« 【今日のランチ】タイレストラン | トップページ | 【今日のランチ】ココイチ »

2004.05.17

ブームになるか 鉄道旅行

 おそらく、今の状況を宮脇俊三氏が見ていたら、忙しい日々を過ごされたかもしれません。

 今日、書店で一冊の本を購入してきました。「にっぽん鉄道旅行の魅力」(平凡社新書)と題した本で、著者はヨーロッパの鉄道に関する本を数多く書いている野田隆氏です。氏の著書については、同じ平凡社新書で発刊されている「ヨーロッパ鉄道旅行の魅力」を読みましたが、肩を張らず気軽にヨーロッパの鉄道の旅を味わうことが出来る内容で、私も一気に読み通してしまいました。その続編とでも言うべき内容で、今度は舞台が日本の鉄道です。

 まだページを流し読みしただけなのですが、「SLやまぐち」号や「リゾートしらなみ」といったジョイフルトレインを利用した旅の紹介から、房総半島一周という首都圏から日帰りで楽しめる旅まで、バラエティに富んだ内容になっています。ただ限られた紙面ということもあって、紹介しきれないものもあるようで、それは致し方のないところでしょう。

 去年、講談社から「鉄道の旅」と題した週刊の分冊百科雑誌が発刊されました。各週ごとに路線を決め、見所や車窓の風景などを写真で紹介するなど、マニアならずとも鉄道の旅をしたくなるような内容になっています。また、最近はBSで鉄道の旅を扱った番組も放送されるなど、鉄道旅行がまたひそかな”ブーム”になりそうな予感です。

 自分的には、鉄道の旅は趣味にしているわけでして、これらのメディアについてはあまり目新しさを感じないのが正直なところですが、やはりクルマが幅を利かせる昨今の情勢から、再び鉄道の旅に回帰するような動きがあるんでしょうかね?「スローライフ」という言葉も出てくるようになりましたが、のんびりと鉄道に乗って旅することも今後は見直されるかもしれません。

 まあ、なにはともあれ、鉄道の旅が何らかの形で取り上げられることはいいことではないでしょうか?少しでも鉄道の魅力を感じる人が増えてくれればと思います。

|

« 【今日のランチ】タイレストラン | トップページ | 【今日のランチ】ココイチ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

鉄道の魅力が、ブームではなく浸透するといいな、と思う一人です。
ただ、規則(特に乗車券の扱い)が面倒くさい場合があるのが、もしかするとネックになるかも?
ほのぼのとした気分で、旅が楽しめたらいいな、と思います。

投稿: とし// | 2004.05.18 03:33

 こんばんは。いつもお世話になっております。

 鉄道の旅ではどうしても避けることが出来ないのはきっぷを買うという行為。こればかりは避けて通れないことなんですが、確かにきっぷを買うのが面倒という意見は聞きますね。券売機の前で右往左往する人の姿を見かけますが、こういった経験のある人はやはり鉄道よりもマイカーという方向へ流れてしまうことはありますね。

 きっぷの規則も複雑でわかりにくいところがありますね。私も時々迷うことがありますが、大型版の時刻表に掲載されているルールを見ても、今ひとつ理解しきれないことがあります。もっともきっぷに限らず、今話題の年金問題にしても、これを動かす側が理解しきれていないほど複雑な仕組みになっていること自体が問題なんですけどね。

 まあ、いずれにしても、18きっぷのような乗り降り自由なきっぷを使って、のんびりした旅をまたしたいですね。

投稿: mattoh | 2004.05.19 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/610496

この記事へのトラックバック一覧です: ブームになるか 鉄道旅行:

« 【今日のランチ】タイレストラン | トップページ | 【今日のランチ】ココイチ »