« 【今日のランチ】再びタイ料理 | トップページ | 【今日のランチ】ビジネスマンのオアシス »

2004.07.27

【今日のランチ】海南鶏飯

 シンガポールへ行くと、街中の食堂で味わうことが出来るのが海南鶏飯。シンガポールでは比較的ポピュラーな食べ物のようですが、過去2階訪れたことがあるにもかかわらず一度も味わっておりませんでした。

 そんな海南鶏飯ですが、日本で食べることが出来るお店が麻布にあります。「海南鶏飯食堂」がそれで、たまたまネットで検索をしたらこのお店が出てまいりました。それ以来ずっと気になっていたお店ですが、ようやく今日訪れることが出来ました。

 東京メトロ南北線の麻布十番駅から地上に出て、六本木ヒルズ方向へ歩き出します。麻布十番商店街を通り抜けること10分ほどでお店に到着です。

 お店はオープンテラスもあるなかなかおしゃれな店構え。正午前だったせいもあってまだ店内にはお客さんはまばらでした。店員さんの親切な案内で席に着くと、海南鶏飯の他に特製のカレーがあるとのこと。今日は初めてということでまずは海南鶏飯を注文。中と大があるとのことですが、大のほうは鶏肉の量が多いとのことでした。そこで、思い切って大を注文(1250円)。しかもライスはお代わり自由とのことでした。

 料理が出来るのを待っているうちに、店内には続々とお客さんが入ってきて、あっという間に店内はほぼ満席状態に。近くにオフィスがあるビジネスマンがほとんどですが、スーツ姿というよりは比較的ラフないでたちで、ベンチャー企業に勤めているといった風情の人が目に付きました。若者には人気のある麻布周辺らしい印象でした。

 いよいよ期待の海南鶏飯が運ばれてきました。

hainanchickin.jpg

 ライスの量は茶碗1杯分。甘めの醤油とチリソース、生姜の3種類のタレをお好みでチキンに掛け、ライスを混ぜながら食べるんだそうで、その通りに食べてみました。チキンが柔らかくて食べやすかったですね。タレはお好みでしたが、3種類とも試してしまいました。お代わり自由とのことだったので、お言葉に甘えてもう一杯。十分腹一杯になってしまいました。

 あれだったら自宅でも楽しめそうですが、テーブル上のランチョンマットには海南鶏飯の作り方も出ており、挑戦するのもいいかも???赤道に近いシンガポールの料理とあって、今日の暑い気候にはぴったりの味でした。

 実は、最近すっかり”時の人”となった、ライブドアの堀江社長もここのチキンライスをご贔屓にされているようです。社長自らが書かれているblogにもここの店について書かれております(参考)。

|

« 【今日のランチ】再びタイ料理 | トップページ | 【今日のランチ】ビジネスマンのオアシス »

ランチ」カテゴリの記事

コメント

先週の昼、シンガポール大使館で働いている友達(シンガポール人)と一緒に海南鶏飯食堂へ行ってきました。彼女は母親がシンガポールでチキンライスの商売がやっています。私は、長年シンガポールに滞在しため、二人はチキンライスの味に関してかなり厳しい人間であります。 ランチで900円、なかなか安いですね。。。 鶏肉はもも肉ではなくパサパサ あまり好きではありません。味はいまいち!チーリもOUT!はぁ。。。やはり日本では本物のチキンライスを食べられませんね。

投稿: 美味しくないよ! | 2005.07.26 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/1065995

この記事へのトラックバック一覧です: 【今日のランチ】海南鶏飯:

« 【今日のランチ】再びタイ料理 | トップページ | 【今日のランチ】ビジネスマンのオアシス »