2018.05.23

【3/21】雨の中、GSEを撮る~小田急

 3月21日の続き。大雨の影響で箱根登山鉄道のイベントが早々に終わってしまいましたが、入生田駅に降り立ったのはこれが初めてでもうちょっとブラブラしていくことにしました。小田原駅でロマンスカーの時刻表を貰っていたので見ていたら、この後箱根湯本行きのGSEが来るとのことで駅近くの踏切の側で待っていたら、真新しい赤い車体のGSEが小田原寄りから近づいてきました。

小田急70000形@入生田'18.3.21-1
雨の中、終点箱根湯本へ向けてラストスパートするGSE

 数日前にデビューしたばかりだったこともあって車体もピカピカでしたが、実車を目にしたのは2月末に小田急線内で試乗会の様子を初めて見て以来これが2回目。赤い塗装のせいか、先輩格のVSEとはまた違った印象を受けますね。あいにくの天候の中を待っていたのは正直難儀しましたが、GSEについては後日初乗りを果たしておりますので、その様子についてはいずれ報告いたします。

小田急70000形@入生田'18.3.21-2
新宿へ向けて走り去るGSEをお見送り

 この後引き続き場所を変えて箱根湯本からの折り返しをお見送りし、後続の列車で小田原へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.22

【3/21】ギリギリだった2000形復刻塗装記念イベント~箱根登山鉄道

 3月21日の続きですが、伊豆箱根鉄道大雄山線のイベントを訪ねた後は小田原まで移動。エキナカの立ち食いそば屋でランチを済ませた後、午後は箱根登山鉄道のイベントを訪ねることにします。この日は小田原周辺ではもう一つ、箱根登山鉄道の入生田車庫で2000形の復刻塗装のお披露目イベントが行われましたが、箱根登山鉄道のイベントと言えば初夏に行われるあじさい電車くらいで、入生田車庫を訪ねるのも初めてでした。

小田急1000形@小田原'18.3.21
小田原から箱根登山鉄道に乗り換え

 箱根湯本行きに揺られて入生田駅に到着すると、一緒に降りてきた乗客が会場へ向かって小走りで行く様子が伺え何やらただならぬ様子。よく聞くと13時でイベントが終了となる旨のアナウンスが流れており、こちらも慌てて会場へ向かいました。何とか会場内には入ることが出来ましたが、折からの大雨で15時終了が前倒しとなったとのこと。会場内をじっくり見て回ることはできませんでしたが、イベントの主役は何とか拝めました。

箱根登山鉄道1000形&2000形@入生田車庫'18.3.21
2000形復刻塗装イベントは早々に終了weep

 そんなわけでイベントの方は早々に撤収と相成りましたが、さすがに帰るにはまだ早い時間。この後もうちょっと箱根登山鉄道沿線で過ごしてまいりましたが、続きは後ほど(続く)。

2000形復刻塗装イベントポスター@入生田車庫'18.3.21
小田急系と西武系2社のイベントポスターが並ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.21

【3/21】大雄山線にも誕生した鉄道むすめ、塚原いさみに会う

 ちょうど2か月前となる3月21日ですが、自宅を出発して上野東京ラインから東海道線へと進んで国府津に到着。ここからは御殿場線に乗り換えとなりますが、比較的行き来が多いエリアでありながら御殿場線に関しては久しぶりの乗車となりました。ここまで見慣れたJR東日本の車両に揺られた後はJR東海所属の313系に乗り換え。こちらに乗って松田までやってきました。

クモハ313‐2305@国府津'18.3.21
国府津から御殿場線に乗り換え

 外はかなりしっかりとした雨が降っていてあいにくの空模様。天気が良ければ駅周辺で小田急のロマンスカーにご挨拶したいところだっただけに今回は断念せざるを得ませんでした。そんな中、新松田駅前から関本行きの箱根登山バスに乗り込み出発。雨が降る中を揺られて終点までやってまいりました。さっそくバス停に隣接する伊豆箱根鉄道の大雄山駅へ。これは知っている人には知っているところですねhappy01

箱根登山バス@関本'18.3.21
新松田から箱根登山バスに乗車

 さてここ大雄山駅ではこの日、様々なイベントが催されておりましたが、そのうちの一つが大雄山線に新たに鉄道むすめが誕生したのを記念して様々なグッズが販売されておりました。「塚原いさみ」というキャラクターで沿線の駅名に由来する名前は他の鉄道むすめと同じですが、さっそくホームに入り記念乗車券とクリアファイルを入手。隣には等身大パネルも設置されていました。

ホワイトボード@大雄山'18.3.21

塚原いさみ等身大パネル&幟@大雄山'18.3.21

塚原いさみ誕生記念乗車券&クリアファイル
(3枚とも)大雄山線にも鉄道むすめが誕生heart04

 そして大雄山駅ではこの日、コデ165が駅構内で展示されておりましたが、これまでの黄色から茶色に塗装変更されました。イベントのチラシによれば昭和初期に国鉄で誕生した当初のカラーとのことで、これまでの黄色とはまた違った印象を受けますね。内部も公開されておりましたが、こちらは大きな変更はない様子。大雄山線のマスコット的な存在で、一度本線上を走る姿を拝んでみたいですね。

伊豆箱根鉄道コデ165@大雄山'18.3.21
茶色に塗装変更されたコデ165が展示

 しばらくホームで過ごした後、小田原行きの列車で大雄山を出発。この日は赤電も運行されており、せっかくなので途中下車して行き交う列車にご挨拶することにしました。特にあてはなかったものの、鉄道むすめの名前にも由来している塚原で下車することに。外は相変わらずの雨でしたが、新松田や大雄山にいた時分に比べるとやや小降りになった中、小田原寄りから赤電が近づいてまいりました。

伊豆箱根鉄道5000系@塚原'18.3.21
雨の中を走る”赤電”

 この後、大雄山から折り返してきた赤電に乗って小田原に到着。これで大雄山線からは撤収し、今度は箱根登山鉄道に乗り換えますが、続きは後ほど(続く)。

伊豆箱根鉄道5000系@小田原'18.3.21
赤電に乗って小田原へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.20

【3/18】千葉モノレール沿線を乗り歩くその2~ラッピングモノレールそしてスタンプラリー

 3月18日の続きですが、加曽利貝塚記念館を見学し再び桜木駅に到着。この日はここで来た道を折り返し、千葉みなと方面へ向かうことにします。しばらくホームで行き交うモノレールを見ながら過ごしていると、駅メモ!ラッピングモノレールが反対側のホームに到着。この日はまだ乗車していなかったことから、引き続きホームでのんびり過ごした後、千城台からの折り返しに乗り込みました。

千葉モノレール0形@桜木'18.3.18-2
駅メモ!ラッピングモノレールと再会

 その駅メモ!ラッピングモノレールに揺られ、千葉公園駅で下車。この日2度目の途中下車となりましたが、先程は撮影に失敗してしまったのでリベンジすることにしました。ここ千葉公園と言えばアニメ「俺の妹。」のラッピングモノレールが走っていた頃に訪ねており、都会的なモノレールと自然豊かな風景とのコラボが撮影できるところでもありますね。日中に比べると幾分雲が広がってきましたが、何とかリベンジと相成りました。

千葉モノレール0形@千葉公園'18.3.18-2
千葉公園でラッピングモノレール再び

 千葉公園駅に戻り千葉みなと行きを待っていたら、今度は駅メモ!のヘッドマークを付けたモノレールが到着。この日駅メモ!関連のモノレールは2本運用に入っていて、もう1本の1000形のヘッドマーク付きモノレールはお休みでした。そのヘッドマーク付きモノレールに揺られ終点の千葉みなと駅に到着。ラッピング車両の運行と併せて行われているスタンプラリーのスタンプを押すため、港に隣接したケーズハーバーへ行ってきました。

千葉モノレール0形@千葉みなと'18.3.18
駅メモ!のヘッドマーク付きモノレールに乗って千葉みなとに到着

 そのスタンプラリーですが、残りは亥鼻城の1ヶ所となったことから県庁前行きに乗って終点まで移動。歩いて城の敷地内にある「いのはな亭」というお休み処で無事スタンプを押してまいりました。城の中は郷土博物館になっておりますが、すでに時刻は16時をゆうに過ぎておりそろそろ帰り支度。来た道を戻って再び県庁前駅からそのままモノレールに乗り込みました。

亥鼻城'18.3.18
スタンプを押すため亥鼻城を訪問

 これでスタンプラリーの方は無事完集となり、千葉駅到着後に景品のクリアファイルを貰い帰ってまいりました。

スタンプラリー台紙&クリアファイル
スタンプラリーを完集し、無事景品をゲットwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.19

【3/18】千葉モノレール沿線を乗り歩くその1~「駅メモ!」ラッピングモノレールを追う

 ちょうど2か月前の3月18日は千葉モノレール沿線へ出かけておりました。昨年暮れに「駅メモ!」のラッピングモノレールに乗りに来た際、半日しか予定が取れなかったことからあまり見て回ることが出来ませんでしたが、今回はのんびり沿線を訪ねることにした次第。とは言え自宅を出たのが少し遅くなってしまい、千葉駅に到着した時には昼近くになってしまいました。まずはフリーきっぷを入手。駅メモ!のキャラクターが入っておりました。

1ホリデーフリーきっぷ'18.3.18
今回も駅メモ!のキャラクターが入ったフリーきっぷで沿線へ

 さっそくモノレールに乗って沿線に繰り出すことにしますが、お目当てのラッピングモノレールはこの日は千城台と千葉みなとを1日行ったり来たりの運用とのこと。しかも千城台から千葉みなとへ向けて運行中とのことだったことから、一駅乗って千葉公園駅で下車し、公園の池を手前にして狙ってみることにしましたが、シャッターを切るタイミングが幾分ズレてしまい失敗してしまいましたbearing。こちらは後ほど再チャレンジすることとします。

千葉モノレール0形@千葉公園'18.3.18-1
この日のラッピングモノレールは千葉みなとと千城台を行ったり来たり

 再びモノレールに乗り込み、今度は桜木で下車。千城台から折り返してきたラッピングモノレールを見送った後、歩いて加曽利貝塚記念館へやってきました、貝塚と言えば縄文時代の遺跡として保存しているところが身近なところでも見受けられますが、自分もこの地については昔から聞いており、おそらく保存されている貝塚の中では一番規模が大きいところではないかと思われます。

千葉モノレール0形@桜木'18.3.18

加曽利貝塚記念館'18.3.18

貝塚@加曽利貝塚記念館'18.3.18
(3枚とも)桜木駅で下車し、加曽利貝塚記念館を訪問

 今回はここで来た道を折り返し。この後、もう少し沿線をブラブラすることにします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.17

【3/17】ダイヤ改正初日は近場をブラブラ

 3月17日はJRのダイヤ改正初日。特段遠出する予定がなかったので地元でのんびり過ごしておりました。土曜日と言うことでまずは地元で配6794レをお迎えすることに。ダイヤ改正後も変わらない時間でやってきましたが、牽引機は“桃太郎”ことEF210でした。もしかして牽引機が変わったかとこの時は思いましたが、後日見た時は以前のEF65に戻っていたのでどうやらこの日だけだったようです。

EF210‐110@宮原'18.3.17
ダイヤ改正初日の配6794レは桃太郎が牽引

 この後、午後はちょっとだけお出かけ。大宮経由で東武アーバンパークラインに乗って春日部へやってきました。スカイツリーラインの様子を見てきましたが、特急車両から地下鉄乗り入れ車両までいろいろ目にすることが出来た中、日比谷線直通の車両はまだまだ古い車両が走っておりました。こちらも置き換えが進んでいるので、いずれは後継の車両の方が多くなっていくものと思いますが、今のうちに記録に残しておきたいところです。

東武20000系@春日部'18.3.17

東京メトロ03系@春日部'18.3.17
(2枚とも)日比谷線直通の2形式は健在

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【3/12】東京さくらトラム号を追う~都電