« 【書籍紹介】韓国鉄道の旅 | トップページ | 繰り返される蛮行(ヘッドマーク) »

2005.02.10

何とかほど高いところに登りたがる?

 東武鉄道サイト:「東武鉄道が新タワー事業の推進に積極的に取り組みます

 何でも、デジタル放送用のタワーを建設する候補地として東武鉄道が名乗りを上げたとのことで、本社所有地の一角を候補地とするそうです。

 タワーといえば、埼玉県やさいたま市がさいたま新都心に誘致しようとしている「さいたまタワー」を思い出すのですが、デジタル放送の必要性以上に観光資源としての利用客誘致による経済効果を期待している向きが強いようです。確かに高いところから見る夜景は、たくさんの客を誘致するのには魅力的なんでしょうけど、すみだタワーはともかくとしても、さいたまタワーからの夜景はいかなるものなのか???

 個人的にはタワーとてハコモノの一つという思いがあるので、行政はせいぜい地べたを提供するくらいに留めておくべきじゃないかと思うのですが、多くの客を呼べるものが乏しいこの県においては、ハコモノをこしらえるしかなすすべはないところでしょうか。こうして血税が使われていくのは心が痛むところではありますが、魅力あるものが出来ることを期待したいところです。

|

« 【書籍紹介】韓国鉄道の旅 | トップページ | 繰り返される蛮行(ヘッドマーク) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はっきり言って、マーケティング力と企画力の欠如を施設で補おうという、前時代的な発送ですな。

そりゃ「ださい○ま」とか言われるわけだ。

投稿: 岩ラビ | 2005.02.10 22:32

 はなわの歌ではないですが、名所もなければ郷土愛もないという某県では、こうしたハコモノに頼らざるを得ないところなんでしょうな。気持ちはわからないでもないけど、金のかかるものは避けて欲しいものです。

 本筋から離れますが、”ケーキの街”と称して町おこしをしようとしているさいたま市では今ひとつ盛り上がりに欠けている気がします。あまりに短絡的な発想ですが、やるならやるでもうちょっと一生懸命やってもらいたいものです。

投稿: mattoh | 2005.02.11 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/2875452

この記事へのトラックバック一覧です: 何とかほど高いところに登りたがる?:

« 【書籍紹介】韓国鉄道の旅 | トップページ | 繰り返される蛮行(ヘッドマーク) »