« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

汽車旅好きのニート

 毎日新聞:「各駅電車男:盗んだ電車賃で36年間行脚 追送検

 タイトルを見る限り、きっぷを盗んで乗車したと読めなくもないんですが・・・(^_^;)。実際には、仕事をせず、盗んだ金で汽車旅をしたという男の話で、もちろんこれはダメダメであります。

 それにしても36年間ですか。今流行の”ニート”の走りといったところですが、いずれ年齢を重ね頼れるものがいなくなったときのことを考えれば、ぞっとする話ですな。ただ、その真っ只中にいるニート諸氏には、そこまで思いつかないでしょうが。。。

 これはおまけですが、”各駅電車男”というタイトル。今流行りの映画から捩ったんでしょうな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.29

クロマティ

 ウォーレン・クロマティといえば、かつて巨人で活躍した外国人選手ですが、彼が在籍した当時は現在のホークスの監督をしている王貞治氏が巨人の監督をしてた頃でした。

 なんといっても、ホームランを打ったときに見せるガッツポーズや陽気な性格は、当時の巨人軍になくてはならない存在でした。ただ、”アンチ”である私にとっては、彼の活躍する姿には目をそむけたくなることばかりでしたが・・・。

 そんなクロマティですが、久しぶりにニュースに登場したと思ったら、こんな記事でした。

 産経新聞:「クロマティさん「名前使うな」 映画公開に待った

 映画になった原作の漫画のタイトルは以前から聞いておりましたが、本人にしてみれば自分の名前がタイトルになっている漫画があると知ればさぞ驚くことでしょうな。氏が「待った」と言ったのは当然のことでしょう。

 話は変わりますが、巨人の外国人選手。今年も見事に外してくれました(笑)。ミセリは早々の退団となり、キャプラーは目を覆いたくなるような成績。途中入団のマレンはそこそこではあるものの、元々日本での実績がある選手ということで、ほとほと巨人の外国人選手獲得の際の目利きの悪さには呆れるばかりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

株主優待が来た!

 昨日、スターバックスから一通の封書が送られてまいりました。中をあけるとドリンク一杯分が利用できる株主優待券2枚が入っておりました。

 まあ、1株だけでも株主優待がGetできるところではありますが、もらえるとやはりうれしいものです。恥ずかしながら、これが生まれて初めての株主優待だったりします(笑)。

 わずか2枚なので、一気に使ってしまうか、もう少し暖めて使うか・・・(笑)。

06280009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.27

あじさい電車@箱根登山鉄道

 真夏日となったこの週末ですが、昨日は箱根へ行ってきました。私が参加しているフォーラムのオフ会でありましたが、往路は今年登場した小田急の新型特急「VSE」に乗車、いささか早い夕食を風祭駅に程近いところにある「箱根ビール蔵」で済ませた後、夕方6時過ぎに箱根湯本駅へやってきました。

vse_shinjyuku050626

小田急「VSE」(新宿駅にて)

 午後6時半過ぎ、あじさい電車は箱根湯本駅を出発しました。この電車は座席指定制でしたが、昨日はすべての列車が満席だったとのこと。やはりあじさいの季節ということもあって人気が高いようですね。

ajisai_1004

あじさい電車(箱根湯本駅にて)

 電車は高度を上げながら強羅を目指します。この時期の7時近くだとまだ周囲は明るいので、箱根湯本を出てすぐはライトアップされなくてもそのまま花を見ることが出来ました。徐々に高度を上げ出山の信号所で最初のスイッチバックを行いました。

 箱根登山鉄道といえば、スイッチバックを行ったり来たりしながら登っていくことで有名ですが、そのたびに乗務員が慌しくホームを行き来しておりました。

 こうして高度を上げていくうちに次第に辺りは暗くなっていきました。宮ノ下駅で10分ほどの停車がありましたので、電車から降りて周囲を散策しました。ここでは色とりどりの明かりを点したカクテルライトがあじさいを照らしておりました。あじさい電車は何度か乗っておりますが、この演出は以前は確かなかったと思います。ここでは乗客が銘々あじさいをバックに記念撮影に興じておりました。

miyanoshita_coctail

宮ノ下駅でのカクテル演出

 再び電車に乗り込み、終点の強羅を目指します。しかし、高度を上げていくに連れて咲いているあじさいの姿が少なくなってしまいました。乗務員の説明によれば、カラ梅雨の影響でまだ山頂付近まで開花が進んでいないとのことでした。

 こうしてすっかり暗くなった強羅駅に到着。ここでしばらく休憩し、7時40分過ぎのあじさい電車で折り返します。途中、天然のホタルが見えるところがあるとの乗務員の説明があり、私を含めて車内から必死にホタルの姿を探してみました。最初はなかなか見つかりませんでしたが、かすかに光る小さな物体を見たときには正直感動でした(^^)。

 やはり宮ノ下で小休止し、8時半過ぎに終点の箱根湯本へ戻りました。真夏日で幾分暑い箱根でしたが、あじさいの花を目にして多少なりとも涼しい気分を味わうことが出来ました。

ajisai1

先頭から見た沿線のあじさい

ajisai3

見事に咲いたあじさいの花

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.06.26

ホリデー快速河口湖号

 昨日のイベントへの行きすがら、大宮駅から臨時快速列車「ホリデー快速河口湖」号に乗って行きました。大宮発着のホリデー快速に乗るのはホント久しぶりでしたが、八王子方面へ向かう直通列車が定期ではないだけに、こうした臨時列車はありがたい存在であります。

 さて、大宮駅3番線ホームにやってきたのは、183系でした。かつて「あずさ」で使用されていたカラーの車両ですが、近年E257系の投入でお役御免となった183系が臨時の快速列車の運用につくことが多くなりました。元々特急型の車両なので、座席はゆったりとしてて快適ですね(^^)。

holiday_kawaguchiko
183系ホリデー快速河口湖号(大宮駅にて)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.25

三鷹駅開業75周年イベント

 まだ体が火照っております(笑)。いやぁ、今日は暑かったですねぇ(^_^;)。帰宅してTVを付けたら、今年一番の暑さだったとか。こりゃ、汗も出るわな・・・。

 そんな気候の中、三鷹駅開業75周年のイベントに行ってきました。まずは高尾駅でイベント列車を待ちました。三鷹からの電車に乗る予定だったんですが、この後の電車区の公開もあるので、高尾へ向かいました。

 やってきたのは103系。通常武蔵野線で見かける車両ですが、中央線でオレンジ色の電車が走るのは久しぶりかもしれませんね。それにしても、103系にこれだけのマニアさんが訪れるというのも時代の流れですかね???

06250006-1

75周年記念イベント列車(高尾駅にて)

 10時48分、満員のイベント列車は高尾駅を出発しました。特急も停車する八王子や立川を通過、途中東小金井で特急列車の通過待ちをして、11時半過ぎに三鷹に到着しました。ここでもマニアさんのフラッシュの放列が激しいものがありましたが、私はこの人ごみを避けるべく中央特快で吉祥寺へと逃げました。

 昼食を食べて再び三鷹へ戻りました。時刻は正午。すでに電車区見学の長い列が出来ており、その列は駅舎を出て外へ続いておりました。私もこの列の最後尾に並びました。いやはや、どこまで続くのか・・・。際限のない長い列は正直私自身意気消沈としてしまいました。

 12時半過ぎにJR社員が入場制限をする旨の放送を流し、一時は騒然としました。幸い列に並んだ人は入れるとのことですが、この放送を聞いた人の中には駅員に食って掛かる人の姿も見かけました。

 結局延々待つこと2時間、午後2時過ぎにようやく電車区に入ることが出来ました。いやぁ、待っている間が長かった。。。今日のような暑さじゃ熱中症になるんじゃないかと気が気じゃなかったですよ。

 そんなわけで、これ以上は何も書く気になれません(;´Д`)”。

06250015
201系「四季彩」

06250017
勢ぞろい

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.24

1週間は長かった

 2週間の療養明けで通常の生活に戻った1週間でしたが、今日はその疲れが一気に出ましたねぇ。今は自宅に戻っているのでほっとしていますが、週末はのんびりと過ごしたいところです。

 気候もジメジメとした、何とも過ごしづらい季節がやってきました。体調に気をつけねば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

蒸し暑い一日

 でしたなぁ(^_^;)。朝のうちは雨が降ってたんですが、昼頃には止んでしまい日も指しました。

 そんな最中、職場の研修へ行ってきました。何でも電子決裁のシステムなるものを導入するんだそうですが、そういえば私の相方の会社もそんなシステムが入ってるって言ってたっけなぁ。。。

 とはいうものの、いったいどんなものなのか、話を聞いただけなので、よくわからないまま帰ってきました。結局は実際に導入してからじゃないと判らないんだと思う。まあ、慣れちゃえばなんてことはないんでしょうけどね。

 便利になるのかどうかはわかりませんが、ありとあらゆるものが電子化されていく世の中ですな。その分、怪しい事件も多発しており、洒落にならないようなことも起きつつあります。確かに大量のデータを扱えるという点では電子化はいいんだろうけど、トラぶったときのリスクも大きく、その際には多大な被害を被るということには、「いったい、電子化って、いいことなんだろうか???」と考えたりもします。

 あまり書くことがない今日ですけど、だらだらと書いてしまいました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

クレジットカード受難!

 アメリカでクレジットカードの個人情報が漏洩したことが判明し、国内でも各クレジットカード会社が対応に追われておりますが、そんな中、それを悪用した詐欺が現れました。

 毎日新聞:「漏えい悪用:マスター装い電子メール フィッシング狙う

 おそらく、一連の騒動を悪用した詐欺は出るだろうなとは持ってたけど、何か、キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! って感じですな。もしかして、漏洩自体も詐欺グループがわざと流し、それに慌てふためく利用者を巧みにだましてやろうという魂胆ではありますまいか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.06.21

SLあそBOY今年で終了

 豊肥本線の熊本と宮地の間を走った「SLあそBOY」号が、今年の8月末をもって運転を終了するとのことです。

 参考:JR九州熊本支社サイト

 上記のサイトによれば、「SLあそBOY」が運行を開始したのが1988年の8月。まる17年間走り続けたことになります。この頃のJR九州は、「ハイパーサルーン」785系や「ゆふいんの森」、それに「オランダ村特急」といった、それまでの国鉄にはない斬新なアイディアを打ち出していた頃だったと思います。イメージキャラクターに福岡出身の酒井法子を起用するなど、他のJRと比べても魅力のある会社でありました。

 実は私もそれから1年後の89年に長崎に住むようになったので、当然ながらJR九州にはかなりお世話になりました。東京当たりを走らせても決して遜色のない車両は魅力たっぷりでしたね。酒井法子関連のオレンジカードも売ってたりして、よく買ったものでした(笑)。

 今回の取りやめの理由はSLの老朽化によるものとのことですが、登場当時にはSLはすでに現役を退いていたわけで、それを考えればよく17年間も持った気がします。

 とにかく、「お疲れ様」といいたいですね。

58654
阿蘇駅に到着した「SLあそBOY」号(1991年10月)

ohafu50701
「SLあそBOY」用の客車(50系客車の改造でした)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005.06.20

福知山線運転再開

 脱線事故からほぼ2ヶ月。福知山線がようやく動き出しました。生活で利用している人にとっては待ちに待った再開でしょう。

 亡くなった人への補償や会社の信頼回復など、まだまだ問題は山積みですが、その第一歩を踏み出したことになります。あれだけの大きな事故ですので、全て解決するまでには長い年月が掛かることは必至ですが、こればかりは前へ進まなければならず、会社にとっては険しい道のりです。

 運休中の損失は25億と言われておりますが、遺族や負傷者への補償を加えるとかなりの金額を背負うことになります。これをどうやって作り上げていくのか、大変気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.19

小田急9000系@藤沢駅

 おととい訪れた鎌倉への途中、藤沢駅から片瀬江ノ島へ向かう小田急電車に乗車しました。待っていたのは9000系。廃車される編成も出てきているということで、引退するときも近づいているようです。

 VSEや通勤型3000系などの新しい車両が投入される中、長年親しまれてきた車両が引退するというのは当然の流れですが、白地にブルーの帯を締めた小田急の車両が少なくなっていくのは何か複雑な思いがしますね。

odakyu9405
小田急9000系(藤沢駅にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

万博といえばこちらでしょう(大阪万博)

 HACHAPPさんのblog「HACHAPPの日記」に書かれていた「タイムスリップグリコ」を読んで、3年前の4月に訪れた大阪の万博記念公園を思い出しました。ここのシンボルというべき「太陽の塔」は健在でしたが、もう一つ往時を偲ばせるものとして「エキスポタワー」がありました。今は老朽化で取り壊されてしまい現存しませんが、万博開催のときの写真に写っていたエキスポタワーは、近未来の都市の様子を思わせる建物で、さぞかし輝いてたんだろうなぁと思いました。

 もちろん3年前に訪れたときは、中に入れないのは元より全体的にくたびれた印象を受けました。ああなってしまっては、まさに"無用の長物”といったところでしたか。

 ここは遊園地も併設してるんですが、日曜というのに閑散としてて不気味な感じすら覚えました。大阪の市街地からさほど遠いところにあるわけでもないのですが、あれだけ盛大に万博が行われたところとは思えないほどの静けさにいささか面食らいました。

taiyotower

大阪万博のシンボル的存在「太陽の塔」

expotower

エキスポタワー。今は取り壊されてしまいました。

osakamonorail2111

おまけですが(笑)、万博記念公園へは大阪モノレールで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行記を更新

 私の旅行記blog「MATT旅行電視台 blog version」の旅行記を一つ更新いたしましたので、ご報告します。昨日訪れた鎌倉の記録です。たいしたところは行っておりませんが、まあ暇がありましたら見てやってください(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

しょうぶ沼公園@足立区

 今日もリハビリを兼ねて電車に乗ってきました。行き先は東京メトロ千代田線の北綾瀬。例の全駅スタンプラリーの押印が一番の目的だったわけですが、北綾瀬駅のすぐ裏手にあるしょうぶ沼公園ではちょうど菖蒲の花が見頃でした。それほど広い公園ではないのですが、色とりどりの菖蒲が公園を訪れている人の目を楽しませてくれておりました。

06170003

06170006
しょうぶ沼公園の菖蒲(画像上下とも)

 そんな綾瀬と北綾瀬との間を行き来していたのは、以下の車両でした。

06170002
千代田線綾瀬支線用車両・5000系

 以前訪れたときには、6000系の試作車が運用についていたんですが、今日はこちらでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

野茂通算200勝

 毎日新聞:「野茂200勝:「これで終わりじゃない」と気持ち新たに

 日本人メジャーリーガーの草分けとして活躍してきた野茂英雄投手がプロ通算200勝を達成いたしました。思えば、今はなき近鉄バファローズからドジャースへ移籍したのは'95年。もう10年が経つんですね。当時は日本人が大リーグでプレーすることなど夢のまた夢という状況でしたが、この厚い壁をぶち破り、日本人もメジャーで通用することを立証した選手となりました。

 松井、井口、イチローなど、野茂が切り開いた道を多くの選手が歩むことになったわけですが、そういった意味で野茂選手の活躍は充分に「殿堂入り」に値する活躍ではないかと思いますね。

 今はデビルレイズという決して強くないチームでプレーしておりますが、今だ「ドジャースの野茂」という印象が強いですね。それだけに、レッドソックスからドジャースに復帰したときには、ドジャーブルーのユニフォームが野茂には一番似合う気がしました。去年の暮れに退団することになったときは正直残念でしたね。

 そんな野茂選手ですが、一度だけ球場でその姿を見ております。'92年のシーズン中、ダイエー対近鉄戦。この試合はダイエーの本拠地だった平和台球場最後の試合で、私もそれまで一度も観戦したことがないこともあり、長崎から高速バスに乗ってわざわざ福岡まで足を運んだ試合でした。ダイエーも入団したばかりの若田部で、両投手ともエースらしい投げ合いを演じました。最終的には、8回裏にダイエー・広永選手のホームランが出て、野茂投手は負け投手となってしまいましたが、”トルネード”が平和台の最終戦で見事に舞い上がりました。

tb_mlb

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.06.15

East-i_D真岡鉄道に入線

 先週来患っておりました足の病気ですが、おとといの月曜日に病院へ行ったところ、もう大丈夫だろうとの診断をいただきました。今日はそのリハビリを兼ねて栃木県を走る真岡鉄道に乗車してきました。

 最大の目的は、「関東の駅百選」スタンプラリーのスタンプ押印でしたが、その帰り道、折本駅で珍しい列車と行き違いました。

06150010

 検査車両については旅客に比べるとあまりよくわからないのですが、検査車両「East-i_D」キヤE193系です。こんなところで出会うとは思いもよりませんでしたね。この後、茂木まで向かったんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

野田線に女性専用車

 私の別blog「岩槻的網状日誌」でも記したのですが(記事はこちら)、東武野田線に女性専用車両が登場することになりました。柏よりの最後部1両目を始発から午前9時まで専用車両にするとのことで、今月20日より開始されます。

 埼京線などの首都圏へ向かう路線に比べれば車内の混雑はかわいいもので、なぜ野田線の導入されるのか今ひとつ釈然としないところであります。特段痴漢の発生率が高い路線とは思えないのですけどね。

 今は野田線を通勤で使うことはなくなってしまいましたが、大変気になることがあります。それは、岩槻駅の朝のラッシュ時間帯における大宮方面へ向かう上りホームの大宮寄りは大変な混雑で、これを避けるべく私は比較的空いている最後部車両に乗るようにしておりました。実際に岩槻駅では、空いている後方車両から乗車するよう促すアナウンスが朝のラッシュ時にはよく流されております。

 今回の専用車両の導入で、最後部より前の車両の混雑がさらに激しくなるんではないかと危惧します。

 それともう一つ。野田線の大宮駅は一面だけの終着駅で、朝のラッシュ時には改札付近は電車から降りる乗客の流れが滞るほどの混雑であります。このことから、なるべく前方の車両に乗車したいという乗客の流れは自然のことで、一分でも早く移動したい乗客が専用車両に乗車するのかどうか疑問なところですね。むしろ、朝ではなく夜の時間帯の導入の方が理に叶っているんじゃないかと思うんですけどね。

 まあ、今となっては野田線を生活路線として使わなくなってしまったので勝手なことは言いにくいところですが、この路線に導入するのはどうなのかと考えさせられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Queen】We Will Rock You

 紹介するまでもない、Queenの名曲であります。ここ最近、TVのCMやドラマでも取り上げられているくらい誰でも一度は耳にしたことがある曲でありますが、これだけあちこちのメディアに登場もすればいやでも誰の耳にも入ることになり、見方を変えれば、一番万人に聴かれている曲なのかもしれませんね。

ドラマ「anego~アネゴ~」TV局公式サイト

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.06.13

花田家騒動に思う

 普段はお目にかかれない日中のワイドショーを楽しんでいる毎日であります(笑)。

 そんなワイドショーで最近取り上げられているのが、先日他界した先代貴ノ花の息子の話題。先週は次男である貴乃花親方が、それまで心に秘めていた思いをメディアにぶち上げ、兄や実の母に対する不満を切々と語っている姿は、TV各局で目から離れないほどに放映され続けておりました。

 外野がどうこう言うのは勝手だしどうでもいいことではあるんですが、思うにこの貴乃花親方には強力なブレーンor親友がおるんかなと思いたくなってしまうんですね。夫人はまあ信頼しているようですけど、同時期に活躍した力士や同じ部屋の兄弟弟子など、彼はこうした交友関係からは孤立している気がしないでもないのですが・・・。

 別にライバ・ル曙でもいい。武蔵丸でもいい。援護射撃してくれるような”親友”がいるのといないのとでは、彼自身も違ってくる気がするんですけどね。。。

 そんな中、思い出すのが、今年の始めに起きた兄弟子・安芸ノ島の転籍問題。貴乃花親方が認めるか認めないかで騒動になった問題ですが、すったもんだやったあとで転籍を認めることとなったのを覚えています。後、これは特段騒動にはなりませんでしたが、元大関・武双山の年寄・藤島襲名。父である故・二子山親方が最初に襲名した年寄株をいとも簡単に手放したのは、何とも解せないところであります。

 今日は何とか無事に相撲協会葬を執り行うことが出来、こちらは何よりでありましたが、野球同様沈下状態の相撲界だけに、こうしたきな臭い問題は引きずってもらいたくないところであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.12

おかわりクン

 野球に関しては、今年はイマイチ自分的には盛り上がらないのでありますが、不調のライオンズに期待の若手が活躍中であります。

 中村剛也内野手。1メートル70センチちょっとと小柄ながら90キロ以上はあると思われるずんぐりとした体格。いかにも飛びそうな体つきであるんですが、その通りでパンチ力がある選手であります。

 開幕は1軍メンバーに入ることが出来なかったようですが、不調の1軍ということもあって、早い時期に上がってきました。すると打つわ打つわで、もう二桁のホームランをかっ飛ばす活躍をしております。インタビューなどで語る彼の言い回しから「おかわりクン」なる愛称も付いたようで、着々と人気選手の仲間入りを果たしつつあります。

 そんな中村選手ですが、おととしの秋にロッテ浦和球場でその姿を見たことがあります。この時は2軍でしたが、ライナー性の当たりを外野へ飛ばすなど、バッティングに何かを感じ取ることが出来ました。この時は早く1軍でその姿を見たいものと思っていただけに、今の活躍は感慨深いものがありますね。

 同期の栗山外野手同様、若いライオンズの顔としてがんばってもらいたいものです。

tb_lions

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2005.06.11

ひかりは速いよ♪

 といっても、新幹線ではなく、通信環境の話。もう1週間が経ちましたが、先日自宅に光ケーブルが導入されました。それまではADSL回線だったんですが、あまりの遅さに閉口し続けておりました。

 やっぱ、光は速いですなぁ(^^)。実家ではCATV回線で使ってたんですけど、それと同等の速さで展開してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

蜂窩織炎を患う

 ご無沙汰です(笑)。まるまる1週間サボっておりましたが、実は左足を痛めてしまいまして、この1週間は病院に通院する毎日でした。まだ完治していないのですが、来週早々の検査次第といったところです。

 ちなみに私が患ったのは蜂窩織炎というもので、雑菌が入り込んで炎症を起こしたというもの。もちろん足の甲は真っ赤に腫れ上がりました(痛)。もうだいぶ腫れの方は引きつつありますけど、まだ湿布を貼っている状態です。

 実はおととしのちょうど今頃にも同じ病気で療養してたことがありました。どうもこの時期は気をつけないといけないようですね。

続きを読む "蜂窩織炎を患う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

広瀬川原車両基地イベント(秩父鉄道)

 今日は秩父鉄道のイベントに行ってきました。広瀬川原車両基地での開催は今回が始めてとのことで、久しぶりの未踏地でのイベントとあって非常にワクワクしておりました。

 会場まで行くにあたり、羽生駅から会場までの臨時列車を利用しました。羽生駅に着いた10時前には、すでにこの列車に乗車するであろう人の姿を大勢お見受けしました。窓口では、「広瀬川原」と入った乗車券が飛ぶように売れており、私も一枚手に入れてきました。イベントの後、三峰口へ行きたかったので、実際にはこの乗車券では乗らずに、別に1日乗車券を買いました。週末だけ利用できるきっぷですが、1,400円で一日乗り放題なのでお得感がありますね。

06040004
広瀬川原行き臨時列車

 さて列車は、10時30分に羽生駅を発車しました。急行「秩父路」に使われる3000系ですが、去年の秋からは羽生駅にも乗り入れるようになりました。乗り入れてすぐに乗車したことは当blogでも記しましたが、貴重な元国鉄の165系がネタ車なので、末永く活躍して欲しいですね。

 途中行田市に停車し、高崎線との接続駅である熊谷では立ち客も出るほどの混雑となりました。3両編成の車両でしかも通常の乗車券のみで乗れるとあれば、これだけの混雑も頷けるところですね。そんな中、列車は終点の広瀬川原車両基地に到着しました。

 到着直前、出口が先頭車の一箇所のみとのアナウンスが流れました。これだけの混雑であれば下車するのに一体どれくらいかかるのだろうかと考えてしまいましたが、案の定停車して10分が経過しても一向に列が動き出しませんでした。ちなみに私は最後尾に乗っていたんですが、後方にいた小さい子供も時間が経つに連れて泣き出してしまう有様で、このあたりはもう少し改善の余地があるんじゃないかと考えてしまいました。

 さて、会場に入り電機や怪しい留置車両など(笑)、一通り目にしました。この後はお決まりの記念モノの物色でしたが、いやはや、列が無秩序に出来ていて、一体何の列なのか一瞬わからなくなってしまいました。一番長い列がきっぷの列ということで並んでみたんですが、とにかく列が進まずいい加減なところでやめてしまいました。会場が狭い上に、配慮を欠いた配列のおかげでスムーズに進まない様子が明らかに感じ取れましたね。せっかく多方面のイベントに出展している会社なだけに、このあたりの対応にはマイナス面を感じてしまいました。

06040005
”広瀬川原”と書かれた特製の駅名板も登場

06040007

06040008
秩父鉄道お馴染みの機関車も来てました

06040009
怪しげな車両群

 結局、時間もなく12時半過ぎにイベント会場を後にしました。やはりこの会場でのイベント開催は無理があったかな?

 この後は、三峰口までのんびりと汽車の旅を楽しんできました。元国鉄の101系に揺られ終点三峰口に着いたときには、空に厚い雲が漂っておりました。

06040010
元国鉄101系の1000系

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.03

ガードレールは危険地帯

 昨日あたりから、TVのニュースなどでしきりに報じられているガードレールの継ぎ目に付けられた金属片。埼玉県では中学生が接触して怪我をするという事故まで起きております。今日になって、埼玉の件は、自動車がガードレールに接触した際に付いた金属片であることがわかったようですが、いたずらという説もあるだけに大変気になるところです。

 普段なんでもなく目にするガードレールですが、もしいたずら目的だとすれば、大変由々しい問題ですな。便乗犯が出てくることが一番いやなところでして、こうした行為は許してはいけないものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

酒の席で殴り続ける

 毎日新聞:「暴行:酒席で男性職員の頭を1時間も殴り略式命令 北海道

 単純に考えて、なんで周りにいた人間が止めに入らなかったのかと突っ込みたくなりますな。もっとも、トイレとかで一目につかないところで殴ったのかどうかはわかりませんけど、それにしても、命を落とさなかっただけでも幸いと考えなきゃいけない事件であります。

 以前も書きましたが、職場や家庭内での暴力も今は被害届として警察に出す時代になってます。昔だったら内々にしておくところなんでしょうけど、それだけに現代の人間関係がドライになったことの表れでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

今日の電機

EF65―1101がいます。050601_075510.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »