« 最高齢新十両誕生 | トップページ | 今日から新年度♪ »

2005.03.31

いろんな”さよなら”~'05年編

 去年の今日も似たようなタイトルで書いたんですが、今年もいろいろとあるので、つれづれ記します。

1.名鉄岐阜市内線

 存続の方向でいろいろな方法を模索した市内線ですが、残念ながら有効な策がなく廃止となってしまいました。実はおととい乗ってきたんですけど(笑)、さすがに廃止2日前ともなるとカメラを持った人がたくさんおりましたね。早朝7時とはいえ、多くの人が別れを惜しんでおりました。

meitetsu_gifushinai

2.日立電鉄線

 こちらは去年の12月にビール列車オフでお邪魔させていただきました。初めて乗りに行ったときは、まだ銀座線からの車両が入る前で旧型の車両が現役だった頃ですが、銀座線の車両も今となっては貴重な存在でしたね。これらの車両は今後どうなるんでしょうか?東京メトロあたりが買い戻して保存、なんてこともあるかもしれませんね。

 なお、日立電鉄の車両を写した画像をこちらに飾ってあります。大したものではありませんが、覗いてやってください。

3.のと鉄道

 数年前に輪島方面が廃止になり、今回の穴水-蛸島間の廃止で本当に能登半島は鉄道がないところになってしまいました。周遊券がまだ健在だった頃、初めて手にした周遊券でこの地を訪れました。まだ国鉄だった頃で、能登半島は周遊券で乗れる観光バスを利用しました。このとき、とにかく能登半島は広いなというのが第一印象でしたね。

4.岩槻市

 鉄道ネタではありませんが、私が住む岩槻市が明日からさいたま市岩槻区となります。岩槻が市制を引いたのが昭和29年とのことですので、50年ほどの歴史に幕を閉じることになります。区にはなりますが、歴史ある岩槻の文化と風土はこれからも残して欲しいものですね。

iwatsuki_ekimei
”岩槻市”が入った岩槻駅の駅名板

|

« 最高齢新十両誕生 | トップページ | 今日から新年度♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 たべちゃんです。地元の岐阜の路面電車廃止のニュースは大きく取り上げられていました。

 路面電車復活の動きがある中、大手の名鉄が経営していることもあって、地元の協力が望めなかったのが残念です。「電車ごっこ」のような停留所の貧弱さがそれを物語っています。

投稿: たべちゃん | 2005.03.31 21:53

 こんばんは。いつもお世話になっております。

 岐阜市内線の電停は始めてみたときにはそれなりにショックを感じましたね。市電のある長崎に住んでいたこともあり、道路に申し訳程度に記された安全地帯が乗り場であると教えられた時には、ここからどうやって乗るのかと半信半疑になってしまいました。

 すでに岐阜周辺では自動車による生活が定着し、路面電車の存在自体が邪魔なものという意見が書かれた新聞記事を読んだことがありますが、先日廃止2日前に乗車したときには、朝の通勤時間にはそれなりの乗客を見かけました。ほとんどが名鉄岐阜駅から名鉄に乗り換えていきましたが、もう少し何らかの手段で存続をする手はなかったのかと思いました。

投稿: mattoh | 2005.04.02 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/3510733

この記事へのトラックバック一覧です: いろんな”さよなら”~'05年編:

« 最高齢新十両誕生 | トップページ | 今日から新年度♪ »