« 天王様@久喜市(18日) | トップページ | 【今日のランチ】沖縄そばを食す »

2004.07.19

海原を目の前に釣糸を垂れる(久里浜港)

 連休の最終日、ようやく海釣りに行くことが出来ました。7時過ぎに目が覚めたときは、ちょっぴり薄曇だったので、天気が心配だったんですが、予報を見ても大きく崩れることはなさそうだったので、ようやく決行となりました。

 目指す方向は三浦半島。この方向は車で行ったことがなく、正直心配でありました。電車では何度か足を踏み入れたことはあるんですが、如何せん車で行く時とは目線が違うということもあり、未体験ゾーンへ入り込む不安と、今まで経験したことのない体験ができるというワクワク度が入り混じったドライブとなりました。

 それにしても、今日は首都高、ベイブリッジともだいぶ空いてましたね。渋滞は多少覚悟の上だったんですが、行きは全く渋滞がなく、自宅から2時間ほどで久里浜へたどり着きました。横浜横須賀道路の佐原I.Cで降りてすぐのところに釣具店を発見。ここで釣り餌と状況を確認しました。店員さん曰く、「投げだとキスとかメゴチかな。サビキだとアジやイワシだけど、朝夕の方がいいよ」とのこと。とりあえず、投げ用のジャリメとサビキ用のコマセを買っておきました。

 ここから車で10分ほど。京急久里浜駅の脇を越えて、東京湾フェリーの乗り場に近い岸壁で糸を垂れることになりました。さきほどの釣具店の店員さんも、「昨日あたりはだいぶ混んでたんでねぇ。今日の方が空いてていいよ」とのこと。確かに岸壁には何組か釣糸を垂れている姿を見かけますが、それでも全く出せないほどの混みようではなく、無事に釣り座を確保できました。

 投げの仕掛けをセットして、いざ投入。しばらくやってても全くアタリがなし。時々細かいアタリらしきものが竿の先を揺らしているんですが、ハリに掛かったようなものではなく全く無視。ちなみに隣にいたお父さんと息子の家族は、20センチほどのシタビラメをゲットしておりました。あれだけ大きいシタビラメだったら、さぞかし今晩のおかずは困らないでしょう。

 一方こちらは1時間ほどやって全く獲物なし(笑)。そんなとき、どうせ釣れてないだろうと思い、餌の交換をすべくリールを巻いていたら、針の先に何やら掛かっているモノが。よく見ると、5センチほどの小さなハゼが掛かっておりました。ただ、夏場に江戸前で釣れるハゼとは違い、体に青い斑点があり、マハゼとは別種の模様。ハゼも何種類かいることは知ってますが、これは名前が思い出せません。

haze040719kurihama.jpg
名前知らずのハゼ

 結局正午過ぎまでやって、上の絵のようなハゼが2匹という有様。まあ、隣の親子連れにはその後、ハオコゼというありがたくない獲物が掛かってしまいましたので、これを考えればまだましかな?

 その後、昼飯を食べるため、わざわざ三浦海岸方面までドライブしてしまいました(笑)。というのも、途中、めぼしいところが全く見つからず、ようやく海岸沿いのケンタを見つけたというものでした。目の前の海水浴場にはたくさんの人が水着姿で泳いでおりました。そういえばもう海水浴シーズンなんだなぁ。

 昼食後、三浦半島を横切り、西側の海岸沿いをドライブ。めぼしい釣り場を探すも、今ひとつ触手が伸びず、あれこれしているうちに2時を過ぎてしまいました。やはり葉山の周辺は海水浴やマリンレジャーの客で賑わっており、返って釣り客はあまり見かけませんでした。やはり久里浜の先、城ヶ島や三浦周辺はこの時期は釣りよりも海水浴ということになるんでしょうね。

 で、再び久里浜港へ逆戻り。再びここで釣糸を落とすことにしました。

 それにしても、相変わらず全くアタリがなし。わずかに先ほどの小さいハゼが1匹掛かっただけという惨状でした(涙)。で、仕方なく、せっかくコマセを買ってあることもあり、あまり期待は出来ないもののサビキをすることに。これから夕方になれば群れも回遊するんじゃないかという期待も込めて投入しました。

 しかし、4時を過ぎても全く釣れる様子なし。「今日はボウズかなぁ?」と諦めかけていた時、突然サビキの竿が大きく揺れ始めました。危うく海に投げ出されそうになったので、慌てて竿を掴みリールを巻き上げました。どうやらそこそこ大きな獲物の様子。一瞬ボラかと思いましたが、それほど横へ走る様子もなく何とか巻き上げました。

 上がってきたのは20センチほどのメバル。去年の秋に東京湾で一度釣ったことがありますが、今度のはちょっと大き目の獲物でした。これだったら料理するにもちょうどいい大きさですね。

mebaru040719kurihama.jpg
メバル

 結局、帰りが心配だったので、6時でおしまい。全く釣れないかと思っていたところに、思いがけなく獲物が掛かり、まずまずの1日でした。でも、今度こそはアジやイワシの姿を見たいですね。

kurihamakou0719.jpg
久里浜港

 

|

« 天王様@久喜市(18日) | トップページ | 【今日のランチ】沖縄そばを食す »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/1006510

この記事へのトラックバック一覧です: 海原を目の前に釣糸を垂れる(久里浜港):

« 天王様@久喜市(18日) | トップページ | 【今日のランチ】沖縄そばを食す »