« 鹿島サッカー場に | トップページ | マリーンズ31年ぶりリーグ制覇! »

2005.10.17

鹿島臨海鉄道イベント

 この週末もイベント三昧でしたが、まずは昨日訪れたイベントから。

 すでにこちらに記しましたが、昨日は鹿島臨海鉄道のイベントへ行ってきました。

 鹿島神宮駅に到着したのは正午過ぎ。折り返しでやってきた鹿島臨海のディーゼルカーからは大勢の乗客が降りていきました。ちょうど10:05発の1便が往復し乗り終えた乗客のようで、かなりの盛況ぶりの様子。

 そんな中、知人を見つけたので状況を聞いたところ、乗車の整理券を配っておりどれだけ残りがあるかわからないとのこと。これは居てもたってもいられませんでしたが、まずは折り返しのディーゼルカーへ乗り込みました。

 この週末のイベント対応で営業している鹿島サッカースタジアム駅に到着。まずはきっぷうりばへ向かいますが、乗ってきたディーゼルカーから降りてきた乗客がきっぷを買っていてどうやらまだ乗れる様子。無事に神栖までの往復乗車券を手にすることが出来ました。

 まずはこれで一安心。まだ乗車までしばらくあったので、イベント会場をウロウロしました。途中、1便に乗ったという知人と出会いしばらく談笑しながら、再び駅へ戻りました。

 駅に戻ると、臨時列車を待つ乗客の列がホームに出来ておりました。私も最後部に並びしばし待つことに。やがて、神栖からやってきた2便が鹿島神宮よりからやってきました。2両編成のディーゼルカーには通路に立ち客が出るほどのラッシュ状態で、大勢の乗客が降りていきました。一旦乗客を降ろした後、今度は我々3便に乗車する乗客が車内へ入って行きました。元々座っていくことは諦めていたものの、運良く座席に座ることが出来ました。

 こうして我々の3便はスタジアム駅を出発していきました。通路に乗客が立つなどそれなりには混んでましたが、2便に比べると多少は少ない様子でした。

 kamisu
 列車はしばらく住宅街を走っていきましたが、やがて広々とした荒地の中を走り次第に住宅の姿がなくなっていきました。工業地帯に入り隣に側線が見え出すと、貨物列車が停車する様子が伺えました。こうして列車は一旦停車、スイッチバックをして神栖駅に到着です。

 ここで折り返しまでの間は場内の見学タイムとなりました。鹿島臨海鉄道の車両や普段は間近で見ることが出来ない機関車などを見ることが出来ました。特にディーゼル機関車は旧国鉄のDD13によく似てましたね。昔、鉄道模型でDD13が自宅にありましたけど、国鉄時代にはあちこちの貨物ターミナルで見ることが出来たポピュラーな機関車でしたね。

kashakdr64-1marineliner_kamisu

 こうして1時間半のイベントタイムも終了し、15時52分に神栖駅を後にしました。このとき、社員一同が我々の乗った列車に手を振っていたのは印象深かったですね。そんな姿を後にして、列車は再び来た道を引き返し、16時18分、鹿島サッカースタジアムに戻ってきました。

 普段は貨物列車しか行き来しない臨港線ですが、こうしたイベントでなければなかなか乗る機会に恵まれず、そういう意味ではイベントの情報には常にアンテナを張っておかないといけませんね。今後も行われるかどうかはわかりませんが、こうした企画があればまた訪問したいところです。

|

« 鹿島サッカー場に | トップページ | マリーンズ31年ぶりリーグ制覇! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/6444434

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島臨海鉄道イベント:

» 鹿島臨海鉄道イベント [mattoh蒐集館]
 先日の日曜日、鹿島臨海鉄道開業20周年を記念したイベントが行われましたが、その中で、普段は貨物列車しか走らない区間に旅客列車が乗り入れました。私も行ってきましたが、普段乗れない区間で乗車できるとあって、たくさんの人が現地に詰め掛けていました。  詳しいことはこちらに記しましたので、もしよろしければ覗いてやってください。  さて、ここでは、このときに使用したきっぷを紹介します。  乗務員が車内精算をする際に使用する車内補充券ですが、近隣はもちろんJR各線の路線図画描かれてお... [続きを読む]

受信: 2005.10.20 22:30

« 鹿島サッカー場に | トップページ | マリーンズ31年ぶりリーグ制覇! »