« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.31

ガーファンクル麻薬所持で逮捕!

 「明日に架ける橋」や「サウンド・オブ・サイレンス」などの名曲を残したサイモン&ガーファンクルですが、そのうちの一人、アート・ガーファンクルがマリファナを所持したとして逮捕されました。

 ZAKZAK:「ガーファンクルまた“荒波”マリフアナ所持で逮捕

 逮捕のニュースはそれなりにショッキングでありますが、こうしたことで、「サイモン&ガーファンクル」の名前が思い出されることになるのはちょっと考えさせられるところです。

 手持ちにあるサイモン&ガーファンクルのベストCDがこれ(↓)。「サウンド・オブ・サイレンス」や「冬の散歩道」といったメジャーどころを抑えているのがいいですな(^^)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.30

アンテナショップへ行く

 各都道府県の名産品などを販売するアンテナショップが都内至るところにありますが、これらのアンテナショップで買い物しスタンプを集めて応募すると、各地の名産品が当たるというキャンペーンが行われております(詳しくはこちら)。実は期間は明日までということで、今日の夕方、仕事帰りに回ってまいりました。

 まず訪れたのは、新宿駅南口にある「広島ゆめてらす」。ここは5月に結婚式を挙げたときに見つけたのですが、まず目立ったのは、入口にあったカープのコーナー。赤ヘルらしく赤一色に染まった一角になっておりました。もちろん、サンフレッチェのグッズコーナーもありましたが、さすがにこれらのグッズを買うのは避けて、酒どころである西条のお酒を一本買いました。ここでは、特製のクリアファイルが貰えました。

 続いては、中央線に乗り神田で乗り換え、有楽町へ。ここはアンテナショップが集中しているところですが、駅前の交通会館内にある「いきいき富山館」へ。ここは海産物があれこれありましたが、結局は味噌を買いました。子供の頃、TVでやってた「日本海味噌」のCMが思い出されますな。ここでは、ペットのミネラルウォーター1本をゲット。

 3件目は、「いきいき富山館」のまん前にある「わかやま喜集館」へ。ここへ来たときは閉店の数分前でしたが、ほんと駆け込みでしたねぇ(^_^;)。よって、迷っているのも悪かったので、レジの前にあったゴマ豆腐を2個購入。ここでは布製のバッグが貰えました。

 アンテナショップの存在は以前から気になっていたんですが、旅先で味わった名産を気軽に味わえるということでは、今後ももっと利用したいところですね。出来れば、我が埼玉県のアンテナショップも欲しいところですけど・・・(^_^;)。

IMG_0202a

今日の”戦利品”

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

保存車両にアスベスト

 全国の公園や駅前などに静態保存されているSLなどの車両にアスベストが使用されているということで、JR東日本が実態調査を行うとのことです。

 昨今話題になっているアスベストですが、自治体が所有する施設や公共施設などでどれだけ使用されているかの実態調査が早急に行われております。ただ、こうした不特定多数が利用する施設に比べると、展示してあるだけのいわば”オブジェ”に対しての調査というのはあまり聞いたことがありませんね。

 今後、どういう結果が出てくるのか、大変気になるところですが、もう一つ気になるのは、各地の自治体で保存されている車両の中には、かなり状態の悪い車両もいることですね。塗装はおろか鉄板も剥げ落ち、窓ガラスも割られた状態で保存されている車両を見たことがありますが、自治体の懐具合の悪さを考えれば、こういうところにはなかなか補修費用が回ってこないことの現れですね。その結果、解体あるいは撤去という運命を辿ってしまう車両が今後増えてきそうな気がします。

 朝日新聞:「展示SL車両にアスベスト使用の可能性 JR各社調査へ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.08.28

競輪場に行った

 突然ですが、生まれてこの方、競馬、競輪などのギャンブルはほとんどしたことがありません。悪友に連れられてパチンコはやったことはあるんですが、ギャンブルといえばそれくらいしか経験したことがないという輩であります(笑)。

 そんな身でありますが、競輪場へ足を運ぶ機会が訪れました。競輪場で遊んだ方々が駅で続々乗り込んでくる姿は何度となく見ているんですが、人生の中で全く縁がなかった世界に今日始めて入ることが出来ました(ちょっと大げさかも・・・(笑))。

 ご存知の通り、公営ギャンブルはどこも厳しい現状でありますが、少しでもお客さんを増やすべくファンサービスを行うところもあるようです。今日訪れた大宮けいりんも、開門時に選手がお出迎えをしたり、トークショーやローラーといって固定した自転車を漕いだりするという実演をしたりしておりました。お客さんは選手と記念撮影を行うなど楽しんでいかれた様子が伺えました。

 大宮けいりんには”昇竜くん”なるキャラクターがいることを始めて知りました(詳しくはこちら)。カラーならそれなりに見栄えがするんですけど、白黒で出すと頭に乗っているものがなんだか判らないですな(笑)。

 何はともあれ、今日一日新しい世界を見ることが出来ました(またまた大げさ(笑))。これでギャンブルの世界に足を突っ込むということにはなりそうもないですけど・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.08.27

入曽に行ったらデジカメ逝った

 今日は西武の南入曽車両基地で行われたイベントへ行ってきました。ここの公開は確か初めてだったと思いますが、とにかく駅からエライ離れてましたねぇ(^_^;)。今日はそれほど暑くはなかったのが幸いしましたが、それでも歩けば汗もでる陽気でしたから、入曽駅に戻ってきたときには汗でシャツが濡れておりました。

 さてイベントですが、会場で致命的なハプニングが起きました。なんとデジカメが動かなくなってしまったのです(;_:)。電源を入れてもズームは動くもののすぐに収納され、その後はうんともすんとも云わなくなってしまいました。いやはや、これには参りましたよ。今までこんなことはもちろん一度もなかったんですけど、鉄道のイベントでカメラが使えないというのは、正直会場にいても居辛い気持ちになってしまいました。

 結局、20分もいることなく帰ることになったんですが、今日はこれで半分はブルーでしたね。

 ちなみに今まで持っていたのは、カシオのQV3000EXというヤツ。今から5年前、川越でオフ会があったときに今まで使ってたデジカメを落としてしまい、そのかわりに買ったヤツだったんですが、当時としては300万画素というのがまだそれほど一般的ではない頃だったので、鮮明な画像に驚きを持ったものでした。それを考えると、2万円そこそこで500万画素クラスが買えるというんですから、随分と時代が変わったものだと感じました。

 そうはいうものの、デジカメがない生活が考えられない今の私としては、早速後継の機種を帰りに購入してきました。いちおー、コンパクトフラッシュが使える機種と思って探したんですが、今はSDメディアが主流のようで、CFが使えるデジカメというのは小数になってしまったんですね。そんな中、CFが使える機種を探したところ、キャノンのPowerShot S70というのがありました。画素数が700万と、今まで以上に鮮明な画像が撮れそうですが、その分画像処理に難儀しそう・・・。結局これを買うことにしました。

 ちょっと出費が痛いところではありますが、止むを得ません。ここ数日は新しいカメラを使いこなせるよう、いろいろといじくる日々となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.26

銀河高原ビールが清算へ

 地ビールのはしりとして登場した銀河高原ビールですが、親会社の東日本ハウスが清算すると発表しました。

 岩手日報:「銀河高原ビール清算へ 東日本ハウス

 地ビールといえば思い出すのがこの銀河高原ビールですね。今でこそ各地で地ビールが製造されていますが、そのはしり的な存在でした。初めて飲んだのは、オフ会の夜の部で有楽町駅近くの専門店にいったときでしたが、今まで苦味のあるビールばかり飲んでいただけに、こんなにフルーティな味わいのビールがあるのかと驚いた記憶があります。

 今後は別の会社が引き受けていくことになるようですが、あの味をぜひとも末永く続けて欲しいものであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.25

【8/24】乗ってきましたつくばエクスプレス

 すでに1日過ぎてしまいましたが、予定通りつくばエクスプレスに乗ってきました。それにしても、昨日はTV各社で開業のニュース報道が流れてましたが、自宅を出るときも始発列車の様子や駅からの中継映像が流れるなど、かなり注目されていました。

 当日どのように行こうかとあれこれ考えましたが、結局野田線で一気に流山おおたかの森まで向かいました。やはり野田線との接続駅はご挨拶したいところ、新しく出来た野田線の駅を見てみたいところでした。

 で、流山おおたかの森には9時10分ほど前に到着しました。昨日開業したばかりの駅ですが、TXとの接続駅ということもあって、大きな駅ですね。

流山おおたかの森東武駅舎'05.8.24

流山おおたかの森TX駅舎'05.8.24
流山おおたかの森駅(上:東武駅、下:TX駅)

 TXの改札付近では、式典の準備が行われていて、開業日らしい雰囲気が駅構内に漂っておりました。そんな中、券売機の脇ではパスネットカードの販売が行われておりましたので、私も購入しました。あいにく開業記念のセットモノは売り切れとのことで、駅限定のカードを買いました。

TX-2000系@流山おおたかの森'05.8.24
つくば方面へ向かうTX列車

 9時半発の秋葉原行き快速に乗車。駅を出発すると、ぐんぐんスピードを増していきました。加速がいいですねぇ。あれだけの走りっぷりのよさは大手の私鉄でもそうそう味わえないでしょうね。あっというまに次の停車駅である南流山に到着しました。その後、三郷中央、八潮という埼玉県内の駅を通過し、北千住に到着しました。ここからは各駅に停車し、10時過ぎに終点の秋葉原に到着しました。

 改札を出ると、付近は記念のカードを買う人の長い列。たくさんの人でごった返しておりましたcoldsweats01。そんな中を掻き分けるように地上へ出てみましたが、一瞬位置感覚が判らなくなってしまいました。何度となく訪れている秋葉原ですが、まさに「ここはどこ?」といった状態でしたね。目の前にあった茶色い建物を見てようやく位置が判ったんですけど、しばらく来ないうちに周辺の様子がすっかり変わってしまいました。

 その後、しばらく都内をぶらぶらし、午後2時過ぎに北千住から再び乗り込みました。

TX-2152@北千住'05.8.24
つくば行き快速列車

 快速列車は途中、南流山、流山おおたかの森、守谷という他の鉄道線と接続する駅にしか停車しないので、通過する駅を一気に通過していきました。行くときも感じましたが、かなり飛ばしているという印象を感じました。秋葉原とつくば間で最速45分とのことですが、これは今までの交通機関を考えるとかなり画期的な時間といえるでしょうね。もちろん、今まではバス路線や乗換えという手段しかなかったわけですが、一気に都内まで行けるというのは大きな魅力でしょうね。

 さて、利根川を渡り茨城県内に入ると、沿線にはそれまでの構造物の林から田園風景へと変わっていきました。広大な平野部を颯爽と走る様子は、ますますスピード感を感じさせてくれましたが、この時は車窓を眺めていると気持ちのいいものでしたね。

 こうして、あっという間に終点のつくば駅に到着しました。改札を出るとここでもきっぷを買う人の長蛇の列が出来ておりました。おまけに周辺ではイベントも開催され、大勢の人でごった返しておりました。

つくば駅舎'05.8.24
つくば駅

 こうして無事に完乗をすることが出来ました。今回は途中下車をする余裕がなく、埼玉県内に出来た駅も訪ねることが出来ませんでしたが、こちらは機会を改めて訪ねてみたいと思います。

 こういう本がありました(↓)。私も読んで見ましたが、TXの可能性を感じさせてくれる内容です。

関連記事
首都圏新都市鉄道—前編— (岸田法眼様)

# タイトルの一部修正、画像の差し替えを行いました('11.11.5)

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2005.08.24

TXの車内です

北千住を出て埼玉県に差しかかるところです。これからつくばへ行ってきます。050824_141141.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.08.23

TX開業前夜

 いよいよ明日に迫ったつくばエクスプレスの開業ですが、今週になってTVでも取り上げるところが出てくるようになり、各方面から注目されていることが伺えます。

 僭越ながら、明日は休みをとりました(^_^;)。もちろんつくばへ出向く予定です。もちろん全線完乗はいうまでもありませんが、同時に野田線との接続駅となる流山おおたかの森駅も開業となるので、野田線で向かうことにしました。

 いずれにせよ、明日以降、行ったときの様子でも記事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

205系初期車京葉線へ

205_omiya

 昨日の続きです。とはいっても、ほとんどおまけのようなモンですけど・・・。

 鎌倉から湘南新宿ラインで大宮まで辿り着きましたが、11番線ホームから大宮工場の方向を見ると、京葉線カラーをまとった205系が留置されておりました。しかもよくよく見ると、かつて山手線で活躍してた初期車でした。

 山手線から運用離脱した車両がどこへいくのかと思ったら、京葉線だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

さよならチョコ電~江ノ電

 今日は鎌倉へ行っておりました。目当ては、来週までの運行となった江ノ電の”チョコ電”こと、304編成です。

 湘南新宿ラインで藤沢に到着したのが2時近く。すぐに江ノ電の乗り場へ向かいます。さすがに日曜とあって、券売機の前は混んでましたが、何とかきっぷを買いホームへ入ります。

 入線してきたのは305編成。こちらは通常のグリーンを基調としたカラーですが、チョコ電がどの当たりを走っているのか見当が付かなかったため、とりあえずは乗ってみることにしました。

enoden305_050821

305編成(藤沢駅にて)

 江ノ島で行き違いがありしばらく停車しておりましたが、反対ホームに入ってきたのが目当てのチョコ電でした。さすがに対面式のホームでは走って乗るわけにも行かず、一つ先の腰越まで行って待つことにしました。

 腰越駅前で行き来する江ノ電を眺めながら時を過ごしました。ここは道路上を電車が走る併用区間となっているので、カメラを持った人の姿をたくさん見かけました。メディアでも度々紹介されているところとあって、人気の撮影スポットになっているんでしょうね。

koshigoe_heiyou1

koshigoe_heiyou2

腰越の併用区間を行き来する電車

 こうして2、3本行き来する電車を見ながら、いよいよチョコ電に乗り込みます。チョコ電に乗るのは今回が初めてでしたが、レトロな雰囲気を感じさせてくれますねぇ。来月には車両自体も引退するとのことで沿線ではイベントも行われるとのことですが、再訪したいところです。

enoden304_inamura

チョコ電も来週限り(稲村ヶ崎にて)

tyokoden_kamakura

鎌倉に到着した”チョコ電”


| | コメント (0) | トラックバック (4)

古河歴史博物館

 昨日の続きです。

 宇都宮を出た後、ひたすら東北線を南下、古河で途中下車しました。目当ては、市内にある古河歴史博物館で開催されている企画展、「古河駅120周年 鉄路の夢」を見るためでした。

 駅から歩くこと10分ほど。博物館のある一帯は美術館や文学館などが建ち並ぶ静かなところで、古河の町歩きの中心とでもいえるところになっています。途中、肴町通りという昔ながらの商家が並ぶ通りを過ぎると博物館に辿り着きました。

sakanacho_koga

肴町通り

 博物館の中に入り入館料400円を払います。目当ての展示の前に、まずは鷹見泉石にまつわる展示を見学しました。鷹見泉石は藩主・土井氏に仕えた古河の藩士で、蘭学に精通するなど、当時の日本人の中では世界に対して知識を持った人だったそうです。こうした人物を昨日まで全く存じ上げませんでしたが、こうした博物館を訪れると、新たな発見をすることが出来るので面白いですね。

 こうして、ようやく目当ての古河駅に関する展示へと向かいます。古河駅の開業当時の資料や高架化される前の貴重な資料など、比較的狭いテーマながらなかなか充実した展示内容となっていました。きっぷ類など鉄道関連のグッズ類はさほどではありませんでしたが、子供を意識してか難しい表現をなるべく避けようとわかりやすい説明になっていたのには好感が持てましたね。

 面白かったのが、最後にあった未成線に関する展示。鉄道建設に当たり古河を抜けようと計画された路線の構想がいくつかあったようですが、小田原電鉄も古河を経て日光へ向かう路線を計画していたという展示は新たな発見でしたね。ロマンスカーが日光へ向かうという姿が実現していたら、さぞこの周辺の鉄道網も変わっていたことだろうと思いました。

 なお、この企画展は今月一杯まで行われております。

kogamuseum

古河歴史博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

宇都宮駅ビル「パセオ」リニューアルオープン

 宇都宮駅の駅ビル「パセオ」が、今日からリニューアルオープンしました。私が宇都宮駅に着いたのが11時半過ぎでしたが、改札を出ると付近は大変な人だかりで賑やかでしたね。

 本来は東口で行われていた宇都宮運転区の公開が目当てだったんですが、その前に昼食をとることにしました。中に入るとさすがは宇都宮。ちゃんと餃子の店も用意されておりました。「餃子小町」と名づけられた一角に餃子の店が六店舗入っておりました。「来らっせ」や「宇都宮餃子館」といったメジャーどころも入っておりましたが、比較的空いていた「宇味家」という店に入りました。

 ここは初めて聞いた名前ですけど、注文は焼き餃子とライスのセットに。本当なら525円のところが、オープン記念とのことで300円になりました。

umaiya

宇味家の餃子セット

 餃子はともかくとして、ライスがベチャベチャで水っぽかった(>_<)。あまりユルユルのご飯が好きじゃないもんで、結局餃子と漬物を食べてライスは半分口にしただけでした。オープンしたばかりということで大慌てだったのかな?でも、あのご飯じゃちょっといただけないゾ・・・。

 気を取り直して、イベント会場へ。鉄道系のイベントというよりは、フリーマーケットの一角に機関車を展示しているといった雰囲気でした。返ってのんびりとしててよかったですね。

utsunomiyakoukai1

utsunomiyakoukai2

宇都宮運転所公開の車両たち

 会場内には、宇都宮にLRTを呼ぼうという運動をしているグループのブースもありました。いろんなパンフもあったのでいくつか貰ってきましたが、多くの人が訪れていてなかなか盛況でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.19

ドラマ「女王の教室」

 NTV系列で放映されているドラマ「女王の教室」。放映後から「内容が過激すぎる」などの批判が飛び交うなど、この夏の注目ドラマの一つとなっております。先日も、スポンサーがクレジットの紹介を敬遠するという記事が出ておりました。

 ZAKZAK:「日テレ困惑…「女王の教室」スポンサークレーム

 成績の優秀な生徒に特権を与え、逆に成績の悪い生徒には掃除や給食当番をさせるなど、現実の教室で行えば間違いなく問題が起こるシーンが目白押しというこのドラマですが、個人的には、TVドラマの中の世界ということでそれほど目くじらを立てるのはいかがなものかと思ったりします。確かに内容は目を覆いたくなるようなものがありますけど、じゃ、逆に現実の教室では酷いことは起きていないのかと問い詰めたくもなります。一向に収まる気配のないいじめ、問題教師が起こす数々の問題行為など、現実の学校は子供にとっては決して楽しい場所とは言えない状況になっております。

 この後、どういうストーリーになっていくのか、久しぶりにワクワクさせてくれるのも、このドラマを見てみたいという気持ちになりますね。その点では、同じ教師モノドラマである「金八先生」にも通じるところがあると思います。

(追記)
 最近になって、天海祐希を「いい役者だなぁ・・・」と思うようになりました。6月くらいにやってたドラマ「離婚弁護士」を相方に吊られて見てたんですが、次第に魅力を感じるようになりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.18

小田急HiSE車、長電へ譲渡

 小田急のロマンスカー車両である”HiSE車”こと10000系が、長野電鉄へ2編成が譲渡されることになりました。VSEの投入により運用から外れたHiSE車が新天地へ旅立っていくわけですが、小田急の特急車両の他社への譲渡は、初代ロマンスカーSE車が大井川鉄道に譲渡されたのに続いて2例目となりました。

 参考:小田急のサイト「小田急ロマンスカー10000形(2編成)の長野電鉄への譲渡について

 上記のサイトにある参考資料によれば、1987年に登場し、翌年のブルーリボン賞を受賞したほどの車両なんですね。近年VSEやEXEが登場し、すっかり影が薄くなった感のあるHiSEですが、近い将来小田急線内から見られなくなってしまうということもありそうですね。

odakyu10057

小田急”HiSE車”(新宿駅にて。2002.1頃写す)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.08.17

赤い電車が走ってた頃~丸の内線

 今日は午後から休みを取って、杉並区立郷土博物館を訪ねました。来月11日まで、「すぎなみの地下を走る!みんなの丸ノ内線」という企画展を開催しております。

 丸の内線というと、池袋から後楽園を経て官公庁のある大手町や霞ヶ関を通り、新宿を越えて郊外の荻窪へ伸びるという地下鉄の中では長い距離を持つ路線ですが、区間での乗車はあってもなかなか通しで乗る機会というのはないものです。まあ、通して乗る必要性があるかどうかは別ですが、それだけいろんな顔を持った路線といえるでしょう。

 展示ですが、やはりポイントはかつて丸の内線の顔だった”赤い電車”でしょう。現役当時の写真はもちろん、絵本にも登場した丸の内線の赤い電車ですが、今見てもそのデザインは決して古臭さを感じさせませんね。私的にはいまだに丸の内線といえばこの車両のことが思い出されるのですが、ほとんど手持ちには画像がありません(涙)。唯一残してある赤い電車の画像を下に載せときます。

eidan735

丸の内線といえばやはりこれでしょう
('94.5.11 後楽園にて写す)

 そのほか、開業時の乗車券など、貴重な資料が多く展示されておりました。

 実は杉並の郷土博物館はこれが3回目だったりします。過去、ソノシートに関する企画展や周辺のバスについて取り上げたりと面白い内容のものがあるので、今後も楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

昼間の地震は大きかった

 それにしても、日中の地震にはびっくりしました。私は職場にいたんですが、小刻みな揺れが来たかと思うと一気に大きな横揺れが続きました。先月末に東京を襲った地震に匹敵するくらいの揺れだったのではないでしょうか。

 うちの職場にはエレベーターがあるんですが、地震の影響でストップしました。先日もエレベーターに閉じ込められたという事故があちこちで報じられましたが、私のところは幸いにも誰も乗っていなかったので、事なきを得ました。

 去年の中越地震といい、ここ1年足らずで大きな地震が多く心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

変わる関門海峡

 昨日記事にした「彗星」廃止に続き、この10月のダイヤ改正にまつわる内容です。

 関門海峡を行き来する列車の中には、九州から下関を超えて運行される列車や、山陰線から関門海峡を経て九州へ向かう列車があります。これらの運用がこの10月をもって廃止されるとのことです。

 参考:JR西日本広島支社「平成17年秋のダイヤ改正について

 関門海峡は学生の頃、帰省の度に必ずといっていいほど行き来したところでした。特に帰省の帰りに小郡(現・新山口)でJR九州の車両に出会ったときは、「いよいよ九州が近づいてきたなぁ」と感じたりしたもんでしたね。こうした光景も来月で見納めとなります。

kuha411222

関門海峡を行き来した割には、JR九州の車両を西日本エリアで
納めたのはこれ一枚だけでした。
(クハ411-222 2004.7.10 新山口駅で写す)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.14

「ドライブ紀行」更新しました

 先週のドライブの旅の記録をこちらにアップいたしましたので、お暇でしたら覗いてやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイカ9月で販売停止

 共同通信:「ハイカ販売9月15日で終了 来年4月から利用も停止

 高速道路の通行料に使用できるハイウェイカードが、来月15日を持って販売を停止、来年4月からは使用も出来なくなるとのことです。相次ぐ偽造被害が廃止の原因ですが、割引もあっただけに廃止は利用者にはつらいところでしょうね。

 実は、先日のドライブでは、金券屋に行ってハイカを買おうかと検討しました。結局金券屋に行く時間がなかったので断念しましたが、少しでも割引があるとありがたいものです。

 おまけに先月末で、首都高の回数券も廃止となりました。こちらも偽造が原因ですが、ETCの初期費用がバカにならないだけに、有料道路を利用するのにはますます躊躇いたくなってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.13

ブルトレ「彗星」この秋限り

 産経新聞:「ブルトレ「彗星」廃止 JR、秋のダイヤ改正発表

 関東出身の私にとっては、関西発着のブルトレは一見馴染みが薄いように思われるかもしれません。しかし、意外とこれまで利用したことが何度かありました。長崎に住んでいた頃によく利用したのが「あかつき」でした。これは1両だけ座席車が連結されているのですが、高速バス並みの費用で移動できるということも魅力でしたね。

 西鹿児島(現・鹿児島中央)発着の「なは」は二度利用したんですが、「彗星」だけは一度も乗車したことがありませんでした。日豊線を走るというせいもありますが、座席車が付いてないのが大きな利用でしたね。

 それにしても、最盛期には5往復もあったんですね。

ed7679_suisei

suisei_14

(上下とも)都城駅で出発を待つ上り「彗星」(1989.10)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

常磐線の特別快速に乗る

 今日もポケモンのスタンプラリーに奔走しましたが、その帰りに常磐線の特別快速に乗ってきました。

 先月のダイヤ改正で登場した常磐線の特別快速ですが、E531系を投入しスピードアップを図るなど、あと2週間足らずに迫ったつくばエクスプレス開業に対抗する秘策を講じてきました。401系など旧型の車両の置き換えもありますが、一頃に比べると常磐線もすっかり様変わりしてきましたね。

 日暮里発15時15分の3397Mに乗り込みましたが、次は松戸ということで北千住には停車しないんですよね。特急以外では全て停車していた北千住ですが、ここで東武などに乗り換えるというときには気をつけないといけません。ただ、乗っているときの感想としては、それほどスピード感というのは感じませんでした。130キロで走行するとのことで実際にはそれくらいは出ていたんでしょうけど、これもつくばエクスプレスに対抗する手段としては、大きな策かもしれませんね。

 結局柏まで乗車、ここでこの日最後のポケモンのスタンプを押して野田線の乗り場へ向かいました。

08130002

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

こっこ

 さて、ドライブから帰宅して1週間が経ちましたが、これが関連では最後の記事となります。

 旅の終わりといえばおみやげかと思いますが(?)、いくつか買った中で、「こっこ」というのがありました。静岡では名が通ったお菓子で、駅などの売店でも置いてあるほどでありますが、まだ食べたことがありませんでした。如何せん少人数の家族なもので、大量に買っていっても余るだけ。だったら、こうしたお菓子はお土産としては避けるというのが今までのパターンでしたが、幸いなことに「2個入り210円」というのがありました。迷わず購入と相成りました。

 味ですが、ふんわりとしたカスタード風味で、仙台の銘菓「萩の月」に似た感じでしたね。こちらの方がもうちょっとふわふわした感じなんですけど、なかなかおいしかったです。

 地元・静岡では、タレントのはしのえみが宣伝しているようですが、同じく静岡のお土産で有名な「うなぎパイ」同様、これからおみやげとしてマークしていきたいところですね。

kokko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

大雨!

 20分ほど前に帰宅しました。

 大雨の影響でJR各線が不通になっておりましたが、川越線も徐行運転を行っておりました。おかげで帰宅も遅くなってしまいました。

 週末は墓参りに行くことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.11

伊豆急でんしゃまつり

 マイカーの旅ではありましたが、なぜかイベントにも顔を出しました(笑)。

 最終日の8月6日。伊豆急行の伊豆高原駅のすぐ隣にある電車区の公開がありました。伊豆急といえば、つい最近、東急の8000系が入線したことが話題となりましたが、転籍前には東横線内でイベント列車も運行されました。そのときの模様はこちらにも記してあります。

 やはり、何と言っても、今回の目玉は100系でしょう。かつては伊豆急の主力車両だった100系ですが、今だ伊豆急といえばこの車両のことが思い出されますね。

 わずか1両だけ。両運転台つきの車両が現存しておりますが、車内にも入ることが出来ました。

izukyu_100a

izukyu_100b

(上下2枚とも)1両だけ現存する伊豆急100系
izukyu_100syanai

100系の車内

 もちろん、これからの伊豆急の”ホープ”である8000系も登場しました。

izukyu_8000keiizukougen

東急から移籍した8000系


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

名古屋ゆかりの味

 2日目は岐阜と愛知界隈をドライブしておりましたが、せっかくなので、名古屋ゆかりの味を楽しみました。

 まずは、ココイチ。全国区のカレーチェーンですので、別段珍しい存在ではありませんが、名古屋が発祥ということで、通りを走っているとあちこちで見かけます。

 ランチで食べようと探し回ったんですが、こういうときに限ってなかなか見つからないもの。ようやく春日井市内にある町屋店を見つけました。

coco_kasugaimachiya

 今回はオーソドックスに野菜カレーを注文(600円)しました。全国共通のメニューではありましたが、地域限定メニューでもと思ったところ、ちょっと見つかりませんでした。

 話は変わって、第二弾はコメダ珈琲店。こちらは今年の2月に訪れておりますが(こちら参照)、シロノワールというデザートメニューの味が忘れることが出来ず、今回も再訪を考えておりました。

 ところが、こちらも入りたいときにみつからないもの。結局夕方6時近くになっても見つけることが出来ず、諦めて豊川インター近くまで車を走らせておりました。

 ところが、インターに近づいていたとき、偶然にもお店を見つけることが出来ました。6時近くではありましたが、迷わず入店となりました。

komeda_toyokawatenpo

コメダ珈琲店

 席に着き、アイスコーヒーとシロノワールを注文。シロノワールはミニ版がメニューに出来たようで、こちらにしました。さすがに通常版は一人で食べるのには大きすぎますねぇ(^_^;)。ミニで十分でした。

sironowaru_toyokawa

コメダの定番”シロノワール”

 関連記事
  ・コメダ珈琲エスカ店、7月7日オープン (おかげん様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

廃線跡2題

 今回のドライブで見かけた廃線跡です。いずれも名鉄のもので2日目に出会ったものです。

 まず、一つ目。

haisenato_minomachi

 宿泊していた多治見市内のホテルから岐阜県博物館へ向かう途中の道すがら見かけた廃線跡で、関市内でのものです。言うまでもなく、名鉄美濃町線の廃線跡ですが、廃止後間もないこともあって、多少レールにさびは見られるものの完全な形で残っておりました。

 美濃町線が健在ならば、博物館へは電車で行けたんですけどね。

 続いて、二つ目です。

nishinakaganeekiato

 こちらは午後に訪れた、西中金駅の跡です。名鉄三河線の終点で、去年の3月に廃止となりました。最後の頃はレールバスが行き来しておりましたが、廃止後、遠くミャンマーへ旅立っていったのには驚きました。


続きを読む "廃線跡2題"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.08

岐阜県博物館

 旅の続きです。

 2日目である5日は、岐阜県関市内にある岐阜県博物館を訪れました。ここでは、「線路はつづくよ -岐阜、鉄道のあゆみ-」と題した企画展が行われておりますが、岐阜県といえばこの春に廃止された名鉄岐阜市内線や来年暮れに廃止が予定されている神岡鉄道と、ここ数年で鉄道の事情が変わりつつある地域であります。それだけに、岐阜県内の鉄道に関する資料を期待したいところでした。

 さて、博物館に行く前に、面白い乗り物を見つけました。小高い丘の上にある博物館へ繋がる坂道沿いにあった「スロープカー」と名づけられた乗り物です。小さなモノレールといったところで、坂道を歩くのに負担が掛かる高齢者や子供連れなどに配慮した乗り物のようです。

 別に坂道を歩くには苦労はありませんが、せっかくなので乗ってみることにしました(笑)。私が着いたときには車両は丘の上におりました。そこで、ホームにあるボタンを押して乗り場まで誘導します。ホームには丁寧にもホームドアが設置されていて、ちょっとした鉄道を思わせるものでした。

 車内に入ると、ドアの開閉が出来るボタンがあり、これを押して誘導させます。初めてだと少し戸惑いを感じるかもしれませんが、ボタン一つで操作が出来るので、それほど苦にはならないでしょう。所要時間3分ほどで博物館の前に着きます。ホームに着くと減速をはじめ、停車するとホームドアと扉が開きました。

 公共施設にこうした乗り物を設置するというのはあまり聞いたことがありませんが、足が不自由な方に対しては重宝する移動手段になりそうですね。

slopecar

スロープカー

slopecar_button


スロープカーの操作ボタン

 さていよいよ、博物館に入ります。会場には「百年公園駅」と書かれた古い駅舎が出迎えてくれました。もちろんレプリカですが、古いきっぷ売場などが再現され、いいムードでした。展示内容は岐阜県内の鉄道各社や今は廃止されてしまった鉄道会社の紹介がありました。もちろんこの春廃止となった名鉄岐阜市内線の紹介もありましたが、いささか少ない気がしました。また、路面電車の新しい流れとしてのLRTの紹介もありましたが、もう少しこのあたりも突き詰めた展示が欲しかったかなと感じましたね。

museum_gifupre

岐阜県博物館

hyakunenkouensta

百年公園駅舎がお出迎え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院解散!

 30分ほど前、衆議院が解散となりました。日中行われた参議院での郵政民営化の裁決は、反対多数により否決。これで衆議院解散へと進みました。

 いやはや、今年は大きな選挙がないと思ってたのに、一ヵ月後のクソ暑い最中での選挙となります。ホント、熱い・・・。。。

 毎日新聞:「衆院選:衆議院本会議で解散 9月11日投票へ

 片手落ちのところがあった小泉内閣ではありましたが、政治改革を旗印に突っ走っていっただけに、ここで政権が変わってしまうと、果たしてどうなってしまうのか、心配なところであります。

tb_election

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.07

諏訪市博物館

 さて、3日間の旅のことでも記したいと思います。まず最初は、諏訪市にある「諏訪市博物館」訪問から。

 諏訪市博物館では只今、「機関車が並んでいた駅 上諏訪」と題した企画展が行われております。上諏訪駅と中央線のこれまでの軌跡を追った展示ですが、入口に展示されていた上諏訪駅の模型が印象的でした。大きなものであることもそうですが、転車台も備えていたほど大きな機関区であったことはその模型からもうかがい知ることが出来ました。

 もう一つ印象深いものに、特急「あずさ」号のヘッドマークがありました。181系で使用されたものですが、中央線を語る上では外せないアイテムですね。貴重な資料を間近で見ることが出来、来た甲斐がありました。

08040002

諏訪市博物館

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.06

無事に帰宅です

 先ほど無事帰宅しました。今回は公共機関ではなくマイカーでの移動でしたが、初めて愛知県&静岡県に足を踏み込むことになり、丸3日間走りっぱなしでありました(^_^;)。それだけに収穫も多かったのですが、これはおいおい書きたいと思います。

 帰り、首都高で戸田橋を走ってたら、戸田の花火大会を横目で見ることが出来ました。さすがに止まることは出来ませんでしたが(^_^;)、間近で見たのはこれが初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東港

只今伊東港で釣りしてます。050806_065357.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

多治見に来てます

突然ですが、岐阜県の多治見に来てます。明日は岐阜県博物館に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

大魔神

 久々に野球ネタです。

 毎日新聞:「佐々木主浩:「もう一回1軍で」と、9日の巨人戦に意欲

 今や、ベイスターズの抑えの地位を、160キロ男・クルーンに奪われた大魔神・佐々木投手ですが、今年はタレントとの再婚などで、本職ではすっかりと影が薄くなった感じです。おまけに戦列から離れたとあっては、来年の処遇についてあれこれ取り沙汰されることは当然のことでしょう。

 今シーズンでベイスターズとの契約が切れることもありますが、もしかすれば、生まれ故郷である仙台にある楽天と契約なんてこともあるかもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

あぁ 2007年問題

 埼玉新聞:「退職金、9年で6530億円 県職員退職・07年問題 公明党県議団調査

 記事を読むと、なんだか暗澹たる思いですな。いわゆる”団塊の世代”がリタイアする2007年、この年を含めてその後2015年までの退職手当がおよそ6500億かかるとのこと。公明党県議団の試算ですが、おおむねかなりの金がかかることはわかっていたものの、実際の数字を目にすると、正直クラっと来ますな。

 しかも、この資金を充当するにあたっては、退職手当債、いわゆる借金でまかなうようです。さらに借金を膨らませることになるんですなぁ・・・。

 鉄道会社もさぞ大変でしょうね。定期運賃の客が一気にいなくなるわけですから、今から新たな収入手段を見出さないと大変なことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.01

ファーストフード、食育に重視

 産経新聞:「ハンバーガー大手2社 「栄養不安」払拭へ本腰 HPや出張授業で「食育」啓蒙

 ハンバーガー大手のマクドナルドとモスバーガーが、子供向けに食の大切さを教える「食育」の啓蒙に取り組むとのこと。ファーストフードというとどうしても不規則かつ不健康というイメージが付きまといますが、こうした印象を払拭すべく、新たな戦略を図るようです。

 ここんとこ、極端な値下げなどで今ひとつ決め手を欠けるマクドナルドですが、ファーストフード業界ではあまりこれまでおろそかになりがちだった「食育」という戦略が功を奏するのか、見ていきたいところですね。個人的には、こうした取り組みを始めたことには評価したいと思います。

 参考:「食育の時間

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »