« 郊外の小川で小物と戯れる(Vol.6) | トップページ | パリーグはあくまでライブドアを排除するようだ »

2004.09.12

チャリに乗って(漫画会館)

 今日は特に予定はなし。午前中は自室で昔撮った写真をスキャナで取り込んでおりましたが、せっかくの好天で出かけたい気分になってしまいました。そこで、久しぶりに自転車で出かけることにしました。一頃に比べると気温もだいぶ収まってきましたし、自転車で走るにはまずまずの気候でしたね。

 目指したのは東武野田線の大宮公園駅近くにあるさいたま市立漫画会館。只今、「スポーツ漫画展」という企画展を開催中とのことで、前から気になっておりました。

 途中、大和田町の第二産業道路沿いで火の見やぐらを見つけました。この界隈はよく通るところではあるんですが、このような昔懐かしいものがあるとは気がつきませんでしたね。

hinomiyagura_owada.jpg
大和田町にある火の見やぐら

 芝川の見沼田んぼを通り抜け、目指す漫画会館へ。ここは入館料が無料なのがうれしい(^^)。2階に企画展のフロアがありました。子供の頃に見てた「あしたのジョー」や「巨人の星」といったお馴染みの漫画から最近の作品まで(あまりわかりませんが・・・)、名場面の様子が展示されていました。お客さんはそれほど多くはありませんでしたが、家族連れや30代くらいの男性といった若い世代が目立ちましたね。これらの作品に馴染んだ世代ですので、昔を懐かしんで見るといった雰囲気でした。

 帰りは野田線の北側を通り帰りました。途中、大和田の近辺で彼岸花が咲き誇っているところを発見。日高の巾着田にある彼岸花も今日辺りが盛りとのことですが(こちら参考)、こちらも絶好調でした。

higanbana_owada.jpg
今が見ごろ 彼岸花

 決して長い距離ではありませんでしたが、久しぶりにいい運動が出来た気がしました。たまには自転車に乗りたいですね。

|

« 郊外の小川で小物と戯れる(Vol.6) | トップページ | パリーグはあくまでライブドアを排除するようだ »

さいたま市」カテゴリの記事

コメント

本日やっと行くことができました。展示物はあっさりとしていてちょっと残念でしたね。土曜日ですがお客さんは少なめです。
しかし2階展示室で前から読みたかった「赤き血のイレブン」の漫画本を一気に読むことができたのは大収穫です。あの漫画子供の頃に見て衝撃的に覚えているからです。
サッカーの興味はその後全くと言ってよいほど起きなかったものですからJリーグがはじまった当初「センターフォワードは誰だ? ウイングは誰だ」といって知識人から大爆笑されたということがあったからです(さしずめセンターフォワードはトップ、ウイングはボランチとでもいうのでしょうかねぇ)
描写にはその部分がしっかりと残っており、子供心に刷り込まれたのだなと再確認してきました。

投稿: SATO | 2004.10.23 19:48

こんばんは。コメント感謝です>SATOさん。

> 本日やっと行くことができました。展示物はあっさりとしていてちょっと残念でしたね。土曜日ですがお客さんは少なめです。

 如何せん、スポーツ全般に広がってしまったため、どうしても大雑把になってしまいがちですね。もう少しテーマを絞って展示すれば、もっと突っ込んだ内容の展示になっていたかもしれません。

 私の場合、漫画よりはアニメの方で馴染みがある作品ばかりでしたが、「タッチ」など比較的新しい作品もあったのは意外でした。学生の頃、「少年サンデー」を買ってはよく読んでいましたが、どうしても浅倉南に注目してしまいましたね(笑)。当時は目の行ってしまうヒロインでした。 

投稿: mattohq | 2004.10.25 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/1418907

この記事へのトラックバック一覧です: チャリに乗って(漫画会館):

» さいたま漫画会館・スポーツ漫画展 [PRIDE OF SAITAMA Blog]
 さいたま市北区の漫画会館で、彩の国まごころ国体の「スポーツ芸術」の1つとして、「スポーツ漫画展」が11/23まで行われている。  漫画会館は、さいたま市... [続きを読む]

受信: 2004.09.19 18:21

« 郊外の小川で小物と戯れる(Vol.6) | トップページ | パリーグはあくまでライブドアを排除するようだ »