2018.06.18

大阪北部で震度6弱の地震

 朝方、突然の報が入ってびっくり致しましたが、時間が経過するにつれて被害の状況が入り、改めて大きな地震であったことが伺えます。

 鉄道関係では今も止まっているところがあるようですが、震源に近いところを通じる大阪モノレールの状況が心配なところです。

 この場を借りて被害に遭われた方に置かれましてはお見舞いを申し上げる次第であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.17

【4/7】シーサイドラインフェスタを訪ねる~本編

 4月7日の続き。並木中央駅に到着後、さっそく会場に向かおうとしたら順番待ちの列が伸びていました。例年雨になることが多かったこのイベントですが、この日はやや薄曇りだったもののまずまずの天候だったこともあり人出が多かったようですね。それでも列は流れていたのですぐに車両基地の建物の中に入ると、会場に通じる階段には今年も全国各地の鉄道むすめ達が出迎えてくれましたheart01

鉄道むすめパネル@シーサイドラインフェスタ会場'18.4.7
入口では今年も全国の鉄道むすめがお出迎えheart04

 ここ数年は鉄道むすめグッズの充実ぶりに目を見張るイベントとなりましたが、今年もまずはグッズ販売のブースへ。専用のコーナーが設けられた鉄道むすめのブースは長い列が出来ておりました。昨年は全国鉄道むすめ巡りのミニスタンプを山のように買い込みましたが、今年はよさげなものを適当にチョイス。それにしても全国の鉄道むすめが所属する事業者のグッズが勢揃いしていて、改めて充実ぶりに感心いたしました。

鉄道むすめコーナー幟@シーサイドラインフェスタ'18.4.7

金沢あるみイラスト@シーサイドラインフェスタ'18.4.7

シーサイドラインフェスタ戦利品
(3枚とも)今年も充実の鉄道むすめコーナーheart01

 そんなわけで、鉄道むすめグッズの充実ぶりばかりに目が行ってしまいがちで、それ以外のイベントはあまり目が行きませんでしたが、今年も1000形の先頭車が線路から離れて展示されておりました。シーサイドラインの開業時から使用されていた車両で、全車両が引退した後もこうして保存されているあたり、この車両を末永く保存していく様子が伺えますが、さすがに自走は難しいところでしょうか?

シーサイドライン1000形@シーサイドラインフェスタ'18.4.7
今年も展示された1000形

 その他、ステージではリアル柴口このみこと幸野ゆりあさんのイベントも行われ、こちらを拝見した後、会場を後にしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

【4/7】シーサイドラインフェスタを訪ねる~プロローグ

 4月7日の続きですが、尾久から上野東京ラインで一気に横浜までやってまいりました。すぐに根岸線の乗り場へ向かい、ホーム上の電光掲示板で次の大船行きの列車を確認。「8両」と表示されており、横浜線からやってくる列車であることがわかりますが、土曜日については朝の時間帯に大船まで直通する運用があり、根岸線内の桜木町より先の区間で横浜線の車両に乗車することが出来ました。

クハE233‐6005@新杉田'18.4.7
横浜線のE233系に揺られて新杉田に到着

 新杉田駅に到着するとさっそくシーサイドラインの乗り場へ。改札口付近は相変わらずシーサイドラインの鉄道むすめである柴口このみのイラストが多く見受けられましたが、当然ながらこの日開催のシーサイドラインフェスタの告知も積極的に行われておりました。その様子を横目に停車中の金沢八景行きに乗車。イベント会場最寄りの並木中央へと向かいます(続く)。

シーたん@新杉田'18.4.7
さっそくシーサイドライン沿線へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

【4/7】都電さくら号と出会う

 4月7日はシーサイドラインフェスタが開催されましたが、横浜へ向かう途中に尾久駅で下車。ちょうど都電さくら号が運転されているとのことで、歩いて荒川車庫前電停付近までやってきました。待つことしばし、王子寄りからレトロ車両の9002号が到着。つい数日前まで9001号を使用した東京さくらトラム記念号が運転されていましたが、レトロ車両を使用したヘッドマーク付きの電車は定番も含め、楽しみとなっています。

都電9000形@荒川車庫前'18.4.7
今年も桜のシーズンに合わせて運転された「都電さくら号」

 都電さくら号を見送り都電沿線からは離脱。この後尾久駅に戻り、一気に横浜へ向かいます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.14

【4/1】近場で桜巡り

 4月1日も桜を見に出かけてきましたが、この日は近場を中心に回ることに。まずは大落古利根川へ向かうべく東武アーバンパークラインに乗って藤の牛島駅に降り立ちました。ここは太陽の位置の関係から線路の南側から撮影された絵が多いようですが、個人的には反対側からの方が桜をバックに列車が行き交うので好みだったりします。やや盛りは過ぎた感があったものの、この日も朝から好天に恵まれて絶好の花見日和となりました。

東武60000系@藤の牛島'18.4.1
今年も見ることが出来ましたcherryblossom~大落古利根川

 この後、再び東武アーバンパークラインに乗って来た道を逆戻り。大宮公園駅に降り立ちました。今年も恒例の花見オフに参加。年1回ではありますが、久しぶりに会う仲間と花見を楽しんでまいりました。

桜@大宮公園'18.4.1
多くの人で賑わっていた大宮公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.13

【3/31】首都圏桜巡りその5~品川界隈に寄り道

京急800形@北品川'18.3.31

ニコンミュージアム@品川'18.3.31

 3月31日の続きもいよいよ大詰め。帰る前に品川界隈で寄り道してまいりました。桜巡りではありませんでしたが、京急の北品川駅で下車した後、八ツ山橋の踏切を越えてさらに進みインターシティに到着。ここにニコンミュージアムが入っておりますが、ちょうど鉄道写真家の広田尚敬氏の写真展が行われていたので拝見することにしました。鉄道写真の世界において長きに渡り活躍されている方の写真はどこか重みを感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.12

【3/31】首都圏桜巡りその4~目黒川に沿って

 3月31日の続き。五反田駅周辺で目黒川沿いの桜を見てまいりましたが、今年は川に沿って歩いてみることにしました。しばらく進むと巨大なタワーマンションが建ち並ぶ一角へとやってまいりましたが、周辺は多くの人が行き来しておりました。このあたり一帯のマンションもここ何年かで建てられたと思われますが、好天に恵まれたこともあって花見がてら外出していた人も多かったですね。

東急7700系@五反田'18.3.31-2
今年は目黒川に沿って歩いてみることにshoe

 この後、延々と目黒川に沿って歩きながら進んでいくと、ところどころ桜の木が植えられていて意外と見どころが多い様子。そんな様子を目にしながらさらに進むと横須賀線や東海道新幹線、そして東海道本線の線路の下を通り抜けていきましたが、このあたりは車窓でも普段目にしているところではあるものの、改めて外から見るとまた違った風景に見えますね。

E235系@大崎'18.3.31
桜を追ってのんびり散策cherryblossom

 さすがに1時間近くも歩き続けるとかなり疲れるところ。何とか歩いて京急の新馬場駅に辿り着くとそのまま京急に乗り込みました。この後品川で寄り道していくことにしましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.11

【3/31】首都圏桜巡りその3~目黒川と東急7700系

東急7700系@五反田'18.3.31

 3月31日の続きですが、都内2か所目は五反田駅近くの目黒川へ。すぐ近くを流れる目黒川の水面には散り落ちた桜の花びらが漂っていて、まるでピンク色のじゅうたんのようでした。そんな中、五反田駅の名物である巨大なトレッスル橋には東急の古豪7700系が到着。こちらについては先般車両の置き換えが発表されており、ここで桜とのツーショットを見るのも過去のものになってしまうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【3/31】首都圏桜巡りその2~外堀通り