« 大関を手中か~琴欧州 | トップページ | JR東日本「山手線でめぐる!TOKYOグルメ」で食べてきた(新宿) »

2005.11.26

さらば房総電化の功労者~183系

 房総方面へ向かう特急列車は、行先によって愛称も付けられるなどバラエティに富んでいますが、国鉄時代から長らく活躍してきた183系が来月10日の改正で定期運用から離脱することになりました。そこで今日はお別れを兼ねて乗ってきました。

kuha18318_tokyo
出発を待つ183系「しおさい7号」(東京駅にて)

 東京駅総武線の地下駅でこの国鉄色のカラーを見ると、やはり往年の姿を思い出しますね。私も子供の頃、夏休みに親に連れ立って内房線の富浦へ行ったことがありますが、帰りに特急に乗って帰って来ました。ちょうど海水浴シーズンだったので希望の列車の指定が取れず、ようやく何とかして押さえることが出来たようでした。今はマイカーの普及でだいぶ鉄道の利用者が減ってしまったと聞きますが、時代の変化ですね。

 さて、私の乗る「しおさい7号」ですが、今日は思ったほどファンの姿もなくいささか拍子抜けの状態でした。まあこれも改正間近になればそうそう落ち着いて見物するわけにもいきませんでしょうし、今日はそういう意味では幸運だったのかもしれません。

 それにしても、183系の車体は全体的にくたびれているという印象でしたね。もっとも、あと2週間ほどで引退となってしまうのでそれも当然なんですけど、「ビューさざなみ」の255系やE257系に比べると格落ちの印象は否めませんね。

 結局、諸般の事情があって(謎)、千葉で下車してしまいましたが、房総半島の電化に伴って登場した車両ということで、房総半島の鉄道の功労者といっても差し支えないところでしょう。本当に「お疲れ様でした」の一言ですね。

shiosai_chiba
おつかれさまでしたm(__)m(千葉駅にて)

関連記事
終焉近づく 183系房総特急 (Kaz-Tさん)

|

« 大関を手中か~琴欧州 | トップページ | JR東日本「山手線でめぐる!TOKYOグルメ」で食べてきた(新宿) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/7331409

この記事へのトラックバック一覧です: さらば房総電化の功労者~183系:

« 大関を手中か~琴欧州 | トップページ | JR東日本「山手線でめぐる!TOKYOグルメ」で食べてきた(新宿) »