« 小川町の地ビール | トップページ | 【書籍紹介】秩父の怪童が回顧録 »

2004.05.04

焼きまんじゅう@群馬県

 小川町へ行ったことを書きましたが、その前に高崎へ行っておりました。市内に群馬の森という市民の公園があるのですが、その中にある群馬県歴史博物館というところで、「ぐんまの鉄道」という企画展が開催されていると聞き、それを見学するためでした。

 見学後、高崎駅へ向かうバスを待とうとバス停までやってきましたが、目の前に一軒の飲食店が目に入りました。看板には「焼きまんじゅう」という文字が書かれておりました。焼きまんじゅうは群馬県ではポピュラーな食べ物で、直径10センチくらいのおまんじゅうを火で焼き、それに味噌だれを付けて櫛に指したものです。子供の頃、赤城山に家族旅行で毎年のように行っていたことがありましたが、その度にこの焼きまんじゅうを買って食べておりました。

 1本が150円程度。小腹が空いたときにはちょどいいおやつといったところでしょうか。味噌だれもなかなかおいしく、素朴な味わいですね。

yakimanjyu.jpg
焼きまんじゅう

|

« 小川町の地ビール | トップページ | 【書籍紹介】秩父の怪童が回顧録 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。このやきまんじゅうは久住昌之/谷口ジローの名作「孤独のグルメ」に描かれていますね。
アン入りとアンなしの2種類があるようです。
この変形版? が伊那の五平餅なんでしょうか?

投稿: SATO | 2004.05.07 00:14

 こんばんは。

> この変形版? が伊那の五平餅なんでしょうか?

 甘いタレが五平餅に似ていますね。同じものかどうかはわかりませんが、どちらも主食の代用品といった位置づけですね。

投稿: mattoh | 2004.05.08 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/535569

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きまんじゅう@群馬県:

« 小川町の地ビール | トップページ | 【書籍紹介】秩父の怪童が回顧録 »