« 西武ライオンズ 12年ぶりの日本一 | トップページ | 鷲宮のコスモス »

2004.10.25

草加せんべいを焼く

 昨日のことを書かなければ・・・(笑)。

 昨日も書きましたが、@niftyのサービスであるフォーラムの中の埼玉フォーラムで主催された、草加せんべいの手焼き体験のオフ会に参加してまいりました。生まれが埼玉なので草加せんべいは子供の頃から馴染みのあるお菓子でありますが、実際に焼いている様子を見たことはありませんでした。しかも自分でその手焼きを体験できるということもあり、決して器用ではないものの興味本位で参加してしまいました。

 最寄り駅である東武伊勢崎線松原団地駅で集合。歩いて10分ほどのところにある市の施設・伝統産業展示室へ向かいます。ここで手焼きの体験をすることが出来ます。

soukacity_traditionalcenter.jpg
伝統産業展示室

 まずは、係りの方から実演を兼ねて教えてもらいます。やはりさすが手馴れた手つきでせんべいを焼き上げて行きました。ただ見るのと自分でやるのとではやはり勝手は違うもの。最初は参加された方のやっている様子をじっくり観てから挑戦することにしました。

 丸いせんべいの生地を金網の上に乗せると、5秒ほどで裏返してはひっくり返すという作業を続けました。次第に生地が膨らんでくると、素焼きのような重しで生地を伸ばします。それも何度かひっくり返しながら、膨らむのが収まるまで続きました。

 ある程度落ち着いた後は、何度も繰り返し裏返ししたりしながら、こんがりと焼けるまで続けました。最後はしょうゆを表面に塗って完成です。

 焼き立てをさっそくいただきましたが、やはり普段食べるのとは違いますね。やはりこうした体験コーナーでないと焼きたてはなかなか味わえないでしょうね。

senbei_taiken.jpg
手焼き体験中

|

« 西武ライオンズ 12年ぶりの日本一 | トップページ | 鷲宮のコスモス »

埼玉県(さいたま市除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/1773452

この記事へのトラックバック一覧です: 草加せんべいを焼く:

« 西武ライオンズ 12年ぶりの日本一 | トップページ | 鷲宮のコスモス »