« 【今日のランチ】インドカレーのバイキング | トップページ | JR大宮工場イベント »

2004.05.28

近鉄よ、どこへ行く

 ペナントレース真っ盛りのプロ野球ですが、近鉄の売却問題という衝撃的なニュースが入ってきました。

 日刊スポーツ『近鉄の年間赤字40億円、球団売却も

 何でも、球団経営で40億円の赤字を計上したとのこと。近鉄本社の専務が、今後は聖域を設けずに再建を検討したい旨のコメントを出しましたが、球団の売却も示唆したコメントは今後球界に大きな影響を及ぼすことになりそうです。

 確かに全国ネットのTV中継が少なく、放映権料が期待できないパ・リーグはどこも経営がアップアップした状況ではないかと思います。それ故、主力選手がセ・リーグへFA移籍したり、アメリカへ渡るといった状況では、興行的な面では苦しい状況に置かれていることは否めないところですね。

 ただ、戦力面ではそれほど差が大きいとは思えないんですがね。日本シリーズも毎年セ・リーグが勝っているというわけではないですし(去年はダイエー日本一でしたからね)、大枚叩いて大物選手をかき集めた巨人もぶっちぎり首位というわけではないですし(それどころか4月中は最下位にいましたからねぇ(^_^;))、如実に「札束攻勢で大物選手をかき集めても勝てるわけではない」ということを巨人のオーナーはそろそろ気がつくべきなんですけどね。

 近鉄の売却問題も、なんだかすんなりといかないようでして、巨人のオーナーが売却にはいちゃもんを付けたという話も出てました(参考:スポーツ報知『◆巨人・渡辺オーナー「経営者は早く退陣を」』)。オーナーは売却させないと言いながらも、経営陣は退陣せよと言っている。でも、ちょっと待てよ。仮に経営陣がやる気がないということであれば、売却を進めるよう働きかけるべきなんじゃないかと思うんですけどね。再建を進めるのならば、各球団が再建資金を出し合うとか(これは実現性が低いですが)、放映権料の一部分配を認めるなどの対策を採るべきではないかと思うんですよね。オーナーの発言にはちょっと矛盾を感じてしまいます。

 最悪球団の消滅という危機もあるだけに、規約の改正も含めた打開策を取るべきではないか思います。一番割を食うのは現場にいる選手たちと彼らのプレーに注目しているファンなんですから、彼らの希望や生活を奪うことは絶対にやめてほしいところです。

 この問題、まだまだ自分でもうまくまとまらない気がしてならないですね。引き続き、この問題については注目していくことにして、またアップしようと思います。

 

|

« 【今日のランチ】インドカレーのバイキング | トップページ | JR大宮工場イベント »

野球」カテゴリの記事

コメント

パ・リーグは、TV中継はCSい全試合提供してますが、
CSってこともあり、放映権料は高くないだろうから大変でしょうね。

しかし、こ~ゆ~問題は"自分が偉いと勘違いしている"
どっかのおバカなオーナーが出てくるのではなく、機構サイドが
しっかりとカバー・対応しないとダメですね・・・
メジャーもかなりが赤字だし、野球界は赤字が多すぎる・・・
とにかく給料高すぎだし・・・

まずは、ナベツネをどうするかが第一の問題だ・・・(^^;
新しいコミッショナーには期待しているだけにがんばって欲しい・・・

投稿: KATSU | 2004.05.29 10:27

 こんばんは。コメント感謝です。

 パ・リーグの問題は今に始まったことではなく、「人気のセ、実力のパ」といわれていた時期から取り沙汰されていた問題でした。それが積もり積もって、球団を手放さなければならない事態にまで至るまで放っておいてしまったことが問題ではないかと思います。

 某球団の一オーナーがあそこまででしゃばるのも正直言って困りものですね。あたかも球団を消滅させんといわんばかりの発言は、ファンを思っての言動なのかと疑ってしまいます。もし球界あるいはファンのことを考えているのであれば、もう少し考えた言動をしていかないければならないのではないかと思いますね。

投稿: mattoh | 2004.05.30 23:03

 巨人は「球界の盟主」と自称しているのですが、自分に都合の良いことしかやっていないですね。「球界の盟主」と言いたいなら、自分のチームの利益よりも球界の利益を優先すべきでしょう。

 巨人は1チームだけで野球をやりたいのでしょうか? 相手チームがいなければ何もできないのですが。

投稿: たべちゃん | 2004.06.01 23:20

 こんばんは。コメント感謝です。

 確かに巨人軍が日本のプロ野球を創設時からリードしてきたという事実は疑いようがない事実ですが、それならば球界を盛り上げていくために全体を考えた役割をしていかなければならないですね。にもかかわらず、自球団の利益を優先した最近の動きは理解しがたいところがあります。

>  巨人は1チームだけで野球をやりたいのでしょうか? 相手チームがいなければ何もできないのですが。

 メジャーリーグでも、一時はFAを中心にしたヤンキースが、今ではFAの制度を利用しながらも自前で選手を育てていくというファームシステムを構築しています。FAでレギュラー選手を獲得しても、思うようなチーム成績を上げられず、効率が悪いことがわかってきたのでしょう。日本もそろそろFAの功罪を認識すべきときではないでしょうか。

投稿: mattoh | 2004.06.03 22:32

こんにちは
球界再編の波は確実のようですね。
会社名から近鉄をのぞいた株式会社大阪バファローズとし、売却を見込んだ再建策をいくつかあげてきましたがナベツネ氏の批判にあい頓挫です。

もっと球界全体が有益になるような改革を望みます。もちろん「ファンありき」のネ!

投稿: bu_aaron | 2004.06.14 16:41

 こんにちは。コメント感謝です。

 ここ数日のスポーツの話題は、近鉄とオリックスの合併問題一色ですが、利益優先、企業優先で進めた合併話としか考えられず、ファンはもとより、現場の選手やスタッフも無視という、半ば予想された形の流れになっている気がします。

 経営者側にすれば、チーム減少と1リーグ制移行によって、利益拡大となり、望ましい方向と言えるでしょうが、選手やスタッフの大幅削減や試合数の減少、更には1リーグ制に移行した際の試合進行や日本シリーズの戦い方、DH制の問題など、問題山積でスムーズに進むのかどうかが疑問です。そして何よりも、球団消滅によって近鉄ファンという市場が失われること。このことで球場へ足を運んで来た客を失えば、球界全体の損失ともいえるんじゃないかと感じます。

投稿: mattoh | 2004.06.15 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/671402

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄よ、どこへ行く:

» 近鉄合併について思うこと [熱いぞ!大阪近鉄バファローズ!]
昨日の発表からまだ間もないがネット上ではいろいろなところで悲痛の叫びと嘆きが聞こえてくる。「ファンあっての」球団経営、本当にそうなのだろうか?企業で言えば業... [続きを読む]

受信: 2004.06.14 16:31

« 【今日のランチ】インドカレーのバイキング | トップページ | JR大宮工場イベント »