« 岐阜県博物館 | トップページ | 名古屋ゆかりの味 »

2005.08.09

廃線跡2題

 今回のドライブで見かけた廃線跡です。いずれも名鉄のもので2日目に出会ったものです。

 まず、一つ目。

haisenato_minomachi

 宿泊していた多治見市内のホテルから岐阜県博物館へ向かう途中の道すがら見かけた廃線跡で、関市内でのものです。言うまでもなく、名鉄美濃町線の廃線跡ですが、廃止後間もないこともあって、多少レールにさびは見られるものの完全な形で残っておりました。

 美濃町線が健在ならば、博物館へは電車で行けたんですけどね。

 続いて、二つ目です。

nishinakaganeekiato

 こちらは午後に訪れた、西中金駅の跡です。名鉄三河線の終点で、去年の3月に廃止となりました。最後の頃はレールバスが行き来しておりましたが、廃止後、遠くミャンマーへ旅立っていったのには驚きました。


 おまけです。いずれの路線も現役の頃に乗車しておりますが、その在りし日の様子をご紹介します。

meitetsu606

岐阜市内線用車両(606系)(1992.12写す)

shinsekista

新関駅(1992.12写す)

nishinakaganesta

西中金駅。訪れたときはもう無人駅でした(1999.12写す)

nishinakaganeikidomari

西中金駅の行き止まり

meitetsu23

三河線で活躍してたレールバス。今は遠くミャンマーで活躍しているはず。(1999.12写す)

|

« 岐阜県博物館 | トップページ | 名古屋ゆかりの味 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/5381362

この記事へのトラックバック一覧です: 廃線跡2題:

» 本日の市ノ坪 [kojiro-railway-blog]
岐阜の街から路面電車が消えてもうすぐ半年になろうとしています。踏み切りや架線もす [続きを読む]

受信: 2005.09.14 00:05

« 岐阜県博物館 | トップページ | 名古屋ゆかりの味 »