« 熱い夏~スタンプラリー | トップページ | 久し振りに »

2005.07.16

成果主義が社会を滅ぼす

 産経新聞:「手取り2万円は憲法違反 富士火災社員が仮処分申請

 検索サイトでこの会社のサイトへ行こうとしたら弾かれました(笑)。それよりも、もしこの会社の外交員が勧誘にやってきたら、契約はしたくないですな(-_-)。何か騙されそうで・・・。

 と、冗談はともかく、JR西日本の日勤教育の時のような、”失敗したらボーナスカット”というノリですな。高見運転手が”恐怖”の日勤教育を避けたいがために無茶な回復運転を行い、これがあの尼崎の大惨事を引き起こしました。これを保険会社に置き換えれば、成果を上げたいがために顧客にウソの内容の説明までして契約をさせる。それで自分の成績を上げた社員が会社内で有能であると評価される。これが成果主義ということでまかり通ることになりゃしないかと心配です。

 そもそも、日本の風土には成果主義が馴染まないと思うんですけどいかがでしょうか?努力をした者に対してそれなりの報酬を与えるのは当然ですが、失敗をしたらマイナスしていくというやり方では、思うような成果が期待できず、それはそれで企業や社会にとってマイナスではないかと思うんですが。。。

|

« 熱い夏~スタンプラリー | トップページ | 久し振りに »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 たべちゃんです。1年前の記事ですが、トラックバックさせていただきました。

 「成果主義」は聞こえはいいようですが、かなりの問題はありますね。ポイント稼ぎに走りやすいですし、上司の評価を得ようとしてゴマをする従業員も出てきます。

 従業員の能力を多面的に評価できないと、せっかくの「成果主義」も害しか生み出しません。

投稿: たべちゃん | 2005.07.17 22:03

こんにちは。

たべちゃんのコメントにもある様に、一見公平そうに見える制度も、所詮「人間」が運用するものですから、恣意的に「給料を減らす」道具として使う事ができたりするものです。

見事にやられた経験者です。有無を言わさず、飲まされました。まあ、上司の資質にも寄る所なんですけどね。でも、負けませんよ(^^)

投稿: とし | 2005.07.19 02:09

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 記事にも書きましたが、一番怖いのは、成果を上げようとするあまりに、いかなる手段を使ってでも達成しようとする流れがまかり通ることではないかと思います。売上げ至上主義に走るあまり、顧客のみならず従業員の安全性すら犠牲にするという風潮は絶対にあってはならないと思いますね。

 それまでの日本では年功序列で給与が安定的に伸びるという社会でした。それは画一的とか横並びとか談合というマイナス面も生み出しますが、それとは対を成すシステムを植えつけることは容易ではないですね。

投稿: mattoh | 2005.07.19 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/4998957

この記事へのトラックバック一覧です: 成果主義が社会を滅ぼす:

» 日本の会社の人事システム [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 昨日の日経の朝刊に、人事制度につき興味ある記事をみつけました。かつて、日本の会 [続きを読む]

受信: 2005.07.17 22:37

« 熱い夏~スタンプラリー | トップページ | 久し振りに »