« カシマサッカースタジアム | トップページ | 交通博物館にある修学旅行電車 »

2005.10.19

国鉄的風景

 鹿島臨海のイベントのおまけですが、この日はかつての国鉄の姿を至るところで見ることが出来ました。それらをいくつかご紹介します。

kuha1112065
 まずは、成田から乗車した総武線の電車ですが、いうまでもない113系であります。かつては横須賀線で東京をはさんで神奈川と千葉を行き来したスカ色の113系ですが、今では房総半島でしか見ることができません。いつだったか、スカ色の113系を使って横須賀線を久々に走行したというイベントがありましたね。私もいまだに横須賀線といえばこのイメージを思い浮かべます。

jnrkontena
 続いては、鹿島臨海のイベントで、神栖駅の構内に鎮座していたコンテナであります。今だ”国鉄”の文字が入っておりますが、昔はコンテナといえばこればっかりでしたね。もっと古くは、「戸口から戸口へ」と書かれたコンテナがありましたが、こちらはNゲージでも比較的初期に模型化され、おなじみの方も多いかと思います。

midori_sign
 今度は、鹿島神宮駅の改札付近で見かけたみどりの窓口の案内看板です。国鉄時代は見慣れた案内板でありますが、そういえば最近は見なくなりましたね。JR化後、各社のカラーを出した駅の環境作りが進み、国鉄時代の面影を残す駅が少なくなりつつありますが、ここ鹿島神宮駅は近年JR東日本で見かける派手なカラーのコンビニや電子マネー対応のキオスクなどとは全く無縁の、国鉄時代そのままの駅構内でした。

kuha103475
 最後ですが、帰りの武蔵野線で乗った103系も上げておきましょう。こちらはいよいよ12月のダイヤ改正を持って武蔵野線から引退となるようですが、あっという間に205系に取って代わられました。つい先日は川越線からも103系が撤退し、いよいよ首都圏の103系もカウントダウンが始まりつつあるようですね。


|

« カシマサッカースタジアム | トップページ | 交通博物館にある修学旅行電車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/6473433

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄的風景:

« カシマサッカースタジアム | トップページ | 交通博物館にある修学旅行電車 »