« 飲み会の帰り | トップページ | ファンを軽視しているのか?~プロ野球 »

2004.06.26

郊外の小川で小物と戯れる(Vol.4)

 今日は天気が今ひとつとのことで、床屋へ行く以外は特に何もしない予定でしたが、午後から晴れ間が覗き始めたため、外へ出たくなってしまいました。よって、先週に引き続き、今日も釣りをしに行きました。場所はすっかりお馴染みになった郊外の小川です。

 現地へ行ってみると、先週に比べて水位がだいぶ下がっていました。この1週間、台風があったりしてその影響なのかなと思ったりもしましたが、おかげで場所を探すのにちょっと一苦労でした。先週釣った場所は水草が邪魔をしており、ちょっと竿を出せない状況。そこで、ちょっと離れたところにあった水草のない広々とした場所で竿を出しました。

 餌をつけて投げ入れると、すぐに魚のアタリが現れました。一投目でいきなりウキが消しこんだため、上げてみると5センチほどの小さなフナでした。これくらいの大きさだと”柿の種”と呼ぶようですが、一頃に比べるとだいぶ成長している様子でした。

 結局2時間足らずでフナ4匹、タモロコ1匹という釣果でした。大きい型は見ることが出来ませんでしたが、少しずつ成長しているようで、これからますます楽しみですね。

# 今日はデジカメを持参しなかったため、画像はありませんm(__)m

|

« 飲み会の帰り | トップページ | ファンを軽視しているのか?~プロ野球 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

釣った魚はどうされているのですか?

投稿: keio | 2004.06.26 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/846338

この記事へのトラックバック一覧です: 郊外の小川で小物と戯れる(Vol.4):

« 飲み会の帰り | トップページ | ファンを軽視しているのか?~プロ野球 »