« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

1年間ありがとうございました

 こんにちは。今日で2004年も終わりですが、いかがお過ごしでしょうか?

 昨日までの2日間、18きっぷを使い信州と遠州の旅をしてきまして、夕べ無事に帰宅いたしました。

 今年は11月に交通事故に遭いまして、これがややケチが付いた形ではありますが、大きな出会いもありましたし、総合すれば充実した1年になりました。来年は早々にやや慌しい日々が来そうではありますが、やることも多く、比較的早く時が過ぎる感じがしそうです。

 おそらく今年最後の記事になろうかと思います(わからないけど)。皆様、よいお年を。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.30

東海道線内

 ただ今、小田原に着きました。これから平塚で湘南新宿ラインで帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

飯田に来てます

 以前記事にした常備券の18きっぷを使って、長野県に来ています。日中は、松本郊外の浅間美ヶ原の温泉にはいりました。

 明日は、バスで浜松まで抜ける予定です。天気がいいといいんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドン・キホーテばかり燃やされている

 ドン・キホーテでの火災が留まるところを知りません。さいたま市で死者が出るほどの惨劇が起きたにも関らず、大阪や東京の店舗が火災に遭いましたが、一つの企業を狙い撃ちしたような火災で、一種の愉快犯を越えた何か不気味な様相を呈してきました。

 以前、ドンキについて記事にしましたが、この一連の火災が起きた後も私的にはここの店舗を利用する気がないことは別段変わるところはありません。何分近所にないですし、それほど目をひん剥くほど安いというわけでもなさそうですし。

 ところで、ドンキの一連の事件を受けてネット上で検索してみました。やはり感心が高いのか、blogでもあちこちで書かれております。その内容を見ると、ドンキに対して噂されていた住民への対応や消防法違反に絡めてドンキに対して批判的な内容と、あくまで放火された被害者ということによる同情的な内容で二極化の意見が出来ております。どちらも「なるほどな」と感心させられる意見ばかりですが、同時にどちらも正論ではないかと感じます。

 そのドンキ関連の記事をあちこち検索しているうちに、独立行政法人 経済産業研究所のサイトに当りました。ここには、ドンキの成功の道筋を分析した記事があるのですが、「常識」にとらわれない「反則技の集大成」と分析しております。「深夜営業」「買い場の楽しさ」、そして「権限委譲」という3つの柱がドンキをここまで成長させていったと出ております。確かにそれまでコンビニくらいしか深夜営業をしてなかったところへ、コンビニよりも安く品物を手に入れることが出来るドンキが登場すれば、そちらへ流れることは自然の流れでしょう。それとコンビニが生活に必要な最低限のものしかおいてないのに対し、ドンキの場合は電化製品やブランド品といったものまで、ありとあらゆる製品を店内においているところが、買い物を楽しむ客にとっては魅力になるところでしょう。

 2番目の買い場の楽しさですが、こちらはあの火災の原因と言われている圧縮陳列による店内構造に表れています。ただ単に買い物をして帰るというところではなく、店内で探しながら欲しい品物を見つけると言う、いわば宝探しの楽しさを体験させてくれるところということですが、このサイトでは、時間消費型の流通業として説明されています。しかしこのスタイルは決してドンキの専売特許というわけではないようでして、かつての日本のあちこちで見ることが出来た町の商店街が、あらゆる種類の店舗が軒を並べてお客を待っていたところと通じるものがあるとしています。

 3番目の権限委譲ですが、仕入れや在庫管理から販売まで全てをその店舗に任せると言うものですが、他のチェーン店ではこういった権限委譲はまずありえないスタイルだそうで、いわば、個人商店が店内に軒を連ねているという見方もできるようです。

 こうしてみると、ドンキが目指す方向というのは、まさにそれまでの規制に対する”挑戦”であり、まさに小説に出てくるドン・キホーテそのものがこのビジネスと言う世界の中で”大きな規制”という見えない巨大な敵と戦っているというイメージが湧いてきます。

 社長の安田隆夫氏は慶応大学を卒業後、不動産会社に就職するものの、折からのオイルショックで会社が倒産。しばらくは、今で言う”フリーター”をしながら、「泥棒市場」というドンキの元になる店を開き、今のドン・キホーテを築き上げるわけですが、教師を親に持った彼にとっては、それまでの既得権益や規制というものはまさに耐えられない”異物”と感じたのではないでしょうか?それは、例のクスリの24時間販売の一件にも表れておりますが、このときは厚生労働省とケンカをしたあげくに、今度はタダで配布すると言う行動に出ました。この時は最終的には厚生労働省に軍門に下った形にはなりましたが、市販のクスリを24時間販売するというこれまでにない方針を打ち出したドンキには、多くの消費者が賛同したことも事実であります。

 これを見れば、安田社長が必ずしも悪であるという考え方は当てはまらないのではないかと考えます。私もドンキのこれまでの会社のやり方にはあまりいい印象はもってはおりませんでしたが、安田社長の理念自体については、いろいろと勉強させられるところもありますし、賛同できる面もあります。とかく既得権益を守るという点においては、今年はプロ野球で起きた再編問題が当てはまりますね。近鉄とオリックスの合併により一度は1リーグに傾いたものの、ストライキを経てそれは食い止めることが出来ましたが、新規参入については規則を変えるという事態になり、結果的には楽天が新たに来シーズンからプロ野球に参入するということになりました。本来でしたら、それなりの資金力があるんであれば、簡単な審査を行ってすんなりと加盟を認めるべきであるんですが、一連のゴタゴタ劇にはイライラしたプロ野球ファンも多かったことと思います。

 ついでに言えば、さいたま市で起きた火災の後、市の消防局が会見を開いた際に、ドンキの関係者がいないか確かめたにもかかわらず、会見後社員が紛れ込んでいたという事件がありました。この事件については、マスコミ各社が取り上げてTVでみ報じられていましたが、ドンキにしてみれば、自分のところでおきたトラブルについての情報を得たいという気持ちがあったものの、記者クラブという規制に阻まれてしまったということで、これもドンキらしい規制に対する挑戦を感じさせられる一面と捕らえてしまいました。

 そうした安田社長の大きな権力に対する挑戦でありますが、一方でドンキが行ってきた方針がいわば曲がり角に差し掛かっていることも事実なんではないでしょうか?例えば24時間営業ですが、コンビニはともかくとしても、最近は大手スーパーが24時間営業を始めるところが増えてきました。これらのスーパーは繁華街にあることが多く、通勤帰りのサラリーマンが立ち寄って買って帰るという方もたくさんいるんじゃないかと思いますが、これはドンキにとっては大きな脅威となりえるところでしょう。また、エンターテイメント性ですが、そもそもエンターテイメントはそれを受ける顧客にとってはすぐに飽きが来るものなんですね。そんなわけで、短期間に次のネタを探さねばならない。しかし、元々
は品物を売るというのが本業なのであって、別にお客さんを笑わせることが本業ではないドンキが、次々と楽しませるエンターテイメントを生み出せるのかといえば、それはちょっと難しいでしょう。あの”圧縮陳列”にしたって、一連の火災事件によって、それが”アキレス腱”となりえるところまで来ていると思います。

 こうしたドンキの”専売特許”が必ずも経営において必ず成功するメソッドになりえない状況になってくれば、こうした規制を破ろうとする型破りな企業は、業界全体からすれば浮いた存在になってしまう危険があるわけです。それに重なって、これまでの周辺住民とのトラブルや出入業者との契約上の問題などがあれば、おのずと行き詰ってくることは確かなわけなんですが、そのあたりは、”弱り目に祟り目”というところなんでしょうかね?

 おとといの新聞記事には、ドンキの全店で防火対策を講じると出ておりました。今の状況を思えば、こうせざるを得ないところでしょう。これ以上被害が広がることは望ましくない状況ですが、このまま沈静化の方向へ向かって欲しいものであります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.12.28

仕事納め

 今日28日は仕事納めの日。いよいよ明日から年末年始の休みに入ります。といっても、今日は1日休んでおりましたが・・・(笑)。

 去年に比べると、今年はわずか6日間。年によっては1週間以上も休みがあるときもあったりして、その年によって日数が変わってしまいます。特にこの時期に旅行を計画している人にとっては、今年はあまり楽しめないところでしょうね。

 そうそう、インド洋での津波は大変な被害ですね。邦人でも亡くなった方が出たようで、年末年始にこのエリアに旅の計画を立てられた方にとっては災難なところですが、ほんと、最後まで”災”という文字が付きまとった、大当たりの年となってしまいました。

 来年こそは穏やかな年になるよう、心から祈ります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.27

【ランチネタ】タイ料理

 今日のランチは、久しぶりにタイ料理の店「テープタイ」へ行きました。交通事故に遭って退院してから初めて行ったんじゃないかな?久しぶりにタイ料理の辛さを味わいました。

 といっても、ここの辛さは控えめなので、それほど口の中が曲がるほどではないのですが、それでもピリリとする辛さは感じられます。

 今日は挽肉のバジリコ炒めを注文。最近ここに来るとチャーハンばっかりでしたが、こちらの方がぴりりとした辛さが味わえるので、タイ料理らしさが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.26

ミレナリオを見物する

 この時期、東京駅丸の内口のオフィス街を電飾で彩るイルミネーション、東京ミレナリオを今日は見物してまいりました。今まで全く無縁だったこのイルミネーションですが、来年どの開催を持って休止するという話を聞きました(こちらを参照)。おそらく来年はかなりの混雑になることが予想されるので、ぜひとも行ってみたいと思っていたところでした。

 東京駅の丸の内口を出て一旦大手町方面へ向かいます。夕方5時過ぎでしたが、すでにミレナリオへ向かう人の流れが出来ていたので、それに漂うように従っていきました。永代通りを皇居方面に歩き、オフィス街の通りを左折すると、たくさんの人の列が出来ておりました。その列の先には、煌々と光を放った電飾のイルミネーションがゆらゆらとこちらへ向けて光を放っておりました。その電飾からおおよそ500メートル。この時点ではいったいいつになったら、電飾のところへ辿り着けるのか、全く予想がつきませんでした。

 結局、延々と待つこと50分、途中何度も待たされながら、ようやく電飾の前に到着しました。それにしても、周りでは、手持ちのカメラつきケータイで電飾の撮影会が行われていました。この間、係員の静止状態での撮影はダメとのアナウンスがスピーカー越しから流れましたが、その声は全く聞こえない状態でした(^_^;)。

 やはり、現物を見ると綺麗でしたね。残念ながらデジカメの類を持っていかなかったんですが、いろんなところでやっているイルミネーションの中でもここのは鮮やかかつ派手でしたね。

 20分ほど前に帰宅しましたが、とにかく寒かった(>_<)。体が冷えまくっております。早く風呂に入って寝ることにしましょう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.25

東武の新車に会う

 今年度、東上線向けに製造された50000系。顔つきが西武の20000系に酷似しているなど、今までの東武の車両とは趣きが違う車両ですが、今日は森林公園駅北側にある検車場でこの車両が一般に公開されました。このイベントに先がけて、池袋駅からこの列車を使用したイベント列車が運行されたようですが、こちらは事前にハガキで申し込みをしなければならず、今回は会場で顔を会わせただけとなりました。

 11時過ぎに森林公園駅に到着。駅から歩いて7分とのことで、比較的わかりやすいところにありました。今日は会場では50000系就役記念のとーぶカードが発売されておりました。これは正式には来年1月から発売のものですが(こちら参照)、イベント会場で先行して発売されておりました。ところが、会場に着いてみると、このカードを買うと思われる列が延々と出来ておりました。私もこの列に並ぶことにしましたが、何しろ売っているブースがまるっきり見えないほどの長い列で、正直買えるのか否かかなり不安でした。何度か諦めようかと思いましたが、幸いにも今日は日中は日も出てて暖かい陽気でしたので、それほど待っている間は苦になりませんでした。

 こうして待つこと1時間(!)。ようやく自分のところに番が回ってきて無事に1枚ゲット。普段それほど気が長い性格ではないのですが、1時間もよう待ったと我ながら感心です(笑)。

 そうそう、今回はパスネットは2の次であって、肝心の50000系に会わなければ・・・。会場に入ると、すでに車両の周りにはカメラの放列が出来ておりました。そして、おりました!

tobu50000
東武50000系

tobuallstar
東上線の演出”車”達

 そして、現在運行中の8000系旧塗装も会場に姿を現しておりました。

tobu8000oldcolor
8000系旧塗装

 この旧塗装8000系ですが、イベント終了後は営業運用に入った模様です。

 こうなると、50000系の営業運転が待ち遠しいところですな(^^)。


| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.24

【今日のランチ】イヴですが

 今日はクリスマスイヴ。特別何をするというわけでもありませんが、いつもと変わらぬ夜を過ごしております(笑)。

 日中はもちろん仕事に行っておりましたが、特別何を食べたいというのはなく、いつも行くイタリアンの店「ティティクチーナ」でいつものランチでした。

 今日は海の幸のクリームスパゲティ。いつもと変わらぬランチでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.23

メトロのイベントに踊りまくる

 今日は東京メトロのイベント尽くしでした(笑)。最近、すっかりイベント好きになった感のある東京メトロですが、いずれもマニアを喜ばせる内容でかなり入れ込んでおります。

 まずは目指したのは、千代田線の湯島駅。湯島始発で終着が湯島という、ちょっと変わった(?)イベント列車が走りました。普段、綾瀬と北綾瀬間を往復している車両を使用して、湯島から北綾瀬まで往復するという列車であります。6000-1編成という車両ですが、千代田線の試作車として登場した車両です。

 さて、湯島駅に到着したのが午前9時20分ごろ。すでに改札付近では、10:43発の「6000-2号」に乗る人の列がかなり出来ておりました。乗車定員は330人ということで、イベント列車乗車に必要な記念乗車券を買えるかどうか微妙な位置におりました。

 9時40分に販売開始になり、並んでいた列が動き出しました。正直どうかなぁと心配しておりましたが、何とか無事に乗車券を買うことが出来ました。結局後続に並んでいた人も全員無事に買えたようです。

 無事きっぷは買えたものの、出発までまだ時間があるので、しばらく改札の外で列を作り、またまた行列に並ぶことに(^_^;)。幸い地上ではなかったので寒さはそこそこ凌げましたけどね。これが外だったら、ちょっと辛かったですな。

 こうして、ようやく10時半過ぎにホームへ降りることが出来ました。ところが乗車するために並んだのが1番線ホーム。代々木上原方面へ向かう側でした。綾瀬方面とは反対側のホームなんですが、最初は面食らいました。しかし、イベント列車に乗り込んでからその種が明かされました。

yusima1home
湯島駅1番ホームで並ぶ

 湯島駅を出発した列車は、一旦綾瀬側の引込み線へ入り、そこを走行した後に本線へ渡って行きました。アナウンスでも滅多に通れないところと紹介しておりましたが、このあたりもなかなか粋な計らいでしたね。

 途中の駅を次々と通過していった列車は、北千住駅の先で地上へ出て綾瀬駅へ。ここで中線に入り一旦停止した後、北綾瀬支線に入っていきました。ここも普段は運用がないところなので、この列車の見所でしたね。結局、終点の北綾瀬駅に到着し、ここで数分停車した後に折り返しました。

 こうして、11時23分に終点湯島駅に到着。わずか40分ほどのイベント列車はこうして終わりました。

6000haifunharigami
6000ハイフン号貼り紙

 続いて向かった先は大手町駅。今日から東西線で、「パンチ(改札鋏)・ラリー」なるイベントが始まりました。これは、東京メトロの1日乗車券を購入して台紙を貰い、そこに指定された東西線内の駅の改札鋏を入れてもらうと記念品が貰えるというもの。改札鋏はかつて改札業務を人の手で行っていたとき、きっぷに鋏を入れてもらう際に使う道具でしたが、最近はすっかり見なくなってしまいました。

 大手町で台紙を貰うと、すでに大手町のところには鋏が入っておりました。ここから高田馬場へ向かい、指定駅を乗り降りしながら東へ向かっていきました。最後の妙典駅で鋏を入れてもらい無事に全駅クリア。めでたく記念品をGetいたしました。気になる記念品ですが、これから集めるという方もいらっしゃることでしょうし、ここでは秘密ということにいたします(笑)。

 1日東京メトロを乗り回したおかげで、十分1日乗車券の元を取ることが出来ました。来月も東京メトロがらみでイベントがあるようですが、いよいよ忙しくなってきそうなので、もしかすると厳しいかも・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.22

下手投げ投手の末路

 今朝、新聞を見ていたら、大変衝撃的なニュースが目に飛び込んでまいりました。埼玉県で女性の水死体が見つかったのですが、殺人の容疑で逮捕されたのが、かつてロッテでプレーした小川投手だったというものです。

 毎日新聞:「強盗殺人:元ロッテ投手の小川容疑者を逮捕 埼玉県警

 1980年代後半に活躍した下手投げの投手で、西武戦でもかなりいいピッチングで抑えていた選手でしたが、球も速く三振も取れる選手でしたね。あの1988年10月19日の”伝説のダブルヘッダー”でも、第1戦で先発したのが彼でした。

 それだけの選手が、私生活でいろいろとあったにしても、強盗殺人を犯すということは信じられませんね。いままでプロ野球を経験した選手が刑事事件で逮捕されたというニュースはかつてありましたが、殺人事件というのはおそらくなかったのではないでしょうか。

 その小川投手ですが、新聞などによれば、かなりの借金を抱えていたとの事です。確かに現役時代は年間数千万円を貰えるということで、高級外車を乗り回すなど一般社会の労働者以上に裕福な生活をしているイメージがあるわけですが、十数年現役選手として活躍し、引退後もコーチや監督として残るなど将来を約束されている選手はごくわずかといってもいいでしょう。

 今回の小川投手の一件で思い出したのが、数年前にマンションの上階から飛び降りて自殺してしまった、元ヤクルトで活躍した高野投手のことでした。彼も引退後は球団のコーチとして数年間在籍しておりましたが、退団後は生活設計もうまくいかず行き詰ってしまったことが自殺の原因といえるようです。このときもそれなりに衝撃的ではあったのですが、この高野投手の自殺によって、選手の引退後の人生設計をいかにうまく行うべきか、選手会側が勉強会をするようになったというのを聞いたことがあります。

 アメリカでは、将来の見えない選手は、引退後の人生設計のためにシーズンオフに資格の取得を行ったり大学に通学するといったことをしていると聞きます。ちなみに田口外野手のいるカージナルスの監督でもあるトニー・ラルーサは、現役引退後に学校に通い、弁護士の資格を取得したそうです。そこまでとはいいませんが、現役を退けば一般社会人の目線で生活をしなければいけないことを認識して欲しいものであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【今日のランチ】吉野家のはずが

 本当ならば、久しぶりに吉野家へ行って、まだ食べていない牛焼肉丼でもと思っていたのですが、職場の近くにある吉野家にはこのメニューがなく、やむなココイチへ行きました。

 今日食べたのは、チーズカレーとコーンのトッピング。この組み合わせは久しぶりでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.21

マスコット光と影

 今年埼玉県で開催された「彩の国まごころ国体」のマスコットだったコバトンですが、著作権が埼玉県に譲渡されることとなり、国体のマスコットから県のマスコットに”出世”することになりました。

 毎日新聞:「コバトン、県に“再就職” 国体だけでは“残念”--著作権など県に譲渡 /埼玉

 そーいえば、西武ライオンズのリーグ優勝の際、胴上げされる伊東監督の脇で選手がコバトンを抱えている姿を見ましたが、しっかりと県民には浸透しつつあるマスコットになってきましたな。

 上記の記事には、家族を作るという話もあるようですが、県のマスコットとして見事出世を果たしたコバトンの活躍に期待しましょう。

 話は変わりますが、かつて合併前の大宮市には、「トトちゃん」というマスコットがおりました。これは、旧大宮市が市制50周年を記念して、市内在住のあすかけん氏の原作「こりすのトト」を市のマスコットにしたものでありますが、ご承知のとおり大宮市がさいたま市へ合併となった折に、いつしか忘れ去られることとなってしまいました。現在では、大宮駅東口の広場にトトちゃんの銅像がひっそりと(?)建っておりますが、思えばコバトンに比べると極めて不幸なマスコットといえるでありましょう。

toto
在りし日の「こりすのトトちゃん」

 トトちゃんの合併後の経緯については、こちらに詳細がありますので、ご参考まで。

 もっとも、リスと大宮というつながりにおいては、この度J1に昇格が決まった大宮アルディージャのマスコットがリスであります。なぜ大宮がリスなのか、上記の経緯を見ればよくご理解いただけることと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

【今日のランチ】口福@ラーメン

 今日は外回りだったため、久しぶりにさいたま市桜区の口福へ行きました。つけ麺の小盛とチャーシュー丼を半分にしてもらいました。でも、結構チャーシュー丼は量があった(>_<)。

 最近は量が食べられなくなってきているので、ライスの普通盛はいささかきついんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

【今日のランチ】新規開拓

 年の瀬も押し迫ってきた今日20日のランチは、久々に新規開拓をしてきました。先週記事にした「一献楽食とら」のすぐ隣にある「咲くら」というお店に行きました。以前から店先にランチメニューの見本を飾ってあり、横目で見てみると比較的しっかりとした内容に見え、気になっていたところでした。「大戸屋」のように和食系の定食を出してくれるところが、大宮駅東口では案外と少ないので、どこかないかとあれこれ探しておりましたが、ここはちょっと期待できそうです。

 元々居酒屋ということで、店内はなかなか落ち着いた雰囲気でした。チェーン店のようですが、この手の店舗にありがちな安っぽさやがやがやした雰囲気はなさそうです。

 ランチはいくつかありましたが、今日は初めてということで日替わりを注文(800円)。この値段でコーヒーなどのドリンクが付くのはありがたいですね。ランチの内容ですが、今日はハンバーグと揚げ物でした。ただライスは大きな器に盛られてきたので、女性にはちょっと辛いかもしれませんね。私もちょっと量多めに感じてしまいました。

 ただ、800円でこの内容でしたらまずまずといったところではないでしょうか。まだオープンして間もないということもあり、店内はそれほどお客さんは多くありませんでしたが、店内も落ち着いた雰囲気でのんびり過ごせそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

年賀状

 毎年この時期に必ずやることといえば年賀状を書くことですね。今年も年賀状を買ってきまして、この週末で刷り終わりました。それほど多い枚数ではないのですが、やはり裏面の絵柄なんかはあれこれ構想が浮かんでは消えるという状態で、なかなか満足の行くものが出来ません(^_^;)。

 明日、職場の近くにある郵便局に出してこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.18

青春18きっぷを買う

 JRの普通列車に期間内の5日間乗り放題のきっぷである青春18きっぷ。学生時代は毎シーズン買っていたのですが、さすがに仕事に就いてから長い休みが取りにくいのと海外へ行くことが多くなってしまい、年1シーズン程度しか買わなくなってしまいました。

 しかし、この冬は1セットを購入してしまいました。

18kippu04winter

 この18きっぷですが、機械で発券されるタイプとは違い、昔からある赤い地のモノであります。これは今では首都圏の駅では買うことが出来ず、JR西日本やJR北海道、JR四国の一部の駅でしか買うことが出来ないタイプです。18きっぷの熱烈なユーザーは、こちらのタイプの券をありがたがるようでして、わざわざ郵送で送ってもらったり現地へ出向いて買ったりしております。私の場合、先週京都を訪れた際、奈良線の一つ先にある東福寺にこのタイプの券があることを事前に知っていたため、ここへ出向いて買ってきた次第です。

 今回から、普通列車に繋がれているグリーン車については、グリーン券を買えば乗れるようになるという嬉しい措置が取られました。地元に湘南新宿ラインが通っているので、この措置は利用価値が高いですね。ただし、指定席のグリーン車の場合はこれまでどおり乗車券が必要とのことです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.17

疲れた-

 たった今帰りました。よって、今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.16

「ゆとり」を持たせて馬鹿になった子供

 産経新聞:「「ゆとり教育」見直し 学力低下を懸念 文科相方針

 やっと、国も教育方針の失敗を認めたわけですな。もっと早く、素直に「失敗でした」と認めれば、こんな事態を引き起こさなかったわけでして、明らかに失政といわれても致し方のないところでしょう。

 小学校の頃は校内暴力が問題になっていた頃で、「金八先生」が最初に放映されたのもこの頃でした。その後、いじめ、不登校、厳しい校則が問題化し、「荒れる学校」と称してマスコミも大きく取り上げるようになりました。その都度、当時の文部省はさまざまな改革に取り組んだわけですが、いずれも付け焼刃的であり、根本的な解決にはなっておりません。

 そんな中、学校問題で一番顕著となった事件が'90年に起きた神戸での校門圧死事件でしょう。この高校で、登校中の女子生徒が時間ぎりぎりに校舎へ入ろうとした際、当日生徒指導に当たっていた教師が校門に設置されていた鉄製の門扉を閉めたところ、その女子生徒がその門扉に挟まれ死亡するという事件でした。当時、この事件はワイドショーでも取り上げられ、厳しい校則や体罰が蔓延する学校現場に対し厳しい世論の目が向けられました。

 この事件の後、それまでの暗記主義的かつ詰め込み主義的な指導方法を改め、個人の個性を尊重した教育を取り入れようと国が方向転換していきました。確かにそれまでの受験を意識した教育が子供たちを追い込んでいったことは事実ではあったわけですが、その結果、授業時間までをも犠牲にするという愚作に出たことはまさに愚かしいと批判されてもいたし方のないところですね。今回のOECDでの検査の結果はまさにゆとり教育に対するマイナスの結果を知らしめることとなったわけです。

 これを機に、文科省は方向変換なりの改革を行うこととなるかと思います。もちろん今までまずかった方針を改めることはいうまでもないのですが、ここ10年ばかりこのゆとり教育という麻薬を吸い続けてきた人たちに対しては、誤った教育方針を提供したことに対してどのように弁明するのかと疑問を投げかけたいところです。単なる改革で済ませられない根の深い問題がここにはあると思う次第です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.15

4度羽田に訪れる

 この一月の間、羽田空港を訪れるのは昨日で4回目(笑)。うち飛行機に搭乗したのはわずか1度だけということで、いったいどういうわけで羽田くんだりまで行くのかと我ながら自問したりします。

 とはいうものの、別に目的がないわけではありませんで、1回目は米子へ行くという家族を送っていくため。2回目はモノレール延伸絡みで乗りに行ったため(ここを参照)。そして3度目は先週の金曜日に京都へ行った時でした。

 昨日訪れたのは、先日東京モノレールのサイトで募集があった、「羽田空港第2ビル駅開業記念Suica」の応募をしたところ、見事(?)当選のはがきが届いたため、それを引き換えるために仕事帰りに向かったというわけであります。もっと早くに引き換えられれば、先週の金曜に代えられたんですけど、引き換え開始日が一日遅れの11日からということなので、やむを得ません。

 今回は大宮から湘南新宿ラインに乗り、大崎からりんかい線で天王洲アイルへ向かうというかなりマニアック(?)なルートで羽田へ向かいました。別段理由はないのですが、それにしても天王洲アイル駅の乗り換えの不便なこと。開業当時もここの乗り換えの不便さには閉口した次第ですが、今回の延伸に合わせてモノレール側の駅の改装を行った模様。とはいうものの、乗換えがスムーズになったわけではないので、相変わらず片側2斜線道路を渡る際の信号の待ち時間は体験することとなったわけであります。

 こうしてモノレールに乗り、終点となった空港第2ビル駅に到着。ホームには、何でも猫を模した何とも怪しげなキャラクターの愛称を募集しているポスターが貼ってありました。このキャラ、先週の金曜日に浜松町駅で見かけたのですが、いつから萌えな会社になったのか?そんなキャラの前でデジカメを構えてしまい(笑)、急いで改札を出て、右側に長テーブルを出しているブースを発見。ここでSuicaを引き換える模様で、受付にいた女性に応募はがきを渡し、名前を確認できたところでSuicaが渡されました。

 そーいえば、東京モノレールでSuicaを買うのは今回が初めて。いつも発売されてもすぐに売り切れちゃうんで、元から諦めていたんですが、今回は見事(?)あたりくじを引きました。

 その後、夕食がまだだったので、前回行かなかったショッピングエリアを訪問し、お蕎麦屋さんで夕食を済ませました。第2ターミナルはどこもEdyが使えるようで、レジに「使えます」旨のマークが掲げられておりました。Edyを出して支払おうとしたら、残高が足りず残りは現金での支払いに。ここもチャージは不可とのこと。相変わらず不便だな->Edy。

 食事を済ませて帰りは京急で帰りました。京急の乗り場へ向かう途中、某航空会社経営のみやげ物の前で行列が出来ておりました。よく見ると、並んでいる人々は飛行機から降りてきたお客のようで、現在行っているキャンペーンの特典を受けているようでした。搭乗券2枚でEdyに500円分がチャージできるというものですが、それを受けるための列でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今日のランチ】ランチ寿司

 今日のランチは寿司でした。すし屋へ行く時はいつも、大宮駅東口の「すし旬」へ行くのですが、最近この店があるウェストサイドの通り沿いに「がってん寿司」がオープンしました。回転寿司では埼玉ではよく見かける店舗ですが、強力なライバルの出現ですね。

 ここで頼む時はいつも「ランチにぎり」(840円)ですが、今日もこれを注文。ネタもしっかりしているので安心ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

ドンキホーテ燃ゆ

 え-、突然でありますが、私はドンキホーテなる会社の店舗を利用しない身であります。ドンキホーテ、東京や埼玉で見かける安売りの量販店であります。

 なんで利用しないのかというと、以前ドンキ(以下こう略します)の出店に際し、地元住民とのやりとりをドキュメントしたTV番組を観たことがあるのですが、その強引な経営方法と法の抜け道を利用してまで出店を推し進めるという企業体制に嫌悪感を抱いた次第であります。

 そもそも地元住民とけんかしてまで利益を得るという行為は恥ずべきと感じます。企業は地元に対して雇用の増大と良質の商品の提供を行う。そこで得た利益は地元に還元し、社会に貢献するべきと感じるのですが、あいにくこの企業には、自分の利益を優先するという姿勢にしか見えないのですわ。

 そんな折、昨日の晩にさいたま市内にある2つのドンキの店舗から出火。うち、1店舗は犠牲者も出るほどの惨事となってしまいました。

 元々、商品を山積みにしたり所狭しと並べるディスプレイについて、消防法云々の問題が問われていたところでしたが、こういった強引な企業体質の犠牲になった形で尊い命が失われたのは痛ましいですな。

 末期の武富士にも似た状況ですが(あちらも放火で話題になりましたね)、今後の動きにも注目したいです。

 毎日新聞:「ドン・キホーテ:3人の焼死体見つかる 浦和花月店

| | コメント (3) | トラックバック (2)

【今日のランチ】ココイチ

 最近、昼時に食べたいものがなかなかなく、ぎりぎりまで決めかねるという日々が続いております。まあ、普段の生活圏の中でのランチですから、それほどバリエーションがあるわけではないですけど、入院生活が入ったせいもあって、以前に比べると食が細くなった気がします。

 そんな今日は、ココイチへ。今日にしても別段ココイチへ行きたいわけではなかったんですが、思いついたのがここだったという次第。

 で、食べたのが、何の変哲もないハンバーグカレー(650円)。ここのハンバーグは油っぽさが感じられイマイチだったりもします。多少時間がかかっても、揚げ物の方がよかったかも。でも、揚げ物も胃には辛いところだし、ちょっと迷います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.13

あんこうなべ

 昨日アップした日立電鉄のビール列車の様子ですが、終点の鮎川駅ではあんこう鍋を味わうことが出来ました。土曜日は天候に恵まれていたものの、この季節にしては気温が高く、汗ばむくらいの陽気でした。しかし、ビール片手のあんこうなべは格別でしたね(^^)。

ankounabe_tabegoro
あんこう鍋。湯気も立っていておいしそうですな(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【今日のランチ】かき揚げ丼

 ランチで最近すっかり馴染みになってしまったのが、「一献楽食とら」というお店。わっぱに入ったご飯物の種類が豊富で、安いところでは700円から。しかもデザートつきという内容にすっかり気に入っております。

 今日は特にどこへ行くあてもありませんでしたが、結局辿り着いたのがここでした。今日はかき揚げのわっぱを注文(700円)。かき揚げの大きかったのには驚きましたが、いささか食べづらかった(^_^;)。でも、おいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

呑兵衛電車が行く

 来年3月に廃止が決定している日立電鉄ですが、昨日@nifty汽車旅フォーラムのオフ会がここを舞台に行われ、参加してきました。この鉄道、「呑電日立号」なるイベント列車を運行しているんですが、要は動く車内でビールを飲むという「ビール列車」なんであります。実は運行開始となった'98年にもフォーラムのオフ会でお邪魔したことがあったのですが、今回が2回目になりました。

nondenhitachiokada
呑電日立号(常陸岡田駅にて)

 それにしても懐かしい車両ですね。かつては営団(現・東京メトロ)の銀座線で活躍してた車両だったのを、置き換えを機にこの地にやってきたわけですが、かつてはほろ酔い加減で帰っていくサラリーマンを乗せていたのが、まさかこの地で逆に酒を出して楽しませる車両に化け変わるとは思いもよらなかったでしょう。

 そんな元営団車ですが、かつての面影もところどころ残しているのはうれしいかぎりでした。

eidanmarksenpuki
営団マークが入った扇風機。このマークも今年の3月までは東京でもお馴染みでした。

 一方、銀座線といえば、停車直前に突然車内が暗くなるという”儀式”がありました。今の車両では体験できませんが、古い車両ではそんな不思議(?)な体験をいつもすることが出来ました。その装置が下の画像にあるランプです。もちろん日立電鉄では使用されることはありません。

eidanginnzasenyouramp


| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.11

疲れた

 今日は1日外へ出ていました。7時過ぎに帰宅したのですが、夕食を食べて今はすっかりとマタリとしております。

 そんなわけで、2日連続ですが、簡単に済ませることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

スーパー銭湯

今、スーパー銭湯から出てきたところです。温まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.09

磁気イオカードが発売終了

 JR東日本プレスリリース「イオカード(磁気式)の発売終了について

 Suicaの普及により、その存在が次第に忘れられているのがこの磁気式のイオカード。かつてはイオカードといえばこちらの様式だったわけですが、つい数年前までは首都圏のあちこちの駅で記念のカードも出ていて、私も買い漁っていたことがありました。

 販売停止後はしばらく使えるようですが、使えなくなるときもそう遠くないようですね。まあ幸いにも、手持ちには未使用分のイオカードはありませんですが・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

【今日のランチ】インドカレー

 今日は復帰後、初めてインドカレーバイキングの店「サッカール」へ行きました。店に入ると、まだ他に誰もお客がおらず、1番乗りになってしまいました(^_^;)。

 今日のカレーは、チキンキーマとレンズ豆、それと魚肉が入ったのと野菜の具のカレーでした(実は名称云々をメモし忘れた(^_^;))。今日もナンのお代わりを貰いましたが、最初にくれたナンはほんのりと甘い味わいがしました。多分ココナツか何か含まれていたんでしょうが、お代わりしたナンは普通の味でした。

 しばらく来てなかったのですが、以前はあったおかず一品とデザートが今日はありませんでした(涙)。まあ、それがあったときは、お代わりのナンがなかなか来なくて度々催促していたんですが、お代わりをスムーズに対応してくれる代わりなんでしょうかね???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.08

ココログと私~1年を振り返る

 ココログがサービスを開始して今月で丸1年が経ったとのこと。思えば、サービス開始してすぐに申し込みを行ったので、それと共に歩んだことになるわけですが、これほど急速にblogが広まったということで、10年ほど前のインターネットのときと通じるものを感じます。

 自分の周りでもblogサイトを立ち上げたという方を大勢見かけます。毎日というわけには行きませんが、時々覗いてはコメントやTBなどをさせてもらっております。逆に私の書いた記事に対するコメントやTBもたくさん貰い、予想以上の反響を感じたところであります。

 時にはうまく書けなかったりして、まとまりがない文章になってしまうこともあったかもしれませんが、今後とも引き続き当blogサイトをご贔屓にしていただきますよう、心からお待ち申し上げますm(__)mm(__)m。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【今日のランチ】ココイチのカキフライカレー

 今日は久しぶりにココイチへ行きました。冬季限定メニューにあった、カキとホタテのカレーを注文(720円)。カキフライがおいしかった(^^)。

 カキのおいしい季節になりましたが、去年の今頃は本場広島へ行って食べてきました。その時食べたカキの味噌煮込みの味が今でも忘れられませんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

【今日のランチ】REXでラーメン

 REXを訪れるのは久しぶりでしたなぁ。別段変わったところはないようですが、青葉には列ができておりました。

 とはいうものの、青葉の列には並ばずに、向かった先は風来居柿岡屋に飽きた今の私には、ここでは風来居の方が性にあっている気がします。

 いつものように塩ラーメンを注文(750円)。あっさりに見えても十分濃厚な味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

【今日のランチ】久々イタメシやへ

 今日から新しい1週間が始まりました。月曜日の出勤なんて久しぶりですなぁ(笑)。

 ランチは久しぶりにイタメシや「ティティクチーナ」へ。明太子パスタのランチを注文しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.05

暑い一日でした

 昼間、外へ出てみたのですが、上着を着ていったせいもあって汗がでるほどの陽気でした。昨日の温帯低気圧の影響なんでしょうが、今日は25度を越えたところもあるとか。”夏日”といわれたときには、正直耳を疑ってしまいました。

 でも明日は平年の気温に戻るとのこと。体調には気をつけたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

MRI検査を受けた

 今日は午前中、入院していた病院へ検査を受けに行きました。退院後初めての検査ということですが、入院中も受けたMRI検査です。これは診療台に横になり、体ごと機械の中に通して体内の断層の様子を見るというもの。開始してから終わるまで30分ほどかかります。

 予約した11時に受付の前に到着。10分ほどして名前が呼ばれ中に入りました。入院中に2度受けていたのでだいたいの勝手はわかっておりましたが、担当の療法士が丁寧に説明してくれました。

 MRIを受ける時、開始前に造影剤の点滴をされるのですが、今日もその点滴をされてしまいました。注射を打つ際、血管がなかなか表面に出てこないということをよく健康診断の際にも言われましたが、今日も担当していた看護士の方がそう漏らしておりました。やはり体質のせいなのかなぁ。でも、今日はその看護士の腕のおかげで(?)、すんなりと注射をすることが出来ました。

 後は横になって、指示通りに呼吸を止めたり吐いたりの繰り返し。こっちは横になっているだけなんですが、同じ動作を繰り返すせいもあって、終わる頃には結構疲れてしまいました。おまけに先ほど挿した点滴の針を抜いてからしばらく血が止まらなかったのには参りました(^_^;)。何とか10分ほどで無事止血することができましたが、床に血がたらたら垂れていた時には正直ぞっとしたものです。

 今日のところはこれでおしまい。結果が出るまでしばらくかかるとのことなので、来週あたりに再び訪れることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.03

【今日のランチ】仕事へ復帰

 今日から仕事へ復帰です。事故に遭ってからまる1ヶ月。長かったようであっという間でしたが、まだいろんな手続きが残っているので、年内一杯まで掛かってしまいそうです。病院の方も、検査の結果がまだ出てこないので心配なところですが、特に行動の制約は掛かっていないので、まずは大丈夫でしょう(笑)。

 そんな職場復帰の今日ですが、「一献楽食とら」へ行きました。ここは値段の割りにしっかりしたものが出てくるのでありがたいです。今日は、炭火やきとりのわっぱめしを注文(700円)。わっぱめしの量がそこそこあるのがうれしいですね。

 事故のせいもあって、以前に比べてだいぶ食の量が少なくなった気がします。まあ、以前から少し食べ過ぎるところがあったので、このくらいでいいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

ついに乗った旧色8000系~東武

 東武東上線を走る8000系のうちの1編成が、かつての赤と黄土色のツートンカラーに塗装されて走っております。何分1編成なもんでなかなか乗る機会がありませんでしたが、ようやく捕まえることが出来ました。

東武クハ8108@池袋'04.11
リバイバルカラー(池袋)

 子供の頃、野田線でこのカラーリングの車両を見た記憶がありますが、ちょうど次のクリーム色に塗り変わる時期だったため、その頃はだいぶ少なくなってしまった時期でした。

 なお、東武鉄道のサイトの中に、リバイバルカラーの運転についてのサイトがあります。その中で運転予定表もリンクされております。ご乗車の際は参考にされるといいでしょう。

# 画像の差し替えを行いました(2015.12.21)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2004.12.01

那須湯本温泉「鹿の湯」

 おとといの続きです。

 宇都宮で餃子を食べた後は、JRで一路黒磯へ。ここからバスで40分ほど。那須湯本でバスを降りました。バス停から階段を下りること5分ほどで、目的の公衆浴場「鹿の湯」に到着。ここへ着く頃には硫黄の匂いがあたりに充満しておりました。

 入湯料金400円を受付で支払い、浴場へ。平日の割にはそこそこ人がおりましたね。この分だと週末は結構な混雑になるんでしょうか?さっそく温泉に浸かりましたが、久しぶりに温泉らしい温泉に入りました。最初は外気が寒かったのですが、お湯に浸かっていくうちに次第に温まっていきました。

sikanoyu.jpg
那須湯本温泉「鹿の湯」

 本来だったら、このあたりだったら自宅からマイカーを利用した方が動きはいいのですが、やはり”病み上がりの身”ということで、今回はJR+バスという行程になりました。出来ればマイカーで周辺を回って見たいところですね。ただ、週末にもなるとそれなりに人出は多くなりそうではありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モノレールが延伸

 今日から羽田空港の第2旅客ターミナルがオープンしました。これに伴って、東京モノレールが「羽田空港第2ビル駅」まで延長され、それまでの「羽田空港駅」が「羽田空港第1旅客ビル駅」に改称となりました。

 そんな初日でしたが、私もその様子を見に訪れました。

 羽田空港に到着したのが午前11時半過ぎ。すでに式典等は終わった後でしたが、ターミナル内にはたくさんの人で賑わっておりました。改札を出て出発ロビーへ向かいましたが、長いエスカレーターに乗っていて、明るい吹き抜けと広々としたターミナルに圧倒されましたね。あいにく混雑していたので今日は行きませんでしたが、ショッピング街もたくさんの店が出店しているとのことで、飛行機に乗る人以外の訪問者もたくさんいたようです(かく言う私もその中の一人でしたが(笑))。いずれここを利用する時にはぜひこうした、店の様子も伺いたいところです。

 ターミナル内にはたくさんの報道関係者も目に付きましたが、夕方のTVニュースではどこもターミナルオープンの話題を取り上げておりました。さすがに私の姿は映ってなかったようでしたが(笑)。

 帰りは京急を利用しました。こちらも第2ターミナルへ向かう連絡通路が出来ましたが、多少歩くもののそれほど苦にはならなさそうです。また、ホームにはターミナルへの案内として、色を使った表示がなされておりました。第2ターミナルへは全日空の青、第1ターミナルへは日航の赤を使った表示ははっきりしてわかりやすいです。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »