« ライオンズ戦評(3/6) | トップページ | ライオンズ戦評(3/7) »

2004.03.07

砂嵐の茨城県

 今日は1日することがなかったので、久しぶりにドライブに行きました。特に行きたいところはなかったのですが、目指したのは茨城県方面。岩槻からだと御成街道で幸手へ出て、国道4号を突き抜けて江戸川と利根川の2本の川を渡ってようやくたどり着くというルートです。

 利根川を渡るとすぐのところにあるのが、「道の駅 さかい」。ちょうど昼時とあってここで昼食を食べました。食券を売る販売機を見ると「牛丼」の文字が見えました。昨今の牛丼騒動ですっかりお目にかかれなくなった牛丼ですが、久しぶりに味わいたくなったのか、「牛丼」のボタンを押してしまいました(^_^;)。5分ほど経って出てきた牛丼ですが、味は某チェーンとは違うものの、何か久しぶりに再会したような気持ちになりました。うどんとのセットで580円は満足でした。

 牛丼を堪能した後はしばらく売店をうろつきました。そんな中、面白いものを発見。「記念入場券」の文字があったので1枚購入しました。昔JRなどで厚いボール紙で出来た入場券(硬券)を売っていましたが、まさにそれと同じものが道の駅にもあったのです。道の駅入場券を扱ったサイトがネット上にもあるようですが、全部の道の駅にあるわけではないようで、購入する場合はこれらのサイトで確認して行ったほうがよさそうです。かく言う私もここにあることは、サイトで確認しました。

nyujyoken-sakai.jpg
道の駅 さかいの入場券

 道の駅を後にして、ひたすら茨城県の田園地帯をドライブしましたが、八千代町に温泉施設があるという話を聞いていたので、八千代町の方向へ車を走らせました。八千代町周辺は車で来るのは今回が初めて。この一体は鉄道路線から離れたところなので、私自身もあまり馴染みが薄いところだったりもします。何とかたどり着いた「八千代グリーンビレッジ」は温泉施設のほかに運動施設もある複合施設。今日の目的は温泉なので、まずは温泉のある方向へ向かいました。

 「憩遊館」と名づけられた建物の中に入ります。入浴料700円の券を自販機で購入し、受付で下駄箱の鍵を預けて浴場へ。お風呂は内風呂と露天がありますが、内風呂のほうはやや塩素臭があったのが気がかりでした。まあこれも人によりけりですし慣れなんですが、気になる人はちょっと閉口するかもしれませんね。露天の方は広くはありませんでしたが、まずまずといったところ。

 結局30分ほどの滞在でここを後にしましたが、周辺には運動場もあり週末にのんびり過ごす向きにはいいところではないでしょうか。埼玉県内にはあまりこういった複合施設は聞きませんねぇ。車を走らせて来てみようかな?

keiyuu.jpg
八千代グリーンビレッジ「憩遊館」

 それにしても今日は、茨城県内は風が強かったですね(^_^;)。行く先々で砂埃が立って降りまして、車で走ってても前が見えなくなるほどでした。埼玉県に入るとそれほどでもなかったんですけどね。

|

« ライオンズ戦評(3/6) | トップページ | ライオンズ戦評(3/7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/273302

この記事へのトラックバック一覧です: 砂嵐の茨城県:

« ライオンズ戦評(3/6) | トップページ | ライオンズ戦評(3/7) »