« 福知山線脱線事故! | トップページ | 歓送迎会 »

2005.04.26

福知山線脱線事故~社長は責任を取るべき

 改めまして、犠牲者にはご冥福を祈らずにはいられません。

 さて、当然ながら昨日からTVニュースではこの話題一色でした。専門家の意見もさまざまですが、スピードの出しすぎ、運転手の判断ミス、車両の軽量化、置石に原因を絞って調査しているようです。真相はその調査を待つ以外知る由もありませんので、今現在で外野があれこれ甲乙つけることはどうかと思います。

 そんな中、昨日のTVニュースの中で、JR西日本の社員が涙ながらにマスコミ関係者に原因究明に社員一同取り組んでいる旨を訴えている様子がありました。正直痛々しい姿で、彼の心境はいかなるものなのか、想像を絶するところです。それに対し、被害者が運び込まれている病院に淡々とした表情で謝罪に訪れたJR西日本の幹部の姿は目を覆いたくなるものでした。この時点では詳細の原因はまだわかっていない状況な訳で、あまりにも早すぎる被害者への謝罪は、返って「誤っておけばいいや~」という気持ちにも見えてしまいましたね。

 JR西日本について言えば、平成15年の2月、山陽新幹線で停車駅をオーバーランしたミスを犯したことがニュースになりました。この時は運転手が無呼吸症候群という病気を抱えていたという事実が判明し、今後の乗務員の管理体制の改善が望まれていたところですが、もし今回の事故も運転手によるミスであったとすれば、JR西日本という会社自体も改善する必要があると思いますがいかがでしょうか?

 おそらく、今年の一大ニュースの中に充分匹敵するくらいの大事件になってしまうと思います。今年こそは平穏な一年をと切望していた人も多かったと思いますが、こんな大惨事がおきてしまい、今年も決して平和な一年とはいえなくなってしまいました。

kumoha2071011
あれからもう一枚見つかりました(宝塚駅にて~2003年3月写す)


|

« 福知山線脱線事故! | トップページ | 歓送迎会 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/3868886

この記事へのトラックバック一覧です: 福知山線脱線事故~社長は責任を取るべき:

« 福知山線脱線事故! | トップページ | 歓送迎会 »