« サラリーマン、現代に生きる! | トップページ | 【今日のランチ】本場カレー »

2004.08.29

博物館のハシゴ

 今日は1日中、雨が降ってました(;_:)。週末に雨が降られるのはちょっとイヤですねぇ。アウトドア系はまずダメになってしまうし、どうしても行動に制限がかかってしまう。昨日も雨が降るという予報でしたので、やむなく近所への買い物ということになってしまいました。

 そんな日曜日の今日。都内へ出て美術館を見てきました。場所は東京駅。「東京ステーションギャラリー」で開催されている企画展「真鍋博展」を見学してきました。イラストレーターとして、1960年代から活躍された同氏は、4年前に亡くなるまでに、イベントのポスターや書籍の表紙などに数々のイラストを描かれました。SFチックなものから近未来を描いたもの。またメルヘンなモノまで幅広い作風が感じられました。

 そういえば、この方の作品はどこかで見た記憶がありました。講談社が発行している「ブルーバックス」という科学関連の新書の表紙絵に彼が描いた絵が掲載されているのを見たことがありました。会場ではブルーバックスに載った作品が展示されていましたが、昔見た表紙絵を思い出しました。

 八重洲の地下街で昼食を食べた後は、新橋へ移動。目指すは旧新橋停車場です。かつて新橋駅があったところに駅舎を復元し、去年の4月から一般に公開するようになりました。今月から11月末まで、「貨物ターミナル 汐留」と題した企画展が開催中で、これが目当てでした。

 ここは今日で3回目。1階にはレストランがあり、なかなかおしゃれ。一度はここで食事でもしたいですなぁ(^^)。あいにく今日は食事を済ませてしまったので、横目で見ながら展示室に入りました。

 汐留駅の歴史や日本の貨物輸送のあらましなどが展示されていました。何分、他の鉄道関連に比べると地味な印象がある貨物ですが、物流を支える交通手段としては、車に比べれば環境にもやさしい鉄道なだけに、改めて鉄道輸送の重要性を認識した次第です。それにしても、昭和30年代に活躍したフレートライナー「たから号」のヘッドマークは初めて見ましたね。写真でしか見たことがありませんが、車掌車の後方にヘッドマークを誇らしげにつけていた姿はぜひとも一度は拝みたかったところです。

 その後は特に何も用事がなく、総武快速線で船橋へ。ここから野田線で延々と帰りました。5000系に出会えるかと思いましたが、結局当たらずでした。残念。

|

« サラリーマン、現代に生きる! | トップページ | 【今日のランチ】本場カレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前から気になっているのですが、なかなか訪問できないでいる博物館が、メトロ三越前駅近くの「貨幣博物館」( http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/index.htm )。9月から企画展もあるようなので、それに合わせて行ってみたいと思ってます。
日本銀行の直営(^^;の様ですから、きっと貴重な展示物もあるのではないかと思います。企画展が楽しみです。

投稿: とし// | 2004.08.29 21:30

 こんばんは。

> 館が、メトロ三越前駅近くの「貨幣博物館」

 日常の生活に必要なお金に関する博物館、なかなか面白そうですね。ここの存在は知ってはいましたが、なかなか訪問できません。機会があれば行ってみたいところです。

 生活必需品、例えばガスや電気、郵便などを扱った博物館は都内にいろいろありますね。鉄道などの交通機関もこの中に入りますが、こうした生活に重要な資源を扱った博物館に行くことで、改めてそのものの大切さを認識したいところです。

投稿: mattoh | 2004.08.30 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/1307102

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館のハシゴ:

« サラリーマン、現代に生きる! | トップページ | 【今日のランチ】本場カレー »