« 【今日のランチ】吉野家のいくら鮭丼 | トップページ | 【今日のランチ】てんや »

2004.03.02

「さよなら営団パスネット」に思う

 昨日、仕事帰りに東京へ繰り出した。目的はこの日から発売される営団地下鉄のパスネットを買うためである。仕事場の最寄り駅である大宮から電車に乗り新宿駅へ向かった。ここで行きつけ(かな???)になっているC&Cで夕食を食べ、いよいよカードを購入しに丸の内線の乗り場へと足を向けた。

 事務所の側にたどり着いたとき、入口の扉のところに貼り紙が貼ってあるのが確認できた。そこには、今日発売のメトロカードは完売になったことを伝えるものだった。おいおい、今日発売にもかかわらずもう売り切れなのかい!とにかくこの場を離れて丸の内線の乗客となった。

 正直、もう買えないかなと諦めかけていたが、四谷三丁目に到着したとき、たまたま目の前にカード発売の旨を知らせるポスターがあった。大概カード販売のときにその駅で完売になったときは、完売した旨の貼り紙をポスターの上に貼ることが多いのだが、このポスターには貼り紙がない。「もしや!」と思い電車を降り事務所へと向かった。案の定カードはまだ在庫があったようで、無事に1枚手にすることが出来た。

 パスネットやJRのオレンジカードなどのプリペイドカードは、人気のあるデザインや何らかのイベントを記念したものだと発売してまもなくして売切れてしまうことが多い。ひどいときには発売当日で売切れてしまう場合もある。先月開業したみなとみらい線で発売した開業記念のカードは、開業初日でしかも早い時間に売り切れてしまったとのことである。いったいどれだけの人間が買っていったのかと疑問に思うことがいっぱいである。

 何でも大量に買い込んでいく輩がいて、オークションなどで転売するという。それ自体は犯罪行為でもなんでもないし取り締まることは出来ないのであるが、もう少しなんとかならないもんだろうか。例えば、人気のあるカードは特定の分野(開業や廃止などのイベントものやタレントや人気キャラなど)に集中することは明らかなので、ホームページなどで発売の広告を出す際に「一人1枚で」の断りを付けるのである。大型量販店でも特価商品が売り出されるときには、「一人一品で」というお願い事をしているがそれと同じことである。確かに転売目的の人間は、こうなったとしてもあちこち歩き回って買い漁るだろうが、多少なりとも多くの人に渡ることは出来そうである。

 そんな中、先月東武鉄道が発売した「ディック・ブルーナ展開催記念」のとーぶカードは早々と売切れてしまったものの、今月中旬に増刷とのこと(TETSUさんのブログ:赤い薔薇編集日記の「ウルトラセブン&ミッフィー」による)。人気のあるものであれば、増刷の対応もしてもいいんじゃないかというのが自分の感想である。

|

« 【今日のランチ】吉野家のいくら鮭丼 | トップページ | 【今日のランチ】てんや »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/255324

この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら営団パスネット」に思う:

« 【今日のランチ】吉野家のいくら鮭丼 | トップページ | 【今日のランチ】てんや »