« 飛びまくってます | トップページ | 中島みゆきは演歌歌手(笑) »

2005.03.09

英仏滞在で輸血ダメ

 産経新聞:「変異型ヤコブ病 80-96年英仏滞在1日で献血禁止

 実は生まれて此の方、輸血というのをやったことがありません(^_^;)。中にはマニアな方もいらっしゃるようで、年度も献血に行かれているという方もいるようですが、それにしてもこの記事を読んだときには、厚生労働省も思い切った策に出たなぁという感じがしました。ずいぶんと大げさな政策ではありますけど、これで血液の量が少なくなってしまうことがなければいいんですが・・・。

 ちなみに私の場合、96年にフランス、イギリスを旅しているため、どうやら輸血は当面出来なさそうです。

|

« 飛びまくってます | トップページ | 中島みゆきは演歌歌手(笑) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

小生も、狂牛病が話題になっていたころ、仕事でスコットランドに滞在したことがありますが、当時、英国に滞在していた駐在員の話によると、英国人は、「人間が狂牛病に感染するのは、英国人の女の子として生まれて女王陛下になる確率よりも低い。感染したら運が悪すぎる。」というのがまことしやかに囁かれていると言っていました。今回の日本での反応は日本人の民族性かマスコミも含め、「1」か「0」の議論しかできない貧しい国民性が出ているなという感じです。データに基づいた弾力的な対応ができないものかと思います。

投稿: NAO | 2005.03.09 22:15

こんばんわ
そういえば最近献血していないなぁ、と思っていました。僕も84年に英仏に行ったことがありますので、当分は出来なくなりましたね。
ちょっぴり残念ではあります。

投稿: mac | 2005.03.09 22:17

NAOさんのおっしゃるとおりですね。交通事故死の方が確率が高いんじゃないでしょうか? だからといって「車を危険だから即刻廃止せよ」という世論はおきませんね。
確かに政府が注意喚起するのは大事ですが一般人が魔女狩りのごとく大騒ぎするのは勘弁して欲しいです。
狂牛病パニックのせいで吉野家はダウン、バーガーキングは日本撤退と失うものが多すぎます。

投稿: SATO | 2005.03.11 08:58

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 確かにその通りですね。全くゼロというわけではありませんが、はるかに交通事故で死亡するよりも確立が低い狂牛病に対して極端な政策を取る政府には疑問を持たざるを得ません。

 この政策によって血液が不足し、助かるべきけが人が助からなくなってしまうということにならないよう、政府ももう少し先を見たビジョンを打ち出してもらいたいものです。

投稿: mattoh | 2005.03.12 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/3234188

この記事へのトラックバック一覧です: 英仏滞在で輸血ダメ:

» 献血が出来ないカラダになってしまった [MAC'S GADGET]
ヤコブ病の影響で献血が出来なくなってしまいました。 1980-96年の間に1日以上、英仏に滞在した者はダメ!となってしまったのです。学生時代の1984年にヨー... [続きを読む]

受信: 2005.03.13 10:01

« 飛びまくってます | トップページ | 中島みゆきは演歌歌手(笑) »