しました。この後、この日の目的地へ向かうべく地下鉄に乗り込みますが、続きは後ほど(続く)。

NHboeing737‐500@福岡空港'16.11.3
晴天の福岡空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.28

"フラワー長井線”山形鉄道

山形鉄道YR-880形@赤湯'16.1.9

 “フラワー長井線”の愛称を持つ山形鉄道。今年1月、仙台市営地下鉄東西線の完乗と合わせて久しぶりに乗ってまいりました(その時の記事はこちら)。他の第三セクター鉄道の例に漏れず経営は厳しいですが、沿線案内をまとめた冊子を販売するなど、ゆっくり乗り歩いてみたい路線ですね。幸い来年は全国鉄道むすめ巡りでスタンプが設置されるとのことで、訪ねる機会に恵まれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.27

あかつき(1990年1月7日)

寝台特急あかつき@諫早'90.1.7

 おとといに続き、あかつきの画像を紹介します。時期は1990年1月。埼玉へ帰省した帰りに新大阪から諫早まで乗車しました。終点の長崎まで乗車しなかったのは、住まいが浦上駅の方に近かったことと寝台券を手元に残したかったためで、ここから普通列車に乗って浦上まで向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.26

あかつき

寝台特急あかつき@佐賀'87.3

 昨日、長崎ディスティネーションキャンペーンの一環で大阪から長崎へ向けて「サロンカーあかつき」という団体専用列車が運転されましたが、「あかつき」といえば長崎に住んでいた時によくお世話になりましたね。「レガートシート」という座席車を繋げていたことが一番の理由でしたが、さらに遡ること国鉄末期の1987年3月、初めて長崎を訪れた時にも乗車しております。個人的にはそれだけ馴染み深いブルトレでもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東武の記念乗車券2題