« さよなら 川尻駅 | トップページ | 【今日のランチ】いつものイタメシや »

2004.02.29

球春到来(2/28ライオンズ戦評)

 いよいよ昨日からプロ野球もオープン戦がスタートしました。これまでのキャンプでの成果がどう現れるか、いろいろ楽しみですね。

 ライオンズも昨日オープン戦がスタートしました。今年最初の相手は広島カープです。

 西武 002100000 3
 広島 20000020× 4

 L:大沼、山崎、青木、真山●、岡本-細川、野田
 C:大竹、広池、林○、仁部、澤崎S-石原
 HR:GG佐藤

 う~む。負けはまあともかくとして・・・。大沼はしっかりせんとなぁ。負けは付かなかったけど、ローテ狙わないとそろそろ厳しいぜ。真山は期待してるけど、どうなんかなぁ。1軍に出てないのが不思議なくらいなんだけど、そろそろ1軍に出てきて欲しい選手です。

 それに比べれば打線の方は収穫はあった模様。何といってもGG佐藤ですねぇ。前日の巨人との練習試合でもホームランをかっ飛ばしたとのことですが、”和製カブレラ”なる愛称も頂いたようでオモロイ存在になりそうです。後藤がまだ戻ってきてないだけに、いきなりレギュラーもありか?

 あとは中島。こちらは3安打とのことで、着々と”ポスト松井”を狙っている様子。まあ松井だって最初のレギュラーだったシーズンはそれほどの成績じゃなかったんで、一軍で使い続けて実績を作って欲しいですね。

|

« さよなら 川尻駅 | トップページ | 【今日のランチ】いつものイタメシや »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/247258

この記事へのトラックバック一覧です: 球春到来(2/28ライオンズ戦評):

« さよなら 川尻駅 | トップページ | 【今日のランチ】いつものイタメシや »