« 4度羽田に訪れる | トップページ | 疲れた- »

2004.12.16

「ゆとり」を持たせて馬鹿になった子供

 産経新聞:「「ゆとり教育」見直し 学力低下を懸念 文科相方針

 やっと、国も教育方針の失敗を認めたわけですな。もっと早く、素直に「失敗でした」と認めれば、こんな事態を引き起こさなかったわけでして、明らかに失政といわれても致し方のないところでしょう。

 小学校の頃は校内暴力が問題になっていた頃で、「金八先生」が最初に放映されたのもこの頃でした。その後、いじめ、不登校、厳しい校則が問題化し、「荒れる学校」と称してマスコミも大きく取り上げるようになりました。その都度、当時の文部省はさまざまな改革に取り組んだわけですが、いずれも付け焼刃的であり、根本的な解決にはなっておりません。

 そんな中、学校問題で一番顕著となった事件が'90年に起きた神戸での校門圧死事件でしょう。この高校で、登校中の女子生徒が時間ぎりぎりに校舎へ入ろうとした際、当日生徒指導に当たっていた教師が校門に設置されていた鉄製の門扉を閉めたところ、その女子生徒がその門扉に挟まれ死亡するという事件でした。当時、この事件はワイドショーでも取り上げられ、厳しい校則や体罰が蔓延する学校現場に対し厳しい世論の目が向けられました。

 この事件の後、それまでの暗記主義的かつ詰め込み主義的な指導方法を改め、個人の個性を尊重した教育を取り入れようと国が方向転換していきました。確かにそれまでの受験を意識した教育が子供たちを追い込んでいったことは事実ではあったわけですが、その結果、授業時間までをも犠牲にするという愚作に出たことはまさに愚かしいと批判されてもいたし方のないところですね。今回のOECDでの検査の結果はまさにゆとり教育に対するマイナスの結果を知らしめることとなったわけです。

 これを機に、文科省は方向変換なりの改革を行うこととなるかと思います。もちろん今までまずかった方針を改めることはいうまでもないのですが、ここ10年ばかりこのゆとり教育という麻薬を吸い続けてきた人たちに対しては、誤った教育方針を提供したことに対してどのように弁明するのかと疑問を投げかけたいところです。単なる改革で済ませられない根の深い問題がここにはあると思う次第です。

|

« 4度羽田に訪れる | トップページ | 疲れた- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

* やっと、国も教育方針の失敗を認めたわけですな。

 しかし、この「失われた10年」のつけは、長い時間をかけて私たちが払っていくことになります。

 子供には、社会に出てから必要な知識やその他の能力を身に付けさせたいものです。今の「ゆとり教育」では、それが満たせないですね。都会のお金持ちの家なら私学に行かせることもできますが。

投稿: たべちゃん | 2004.12.16 22:13

文部科学省は極論方針です。これで悪しき詰め込み教育が復活しなければ良いのですが・・
どうも加減という文字を知らないようです。ゆとりも発想は良かったけど運用がまずかった。学力の定義も「暗記」に偏らず、応用も論理もすべて混ぜて欲しいと思います。
とにかく良くなることを祈って・・

PS:生涯学習に関してはDIONでblogをはじめてみました。こちらは鉄道とは違って文字専門です。
http://blogs.dion.ne.jp/tatsujin_sato/

投稿: SATO | 2004.12.17 00:07

 こんばんは。コメント感謝です。

 SATOさんがおっしゃるとおり、文科省の対応は両極端ですね。ゆるゆるにだらけた空気を一気に規律を厳しくしたものになりそうな雰囲気で、この点については心配です。

 「ゆとり教育」そのものについて直に悪と決め付けることは危険ですが、結局ゆとり教育が失敗したのは、それまでの暗記至上主義、あるいは成績至上主義を改めたまではよかったものの、授業時間を減らすということで、読む能力や分析するといった基礎的な学力すらおそろかになってしまったという点にあるのではないでしょうか。

 たべちゃんさんもおっしゃっていることですが、そのゆとり教育の失敗のつけを支払わされるのは、我々国民になります。しかし、どのようにそれを償っていくのか、今後さらに問題化してくるのではないかと思います。

投稿: mattoh | 2004.12.21 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/2286610

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆとり」を持たせて馬鹿になった子供:

» やはり子供の学力は低下 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 OECDが世界の15歳の子供を対象にしたテスト(2003年に41カ国・地域で実 [続きを読む]

受信: 2004.12.16 21:43

« 4度羽田に訪れる | トップページ | 疲れた- »