« 行田紀行 | トップページ | 画像を圧縮するソフト »

2004.04.17

サヨナラ逆転-西武

 今日の西武-ダイエ-戦。行田からの帰り道にラジオで聴いていたんですが、点けたときは7回の裏攻撃中でした。この時点でのスコアは6対6。ダイエーは星野がマウンド。確か今日は西武が石井、ダイエーが斉藤だったはず。去年の最多勝も今年はだいぶ苦しんでいる模様です。

 8回の表、左の星野(L)がマウンド。ところが、松中にデッドボール。続く城島も四球とかなり気負っている模様。次のバルデスは三振に切ったものの、ここで2年目の長田に交代。長田はズレータを三振、柴原をセンターライナーで討ち取り、ここはピンチを脱しました。

 しかし9回の表、先頭の本間に二塁打を打たれる。次の川崎はバントしたようだが、一塁へ送球された球をフェルナンデスがカットしてしまいオールセーフ。おいおい、こういうときにミスは困るぜ!。実はフェルナンデスの守備はかなり不安でして、去年東京ドームでハム-ロッテ戦を見に行った時、フェルナンデスのエラーから点が入ってしまったというのを見てしまったのでした。その時の不安が出てしまったなぁ(-_-;)。

 次のバッターは宮地。ご存知去年まで西武にいた選手。テストでダイエーに入りましたが、一軍のベンチにいるようで何よりですね。ただこの打席はあえなく内野フライ。まあ、ここで打たれても困るんだけど、今日のところは勘弁ということで・・・。

 続いては3番の井口。ワンアウト一塁三塁というかなりピンチの状況でこの選手を迎えるのは、正直怖いところ。しかし、今の井口はあまり調子がよくないようで、この打席は三振に。ダイエーが今ひとつ波に乗れないのが井口の不調なんでしょうね。でも2割台中盤の打率なんだよね(^_^;)。

 続いて4番の松中。今日は中継で四球と死球だけという結果だそうで、そうとうこの左バッターを西武投手陣が意識している模様。そりゃそうでしょう。ダイエーの中軸ですからね。おかげで次の城島が結果を残しているんですが。

 ところがここで再びミスが・・・。細川パスボール・・・(欝)。これで1点。なんだよ、この回で2つのミスが出てしまったなぁ。正直この試合はやられた。。。

 これを聴くと、すぐにカーラジオからCDへ変えてしまった次第でした。

 ところが自宅に戻り、ふとYahoo! Newsを見ていたら、「西武サヨナラ」の文字が躍っているではないか。選評を見れば、和田が同点打。そして貝塚がサヨナラのヒットを打ちゲームを決めたのでした。

 まあ勝ちには勝ったのでそれはそれですが、ミスをしたフェルナンデスと細川は、特に大事なところでのミスだったので、反省を促したいところであります。同じミスは絶対ダメです。

 4月17日

 ダイエー 000240001  7
 西武   033000002× 8

 ダイエー:斉藤、星野、三瀬、水田●-城島
 西武  :石井(貴)、青木、星野、長田○-細川

 HR:和田(L)7、城島(H)6

 参考:日刊スポーツ「西武サヨナラ!伊東監督「全員で戦った」

|

« 行田紀行 | トップページ | 画像を圧縮するソフト »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/454425

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラ逆転-西武:

» 西武8−7ダイエー [BASEBLOG]
123456789計 ダイエー 0002400017 西武 033000002x8 勝利投手長田1勝0敗0S 敗戦投手水田2勝1敗3S 本塁打2回裏 和田 ソロ 7号 5回表 城島 3ラン 6号... [続きを読む]

受信: 2004.04.17 23:46

« 行田紀行 | トップページ | 画像を圧縮するソフト »