« ファンを軽視しているのか?~プロ野球 | トップページ | 証明写真 »

2004.06.26

フォーラム(ニフティ)のこと

 私事ですが、生まれてパソコンを始めて買ったのは95年の6月。この年に就職をして初めてのボーナスで買ったのが、IBM製の「aptiva」というデスクトップでした。当時はまだインターネットは一般に普及する前でしたが、この中にニフティサーブの入会案内のパンフが入っておりました。「ニフティサーブ」というとパソコン通信の会社というイメージしか湧かなかった当時でしたが、さまざまな分野の情報交換が出来ることやメールアドレスが貰えるということもあって、パソコンを買ってからしばらくして入会しました。

 それ以降、ニフティにはお世話になり続けておりますが、特に情報交換の場としてフォーラムには大変お世話になりました。最初の頃は書かれている記事を見ているだけだったんですが、次第に自分で記事をアップしたくなってきました。ただ、最初はなかなかアップしようという勇気がなく、まごまごしていた自分を覚えていたりもします。おそらく、コメントが付かなかったらどうしようとか、アップしたことでトラブルになったらどうしようといった不安が頭の中にあったんでしょうね。

 その後、オフ会に参加したりして、次第にフォーラム内に友人・知人が出来る様になりました。遠く北海道から九州までオフに参加したこともありましたが、おかげでその土地の食べ物を味わうことも出来、なかなか楽しい思い出になりましたね。

 そんなフォーラムですが、ここ数年はパワーも落ちてしまい元気がなくなった気がします。やはりインターネットの普及が一番なんでしょうね。同じような情報交換の場がニフティ以外にも出来たことが上げられますが、どちらかといえば閉鎖的なイメージを感じさせるパソ通は、やや時代遅れのツールという印象が強くなっているのも事実でしょうね。最近フォーラムのオフ会に参加すると平均年齢が高くなっていることに気が付きますし、20代くらいの人がほとんど見かけない状況なんですよね。今の若い世代はパソ通よりもインターネット。それと不特定多数との交流よりは、少人数でも親密に付き合える人(恋人)を求める流れがあるんじゃないかと思ったりもするんですよ。まあ、それがイカンというわけじゃないですし、それはそれで一つの流れとしてやむをえないところなんですけどね。

 風さんのココログに「フォーラムの終焉」という記事がありますが、フォーラムと対峙する立場にあるのがblogなんでしょうね。自分の意見を自由に述べる場がblogだとすれば、フォーラムは意見は書けるけれども、ある程度は周りの空気を読まないといけないところがある。何を書いてもいいというわけじゃないけど、ある程度は自分の気持ちを素直に書きたい、そんな場としてblogが急成長を遂げている原因にもなっているんじゃないかと考えた次第です。

 話は変わりますが、昔は各フォーラムで年1回程度大きなイベントがあって、たくさんの会員と会うことが出来たわけですが、今はオフを企画するフィクサー的な存在が少なくなってしまい、こういったオフ会がやりにくくなっている状況ですね。まあこれも、昔は一人身で身軽に動けたところが、世帯を持ち仕事も責任ある立場に就いたりすれば、当然昔のようには行かなくなる。若い世代に引き継げればいいんでしょうが、体育会系の部活よろしく無理にやらせるというわけにもいかないですし、こればかりは難しいでしょうね。もっとも、無理やり企画してまでやることはないですけどね。

|

« ファンを軽視しているのか?~プロ野球 | トップページ | 証明写真 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

長文御免>ALL m(_ _)m
私がパソコン通信を始めたきっかけは、通販で買った電子手帳。今思えば、電話代はかかるわ、当時の従量制の通信料で一万円/月を下ることは無かったのですから、隔世の感はあります。
程なくパソコンに移行。通信料も定額で安くなり、mattohさんと同じミニパソコン「mobio」でモバイルなど楽しんでいた頃が「最盛期」だった気がします。
フォーラム・PATIO・blogと、時代に翻弄されながら(^^;コミュニケーションの場を模索してきました。いろいろあって、フォーラム・PATIOとはおさらばし、コミュニティは当初から肌に合わず、現在はblogに潜伏しているといった状況です。
そんな中、お世話になった方々には、今でも親しみを感じ、トラックバックを送ったりしています。もちろん、mattohさんにはお世話になりっ放しなので(^^;何度も拙文をトラックバックさせていただいている次第。
フォーラム(コミュニティも)は、主宰者の意向に左右される傾向があり「もっと参加者の意向を汲めばいいのにな」と思いつつ、Web化(と有料化)を境(けじめ)に足が遠のいた訳ですが、私のコミュニケーションの基礎にあり、今でも数多くおられる仲間達と、知り合うきっかけになったフォーラムは「まだ過去の物では無い」と、ちょっと回顧録的に思うところではあります。

投稿: とし// | 2004.06.27 07:33

 こんばんは。

 私が入会した時分はちょうどフォーラムが全盛の時代でした。それを思うと、一番いい時期にフォーラムライフを体験できたんじゃないかと思います。これがもう少し後でしたら、おそらくあれだけフォーラムにはお世話にならなかったでしょうね。

 定期的にオフ会も行われていた頃が懐かしいですが、その分、財布の中身も寂しかったのもこの頃でしたね(笑)。特に忘年会の季節は毎週オフ会なんてこともありましたし、日程を都合するのも苦労したりしました。

> そんな中、お世話になった方々には、今でも親しみを感じ、トラックバックを送ったりしています。もちろん、mattohさんにはお世話になりっ放しなので(^^;何度も拙文をトラックバックさせていただいている次第。

 こちらこそ、とし//さんにはフォーラム時代には大変お世話になりました。形は変わりましたが、これからも引き続きごひいきのほどよろしくお願いします。

投稿: mattoh | 2004.06.28 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/847976

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム(ニフティ)のこと:

» フォーラムとblog [綿柿]
FMIDIの影響か、フォーラムについての感想が増えているみたいだ。私が感じたこと [続きを読む]

受信: 2004.06.27 01:36

« ファンを軽視しているのか?~プロ野球 | トップページ | 証明写真 »