« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

千葉市散策

 荷物専用車両を繋いだ普通列車に乗り、一つ先の本千葉駅で下車。昔は山手線などでも見かけた「次の列車は○○を出ました」というサインを発見しました。sign_honchiba先月、鹿島へ行った時も、国鉄時代の遺物をあちこち見かけましたが、千葉方面はこうした国鉄的なグッズの宝庫かな?

 本千葉駅で下車したのは、ここから10分ほどのところにある「千葉県文書館」へ訪問するのが目的でした。ここでは現在、「千葉県における鉄道のあゆみ」という企画展が開催されております。明治時代に千葉県内に鉄道が引かれて以降の数々の貴重な資料が展示されておりました。埼玉県でもそうですが、明治時代は鉄道事業が華やかな頃で、今で言えばさしずめIT産業のような位置にいたわけですが、多くの起業家が鉄道建設に汗を流した様子が窺い知ることが出来ました。chibaprefecturearchives

 帰りは京成の千葉中央駅までのんびりと散策。途中、やっぱりありました。マリーンズ関連の垂れ幕が。。。私的にはこれらのグッズは目に痛いものばかりですけど、千葉県民の念願が叶ったこの1年ですから、改めて「おめでとうございます」と言いたいですね。でも来年は雪辱を果たしたいですな(^^)。

champion_marines1

champion_marines2
日本一の証

chibanippo
 ところで、文書館の近くにあった「千葉日報」のオフィス。別になんでもないオフィスなんですけど、どうも「千葉日報」というと、以前のあの独特なTVニュースを思い出してしまうんですね。私の住む埼玉でも砂嵐状態ながらかすかに見ることが出来た千葉テレビなんですが、夕方6時に流れるあの切迫したというか戦時下を思わせるようなオープニングがどうしても耳に離れません。数年前にオープニングは代わり、今は放送自体が打ち切りとなったようですが、このオフィスを見てしばらくはあのオープニングのメロディが耳の中に流れていた私でありました(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.29

荷物専用車両に遭遇した

 先日のしおさい号お別れ乗車の続きです。

 千葉駅でしおさい号と別れ、外房線の普通列車に乗るべくホームへ向かいました。いつもの113系のスカ色が停車していたんですが、最後尾の車両だけやけにガラガラ状態でした。よく近づいてみると、入口部分に「荷物専用車両」と書かれた黄色い幕が掛かっていて、乗客は別の車両に乗るようにとのこと。車内には荷物が積まれておりました。

nimotsusenyo
荷物専用車両(千葉駅にて)

 そういえば昔、東北線や高崎線の一部分(大概最後尾でしたね)に幕を張って荷物専用のエリアを作ってましたっけ。こちらは車両の一部分ですけど、1両丸ごと荷物専用部分にしているのは初めて遭遇しましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.28

【今日のランチ】久しぶりに

CoCo壱番屋でした。051128_12200001.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.27

朝青龍涙の7連覇

 大相撲九州場所が終わりました。横綱朝青龍の無敵の強さで、見事7連覇という前人未到の記録が誕生しました。同時に年間最多勝、史上初の年間制覇とどれを取っても「スゴイ」という言葉しかありませんね。

 やはりライバル不在という現状ではこの記録も致し方のないところですが、関脇の琴欧州が11勝をあげ、来場所の大関昇進を確実にしただけに、琴欧州あたりが好敵手として台頭してくれることを願いたいところです。あと、万年大関候補の琴光喜、若の里は来年は正念場になりそうです。というよりも、奮起して欲しいです。もう何年も前から大関昇進のチャンスがあったにもかかわらず、その度に期待を裏切ってくれたんですからね。来年ダメだったらもう無理でしょうな。

 一方で、来年以降面白い存在も台頭してきました。今場所技能賞を獲得した時天空という力士ですが、以前は足技にこだわりすぎてせっかくの体格を生かしきれない状態でした。ところが今場所は突っ張りを見せるなど、相撲の幅を広げつつあるようですね。同じモンゴル出身の白鵬同様、来年は上位で活躍して欲しいところです。

関連記事
朝青龍 涙の勝ち名乗り(kojiro-railwayさん)

「相撲は負けて覚えるもの。勝って覚える相撲はどこにもない」朝青龍3つの大記録達成 (ぱんださん)

朝青龍が7連覇で年間完全制覇!史上初の快挙!琴欧州も大関へ! (ダスキン城北様)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

テスト

モブログのテストです。051127_15340001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神宮外苑のイチョウ並木

 新宿でのランチの後は、総武線で信濃町へ移動。ここから歩いて10分ほどのところにイチョウ並木があるんですが、ちょうど黄色く色づいている頃とのことで見てきました。

 信濃町駅周辺はさほど混んではなかったんですが、イチョウ並木周辺はたくさんの人で混んでましたね。なにかと思ったら「神宮外苑いちょう祭り」というイベントが行われておりました。路上でチラシを配ってたので貰ってきましたが、そのチラシを見るともうかれこれ第9回とか。毎年恒例のイベントだったんですね。知りませんでした(^_^;)。

 それでは、イチョウ並木のスナップをご紹介します(^^)。

icho_jingugaien1

icho_jingugaien2

icho_jingugaien3

 だいぶまっ黄色に染まっておりました。なお、イベントは来週の4日まで行われているとのことです。

 ただ一つ気になったことがあります。それは路上へ出てイチョウ並木の撮影をしている人の姿を度々見かけたことです。車道は歩行者天国ではなく一般の車両も行き来しています。私も横断歩道で信号待ちをしてたときに、目の前で撮影をしてた人が度々クラクションを鳴らされていました。くれぐれも周りに気をつけて撮影をして欲しいものであります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

JR東日本「山手線でめぐる!TOKYOグルメ」で食べてきた(新宿)

 首都圏のJR東日本の駅に置いてある「山手線でめぐる!TOKYOグルメ」と題した冊子を貰ってきました。山手線沿線のイタリアンやどんぶり、それとスイーツのお店を紹介した内容ですが、紹介されたお店で使えるクーポン券が付いておりました。昨日はこれを使って新宿にある「LUCIAN」というお店に行ってきました。

lucian
 場所は新宿駅南口から甲州街道を渡り、路地に入ったところ。とても小さなお店でしたが、夜に行くと雰囲気のよさそうですね。

 ランチはドンブリモノのほかにパスタが2種類とハンバーグがありましたが、今回はドンブリモノを注文。こちらは日替わりになっているようですが、昨日は「タイ風鶏肉のバジル炒めライス」でした。

 注文の際、店員さんから「かなり辛いですけど大丈夫ですか?」と聞かれました。確かにメニューを見れば判るとおりタイ料理なんですけど、前の職場の近くにあったタイ料理の店で鍛えられたこともあって(?)、OKの返答をいたしました。でも、「とても辛いですよ~」とオドされるとちょっとひるんでしまいそうですね(^_^;)。

 で、出てきたドンブリですが、ドンブリといってもカツ丼や吉野家の牛丼のようなドンブリではなく、ちょっと底の深い器に鶏肉炒めのライスが盛られているといった感じでした。これにサラダとスープが付いて950円。アイスコーヒーはプラスアルファですが、こちらは冊子についていたクーポン券でタダになりました。
 
torinikubasil_lucian
 食べてみると、確かに辛い(^_^;)。でも、元々辛いモノは苦手ではない性質なので、これくらいなら楽しめる範囲内でした。量も人によっては少ないと感じるかもしれませんけど、おそらく平日は女性客の方が多いかもしれませんね。

 それにしても、このJR東日本のキャンペーン、サイトでも紹介されておらず、ちょっと宣伝不足といった感が否めない気がしますね。もっとも最近はクーポン券自体がそれほど珍しいことではなく、町に出れば大概どこかでクーポン券が付いた冊子をもらえる状況ですので、もしかすればもっとオトク感のあるクーポンがあるかもしれません。ただ、東京方面へお出かけの際には、駅においてある冊子のコーナー(「小さな旅」とデカデカと書かれた冊子のコーナー)を覗いてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

さらば房総電化の功労者~183系

 房総方面へ向かう特急列車は、行先によって愛称も付けられるなどバラエティに富んでいますが、国鉄時代から長らく活躍してきた183系が来月10日の改正で定期運用から離脱することになりました。そこで今日はお別れを兼ねて乗ってきました。

kuha18318_tokyo
出発を待つ183系「しおさい7号」(東京駅にて)

 東京駅総武線の地下駅でこの国鉄色のカラーを見ると、やはり往年の姿を思い出しますね。私も子供の頃、夏休みに親に連れ立って内房線の富浦へ行ったことがありますが、帰りに特急に乗って帰って来ました。ちょうど海水浴シーズンだったので希望の列車の指定が取れず、ようやく何とかして押さえることが出来たようでした。今はマイカーの普及でだいぶ鉄道の利用者が減ってしまったと聞きますが、時代の変化ですね。

 さて、私の乗る「しおさい7号」ですが、今日は思ったほどファンの姿もなくいささか拍子抜けの状態でした。まあこれも改正間近になればそうそう落ち着いて見物するわけにもいきませんでしょうし、今日はそういう意味では幸運だったのかもしれません。

 それにしても、183系の車体は全体的にくたびれているという印象でしたね。もっとも、あと2週間ほどで引退となってしまうのでそれも当然なんですけど、「ビューさざなみ」の255系やE257系に比べると格落ちの印象は否めませんね。

 結局、諸般の事情があって(謎)、千葉で下車してしまいましたが、房総半島の電化に伴って登場した車両ということで、房総半島の鉄道の功労者といっても差し支えないところでしょう。本当に「お疲れ様でした」の一言ですね。

shiosai_chiba
おつかれさまでしたm(__)m(千葉駅にて)

関連記事
終焉近づく 183系房総特急 (Kaz-Tさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

大関を手中か~琴欧州

 帰宅してからネットで今日の九州場所の結果を見たんですが、琴欧州が横綱朝青龍に勝ったんですね。この場所の最大の関門といえる相手ですけど、これまで横綱の独走態勢だっただけに、この白星は今場所の見所を作ってくれたと思います。

 これで琴欧州は10勝目。今場所10勝以上が条件ということでこれでひとまずはクリアしました。ただ、全般はなかなか自分の相撲が取れなかったので、出来れば明日と千秋楽の大関対決で少なくとももう1勝しておきたいですね。

 関連記事
  ・琴欧州 だめ押しの勝ち星(kojiro-railwayさん)

  ・琴欧州がんばれ(北里(ザット) さん)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.11.24

日光直通特急の運行開始日決まる

 JR新宿駅から東武日光及び鬼怒川温泉を結ぶJRと東武の直通特急の運転開始日が、来年の3月18日に決まったとのことです。運転形態は1日4往復で、うち東武日光へは1往復、残り3往復が鬼怒川温泉行きになります。

 参考:埼玉新聞「大宮駅経由で新宿―日光直通特急運転 06年3月からJRと東武

kuha4811017_aiduwakamatsutobumoha1036_tochigi
 いよいよスペーシアが大宮駅にやってくるんですね。まだ信じられませんが、運転を開始してから早い時期に乗ってみたいところです。

関連記事
 ・JR東日本・東武 新宿~日光・鬼怒川間直通特急の詳細が決定 運転開始は2006年3月(ケンチャナヨさん)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.23

イルミネーション@さいたま新都心

 あと一月ほどでクリスマス。あちこちでイルミネーションが飾られるようになりましたが、さいたま新都心周辺でも飾りつけが始まりました。

illumination_saitamashintoshin1

illumination_saitamashintoshin2

illumination_saitamashintoshin3

 いずれも三脚を使わず(っていうか、持ってない・・・(涙))、手押し状態で撮ったもんで、どれもブレてしまいました。やっぱ三脚は欲しいな。。。

関連記事
・Blue&Whiteイルミネーション (としおさん)

イルミネーション【さいたま新都心】 (HACHAPPさん)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

フレンチ・ポウンド・ハウス@巣鴨

 以前書いた「アニマル横町スタンプラリー」の景品の引換券ですが、昨日第2弾に行ってきました。

frenchpundhouse
 場所は巣鴨。駅から歩いて5分ほどの住宅街の中にある「フレンチ・ポウンド・ハウス」というお店に行きました。巣鴨というと「とげぬき地蔵」が真っ先に思い出されてしまうので、どうしてもおばあちゃんの町というイメージが強いんですが、そんな町におしゃれなお店があるとは予想もしませんでしたね。

 店内に入りまずはケーキの選択から。ショーウィンドウにはたくさんのケーキが並び、どれも捨てがたいものがありましたが、そんな中から「メロンショートケーキ」を注文しました。これはスタンプラリーの冊子に掲載されたお店の紹介のところにも写真が出ていたんですが、たぶんここのおすすめでしょうか?お値段が1個500円以上しましたが、引き換え券もあることだし、お釣りが出ないとあればいくらか高めのものを注文した方がいいと思ったので、これにした次第です。これと紅茶をプラス。紅茶もいくつか種類がありましたが、セイロンウバという種類にしました。紅茶は全くといっていいほど知識がありませんで、ほとんど適当でした(^_^;)。

cake_frenchpoundhouse

 しばし窓側の席でくつろぎ、程なくしてやってまいりました。メロンショートケーキはメロンの味とクリームの味がうまく調和している味わいでしたね。見かけではメロンの味が強くなってしまうんじゃないかと心配したんですけど、思ったよりすっきりとしてて上品に仕上がっていました。これだったらまた着て食べたいですなぁ(^^)。

 来店したのが午前中の早い時間とあって、店内はまだがらがらでした。午後になると多分混んでるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.22

病院で不快な体験

 先ほど仕事から帰って来ましたが、今日は朝のうちいささか不快な体験をしてしまいました。多少グチモードですが、ご容赦を・・・。

 月一回、北浦和にある埼玉社会保険病院に通院しているんですが、たまたま今日は出がけにバタバタしてしまい診察券を忘れてしまいました。気がついたのが駅に着いて改札に入ってからだったので、病院へ行って事情を話すつもりでした。

 病院へ到着し、受付の機械の前にいる係員に今日は診察券を忘れてしまった旨を伝えました。するとここで思いもよらぬ返答を受けました。なんと手数料の210円が掛かるとのこと。再度、紛失ではないと話したんですが、それでもこの金額が掛かるとのことでした。いくら事情を話しても埒が明かず、別の受付で再度事情を話したんですが、同じ答えでした。

 それなら今日の予約を変更して欲しいとお願いしたんですが、それもダメ。全く杓子定規な対応しか出来ない病院ではっきりいって幻滅しました。

 一番納得がいかないのは、紛失したわけでもないに手数料として料金を取ることです。診察券のカードは自宅に今でもあるんですけど、なぜ料金が発生するんでしょうか?この病院は受付の際に自動受付機が導入されているんですけど、おそらく自分の予約データもオンラインに登録されているはずで、名前を確認し本人とわかれば問題はなかったと思います。それに、年配の方だとうっかり診察券を自宅に忘れてしまうということも多々あると思いますが、その度に手数料が掛かるとあれば、高齢者に対して手数料をふんだくっていると思われても仕方がないと思うんですけど、どうなんでしょうか?

 実はこの病院、10年位前は精算の際に患者の名前を呼び上げた後に診察料も呼び上げてました。これはさすがに改められたようですが、元々から対応には疑問のあった病院でしたね。

 今回の一件でこの病院を利用するのはやめにしました。今は病院も患者が自由に選ぶことが出来る時代。自分自身が納得がいかなければ変えるというのも決して珍しいことではありませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.21

脳ドックへ行ってきた

 最近、頭が時々重くなるようなことがあります。そう頻繁にというわけではないんですが、朝起きて午前中少し重いような状態が続くことがあるんです。

 頭の病気は結構重大なことが多く、少し心配になって今日、脳ドックを受けてきました。人間ドックは今年の3月に受診したんですが、今日は人間ドックと併診で受けてきました。

 午前中は人間ドック。こちらは前回とメニューは同じでしたが、前回同様眼圧の検査で目を閉じてしまい、なかなか終わることが出来ませんでした(^_^;)。どうしても瞼を閉じてしまうんですが、しっかり目を開けているつもりでも、風が目に当るとどうしても我慢が出来ないんですね(>_<)。それでも何度か挑戦してようやく検査を済ませることが出来ました。

 今日は朝から頭が痛くて半日ボーっとしてたんですが、検査の最中も眠気と頭痛であまり気分が乗りませんでした。おまけに例によって朝食抜きだったもんだから、もう最悪・・・。

 それでも検査が一通り終わり昼食を食べた頃から次第に気分も楽になってきました。

 いよいよ午後からは脳ドックの検査。こちらは生まれて初めてでした。MRIの部屋に通され横になりました。MRIは去年の今頃、交通事故で入院してたときに何度かやってたので特段不安はありませんでしたが、今回は脳の検査ということで、腹部とは検査のやり方が違ってました。まずは頭の血管を検査するということで、横になった体の上から頭に覆いのようなものを被せられました。すぐに検査が始まりましたが、とにかく耳を劈くような激しい音が延々と続き閉口しました(>_<)。耳にはタオルがあてがわれたんですけど、頭が機械の狭い空間に突っ込まれた状態だったので、あまりいい気分ではなかったですね。まるで棺おけに入っているかのようでしたよ(;´Д`)”。

 こうして、延々と大きな音を聴かされてようやく検査は終了しました。検査結果はまだ出てきませんが、何もでないことを祈りつつ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

ecute品川はわかりづらい

 昨日、京急700系のお別れ乗車をした帰りに品川駅を利用しました。もちろん目当ては10月にオープンしたecute品川ですが、最初コンコース内にある飲食街をうろついても、”ecute”の文字が見当たらず右往左往してしまいました。新幹線乗り場側にある一角に”ecute”と書かれた看板を見つけようやく辿り着くことが出来ましたが、大宮のにくらべると奥まったところにあるのでちょっとわかりづらいですね。

ecuteshinagawa
 さて、中に入ってみましたが、いやはや芋を洗うような状態でしたね(^_^;)。ここでランチでもと考えたんですけど、とてもすんなりと入れる店はありませんでした。店舗とかはざっとみただけなんですが、大宮にも出店している店がいくつかあったものの、全体的にはこちらの方が女性向けな印象を受けました。

 でも、今度はもっと空いている時間に行きたいですなぁ(^^)。

関連記事
ecute品川(かなり週刊:にっき様)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

試してみました~モノレールスロット

 おとといも書きましたが、羽田空港の2つの駅に設置されたモノレールスロットを昨日やってきました。

 ホームから階段を昇り、改札へ向かう手前にスロットがありました。前では係りの女性が案内をしてましたが、さすがにキャンギャル姿ではなかった模様(笑)。さっそくやってみました。

 Suicaをタッチしてスロットが回りだしました。2つ目まで絵柄が揃ったので、「もしや!!!」と思わせてくれましたが、最後は別の絵が出てしまいジエンド(涙)。前日の大宮と同様、ティッシュの残念賞と相成りました。

monorailslot
 このキャンペーンは来月までやっているので、もし興味のある方はお試しあれ(^^)。なお、当日Suicaで乗車した乗客が対象で1日1回きりとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.19

京急700系に乗ってきた

 今日は都内を中心にあちこちを行き来してましたが、まずは今月の28日に引退する京急の700系から。

 私自身700系という車両はあまり馴染み深くないんですけど、やはり大師線のイメージが強いですね。かつては本線でも活躍してたんですが、こちらでは乗った記憶がありません。もしかすると、無意識に乗ってたかもしれませんけど・・・。

 京急川崎駅に到着したのは12時半前。早速大師線ホームに向かいますが、停車してたのは1000系。もちろん一本落とすことにしました。比較的すんなりと乗れるかなと思ってましたけど、もうほとんどの編成が1000系にリプレイスしてたんですね。

 こうして1000系を見送って次の電車を待ちました。駅のアナウンスで、電車が接近している旨の放送が流れましたが、その中で”700系”という案内が流れました。決して派手なサービスではありませんが、700系目当ての私のような客にはありがたい放送でしたね(^^)。こうして次にやってきたのが700系でした。やはり引退が近いのか、ホームにはカメラを持った同士を多く見かけました。これから引退の日が近づくにつれ、その数はもっと多くなることでしょうね。

keikyu739
大師線で最後の働きをしてる700系(京急川崎駅にて)

 思えば、大師線に最後に乗ったのは平成7年頃。その前の年の4月に初めて小島新田まで乗り潰したんですが、それからしばらくは来てなかった気がします。といっても、川崎大師へ行く用事でもなければ乗ることもないでしょうし、ほんと久しぶりでした。

 電車はそこそこの乗客を乗せて京急川崎駅を出発しました。途中の沿線にもカメラを持った人の姿を多く見かけましたね。今日は天気もよかったですし、絶好の撮影日和だったでしょう。

 で、私は終点までは行かず、途中の鈴木町で下車しました。まだ降りたことがなかったですし、硬券の入場券も欲しかったんですが、窓口で買おうとしたら大人の券がなく、仕方なく子供の券を買いました(涙)。

700kei_suzukicho
鈴木町を後にする700系

 なお、以下の方々のblogの記事にTBさせていただいきました。

・「終焉間近 京急700形」 たいかさん

もうすぐ終焉、京急700形 ダイヤグラムさん

さよなら 京急700形 Kaz-Tさん

引退間近の京急700形に乗る 海外鉄道旅行愛好者さん

明日でお別れ!京急700形(TOMOさん)

京浜急行大師線 / さようなら700形(Podcastrain様)

さよなら700形 (ヤッチさん)

続きを読む "京急700系に乗ってきた"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005.11.18

モノレールスロット

 東京モノレールのサイトにもありますが、今日から来月の18日まで羽田空港第1ビルと第2ビルの両駅に、Suicaをタッチして利用できるスロットが置かれるとのことですが、今日大宮駅にもこれと似たスロットが置かれていました。大宮駅の場合はecuteで買い物をした場合に遊べるとのことでしたが、東京モノレールでもスロットの絵柄が揃うと景品がもらえるとのことで、利用する人は多そうですね。

 電子マネーの普及で、こうしたスロットマシンを導入するところが増えてますね。先日も銀行だったと思いますが、似たようなスロットマシンを導入したというニュースがありましたが、半ばお遊び的な要素とはいえ、今後各分野で流行りそうですね。

 参考:「東京モノレール Suicaでタッチ&プレゼントキャンペーン

 どうでもいいことですが、上のサイトをよく見ると、ペンギンが持っているSuicaはJR東日本発行のモノですねぇ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.17

【書籍】大投資家ジム・ロジャースが語る商品の時代

 久々に旅ネタから離れまして、現在読んでいる本の紹介をしたいと思います。

 ジム・ロジャースというアメリカの投資家が書いた本ですが、株価がうなぎのぼりに上がる昨今、株式をはじめ投資に関する書籍が書店で目立つようになりました。紹介するこの本もそんな中の一つではあるんですけど、私の場合、どうしても「儲かる」だの「これをすれば間違いない」だのという謳い文句が書かれた本は好きくないんですね。なんか胡散臭さを感じてしまうんですけど、そんな中、著名な投資家が書いたこの本は少しは参考になることが出てるかなと思い読んでいる次第です。

 タイトルの通りで、商品取引について書かれた本ですけど、よく言われる”分散投資”については、商品に投資をしなければ本当の分散投資とはいえないという内容が書かれていました。確かに投資といえば一般でいえば株を思い出すんですけど、証券会社や銀行のパンフなどを見ると、さまざまな商品が登場しどれがどういう仕組みでなりたっているのか、よくわからないんですよね(^_^;)。

 そんな中、商品取引というカテゴリーが登場するんですけど、今までは商品取引、あるいは先物取引というと、悪いヤツに騙されて大損させられるというイメージがありました。しかし、なんでもそうですけど、投資について勉強もせずに行えば、思いもよらない出来事(大損するとか)に遭遇することは当然のことですね。私自身、商品取引については全くの無知なので、今この本を読んでも半分はチンプンカンプンなんですけど、少しでも理解して今後のたしにでもしたいなあと思う次第であります。

 勉強するといえば、以前紹介した「金融広告を読め」もまた再読したいですね。

 関連記事
  ・★★★☆☆「商品の時代」ジム・ロジャーズ、日本経済新聞社(2005/6) ¥1,890  (japantn様)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.16

紅葉求めて高幡不動へ

 陣馬高原下からの帰りは通常の路線バスで再び京王八王子駅まで戻りました。この後は特に用事はなかったんですけど、せっかくですので京王線に乗って、久しぶりに高幡不動で降りてみました。高幡不動は去年の1月に訪れて以来ですが、天気のいい日曜だったのでたくさんの人で賑わってましたね。

 そろそろ紅葉してるかなと思い裏山へ行って見ましたが、一部の木が少し赤くなっているくらいで、全体的にはまだまだといったところでした。うーん、今年は全体的に遅めなのかな???

gojyunotou_takahatafudou
高幡不動の五重塔

kouyou_yakahatafudou
全体的にはまだまだでしたが、赤く染まった木もありました

 境内では菊人形も飾られていましたが、場所柄、新撰組の格好をしていました。

kikuningyo_takahatafudou
菊人形は新撰組の志士

hijikata051113
もちろんこのお方も健在でした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

ミッションコーラ

missioncola1

 終点の陣馬高原下バス停前にあった休業中の食堂の扉に見慣れない広告がありました。「ミッションコーラ」と書かれた看板ですけど、私も初めて見る飲料のラベルですね。

 どうやら舶来製のモノのようですけど、いったいどんな味だったのか???興味津々であります。

 ラベルを拡大したのを下に置いときます。

missioncola2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.14

夕やけ小やけ号に乗る

 八王子の市街地から陣馬街道沿いに山奥深く進んでいくと、童謡「夕焼け小焼け」の舞台となった地域へやってきます。昔、八王子駅のスタンプを押したときに、夕焼け小焼けの舞台云々と書かれていたのを記憶していますが、昨日は八王子からバスで陣馬街道沿いに旅してきました。

 ただし、バスの旅といっても普通のバスではありません。昔ながらのボンネットバスがやってきました。西東京バスでは、春と秋に「夕やけ小やけ号」として、京王八王子駅と陣馬高原下間を日曜日に2往復運行しています。昨日は今年最後の運行ということで、前日に思い出して慌てて訪れた次第です(^_^;)。

 さて、京王八王子駅のビル内に入っているバス乗り場に向かいましたが、すでに陣馬高原方面の乗り場には長蛇の列が(鬱)。どうやら団体のようですが、話を聞いているとボンネットバスではなく後続のバスに乗るようでまずは一安心。ただ、ただでさえ狭い乗り場に大勢の団体がワラワラしていて、正直落ち着かない状況でしたねぇ。どこか離れたところで待つとか出来なかったんかなー(怒)。

 と、10時5分前にお目当てのボンネットバスがやってきました。直前になるまで、先の団体のおかげで乗れるかどうかやきもきしてたんですが、無事後部座席に座り事なきを得ました。10時過ぎに京王八王子駅を出発。途中、JR八王子駅前で乗客を拾って、一路陣馬街道をひた走りました。

 このバスには、昔ながらの女性車掌さんも乗務しておりました。しかも昔懐かしい制服スタイルまで再現されていて、ボンネットバスにぴったりのいでたちでしたね。そんな車掌さんから沿線の説明をしながら、次第に八王子の市街地を離れ、山里の風景が車窓から見ることが出来るようになりました。

 こうして、バスは最初の停車場である夕焼小焼に到着しました。もっとひなびたところかなと思ってたんですけど、目の前には小奇麗な施設があり、多くのクルマが駐車してありました。ここで半分近くが降りていきましたけど、私はそのままいて、終点の陣馬高原下まで向かいました。

 今は営業していない食堂の目の前に終点の陣馬高原下バス停がありました。それ以外ではバスの乗車券を売るお店が一軒あるだけで、ひっそりとしたところでした。紅葉も期待したんですが、先日の秋川渓谷同様、まだ赤みが足りませんでしたね。

bonnet_nishitokyobus1

bonnet_nishitokyobus2
(上下とも)ボンネットバス「夕やけ小やけ号」

 これからはオマケですが、バス停のすぐ近くには昔懐かしい丸型の赤いポストがありました。このポストとボンネットバス、昭和の時代へタイムスリップした気分になりましたね。

marupost_jinbakogen
陣馬高原下バス停近くにあった丸型ポスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

まだまだ青い秋川渓谷

 青梅の旅の締めくくりは、御嶽駅から沢井駅まで秋川沿いを散策してきました。もちろんこの時期ですから紅葉を期待したんですけど、まだまだ葉っぱは青さが残ってましたねぇ(^_^;)。

 そんなわけで、わずかながら色づいたところをご紹介しておきます。

akikawakeikoku1
秋川渓谷

akikawakeikoku2
わずかですが、赤く染まっている木もありました

 このときから1週間近く経過したので、少しは赤く染まりつつあるんでしょうか???


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

風っこ、青梅線で試運転中

 青梅から青梅線で御嶽まで向かう途中、今週末に運転されるイベント列車「風っこ」と交換しました。

kazekko
試運転中のイベント列車「ビューコースター風っこ」

 元々は左沢線などでイベント列車として活躍しておりましたが、最近は烏山線や吾妻線でも運行されるなど、活躍の場を広げています。

 私もおととしの8月、烏山線で走ったときに初めて乗りに行きました。ところが当日はあいにくの雨で、オープンデッキの車両での旅は辛いものがありました。今日は青梅線で走ったと思いますが、11月に入ってかなり気温が下がったようで、ちょっと厳しかったかもしれませんね。

 なお、その烏山線で乗ったときの模様をリンクしておきますので、もしよければ覗いて見てください。

 風っこが烏山にやってきた 烏山線開業80周年記念

| | コメント (0) | トラックバック (2)

青梅駅の駅そば(思ひ出そば)

 続きになりますが、先日の青梅を訪れた際、昼は駅のホームにある立ち食いそば屋さんに入りました。ここのお店、レトロ調な造りでありましたが、近年昭和の町並みで街づくりを進めている青梅らしさを感じさせてくれましたね。

oume_omohidesoba1
青梅思ひ出そば

 入口の脇にあった券売機で食券を買い中へ。今回は「思ひ出そば」というのを注文しました。いったいどんなものかと待っていたら、具がおでんでした。おでんとそばのコラボといったところでしょうか(^^)。

omohidesoba2
これが「思ひ出そば」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.11

青梅散策

oume_museum
 今週の火曜日に行った青梅の町。青梅といえば、町の至る所に昔の映画の看板が建ち並び、昭和レトロで町おこしをしているところとして近年話題になっておりますが、今回は町歩きというよりは、市内にある青梅市郷土博物館に用事がありました。ここでは現在、「青梅線玉手箱」と題し、現在の青梅線の前身である青梅鉄道に関する資料の展示が行われております。青梅線が私鉄として始まったことはいろんな資料で見聞きしておりましたが、他の路線に比べると駅間が短いところはかつて私鉄だったことを物語っていますね。こうした路線は飯田線や南武線も同様のところがあるんですけど、博物館には青梅鉄道にまつわり資料があって、貴重なものを見せてくれました。

 その後はしばし青梅の町を散策。以前はまだ出来てなかった「青梅赤塚不二夫会館」に行きました。「なぜ青梅に赤塚不二夫?」という疑問がありましたけど、氏が漫画家としてデビューする前に映画看板の絵描きとして活躍してたことが繋がりのようです。私も氏の漫画といえば、むしろアニメ作品で接した世代なんですけど、「バカボン」をはじめ「アッコちゃん」などの名作のキャラクターに久々に出会うことが出来ました。

akatsukafujiomuseum
青梅赤塚不二夫会館

bakabon_museummae
氏の作品には欠かせない「バカボンのパパ」

 続いて、近くにある「昭和幻灯館」と「昭和レトロ商品博物館」にも立ち寄り、しばし昭和の思い出に耽りながら時を過ごしました。近年映画などでも昭和を懐かしむ流れがありますけど、その起爆剤となったのはここ青梅の町だと思いますね。これがブームで終わることなく、古いようでも新鮮な昭和をいつまでも楽しませて欲しいものであります。

oumesta
青梅駅もなかなかの味わい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

JR東日本フィギュアコレクション

 またまたオマケものです(笑)。

 只今、JR東日本経営のコンビニ「NEWDAYS」で販売しているペットボトルの飲料の一部に、JR東日本フィギュアコレクションと称したオマケがついております。中身はJR東日本の社員が実際に着用している制帽のフィギュアで、オマケと一緒についてきた説明書には、男女の駅長と助役、一般社員とサービスマネージャの6種類の制帽があるとのことです。

 私も2つ購入してきましたが、一般社員のものとサービスマネージャのものでした。

seibofigyua
制帽フィギュア(左:サービスマネージャ、右:一般社員)

 ”制帽編”と書いてありましたので、続編があるのかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パティスリークレソン@大岡山

 昨日の続きですが、頂いた引換券を早速使わせていただきました。その記念すべき(?)最初のお店ですが、東急目黒線沿線の大岡山駅前にある「パティスリークレソン」というお店であります。ほんとは目黒駅前にあるお店に行こうかと思ったんですけど、ケーキを持ち帰るのも面倒だし、今回はお茶だけにした次第。

kureson_oookayama
 で、ほんとに大岡山駅のまん前にお店があるんですね。この前の日曜は午後から雨がぱらつきだしたんですが、目の前にお店があったおかげでそれほど濡れずにお店に辿り着きました。

 お店の中は広くはありませんが、お茶が出来るスペースがありました。でも、数組も入ってしまうとすぐに埋まってしまうほどなんですが、行ったときが夕方だったこともあって、他にお客さんがおりませんでした。そんな中、テーブルに座り、735円のケーキセットを注文。ドリンクはホットコーヒー、ケーキはショーウィンドウに入っているものの中からえらべるとのことで、開店当初からの味をそのまま受け継いだというケーキにしました(ただ、名前を失念(涙))。

kureson_cake
 どこにでもありそうなこじんまりとしたお店でしたが、雨が降る夕暮れ時にのんびりと過ごすことが出来ました。

 なお、引換券はおつりは出ないとのことなので、おみやげに焼き菓子をいくつか見繕って買ってきました。スイーツの店で1000円分が使えるとはいえ、ケーキセットも1000円は越えませんし、こうした焼き菓子は一個あたり百円ちょっとということで、ありがたいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

スタンプラリーの景品が当った!

 9月の中旬に東京メトロ・都営・東急の3社で行われた「アニマル横町スタンプラリー」。私もスタンプ設置駅を全て回り記念品をGetしてきましたが、全駅を押し終えたところで景品が抽選で当選するというハガキを貰いました。で、このハガキを応募したところ、見事B賞というのが当りました(^^)。このB賞ですが、スタンプ帳に掲載された沿線のスイーツの中から4つのお店で使えるクーポン券というもので、合計5000円分も入っておりました。

animarustamprarry
 もちろん5000円分の引換券はうれしいところですけど、しかも利用期間が今年一杯とのことなので、少しづつ使っていかないと使い切ることが難しそうです。せっかくですので、対象となるお店のスイーツを楽しみたいと思います。

 といっても、実はすでに1枚使ってしまいました。タンコロ祭りの帰りに寄ってきたんですが、このお店については別の記事に記したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.08

江ノ電のタンコロに会って来た

 こんばんは。今日は休みを取って青梅方面へ行っておりました。近年昭和レトロで町づくりをしている青梅の町並みを見た後は青梅線に乗って木々が色づきだした秋川渓谷沿いを散策してきました。今日の出来事についてはまた改めて書くことにして、まずはおととい行ってきたイベントを書きたいと思います。

 で、おとといですが、江ノ電の極楽寺の車庫で行われたイベントに行ってきました。2ヶ月前、304編成のお別れイベントがあったばかりでしたが、今回は”タンコロ”こと108系車両が公開されるとのことで、まだ会ったことがなった自分にとっては楽しみなイベントでありました。

 それにしても大変な賑わいでしたねぇ(^_^;)。304編成のお別れイベントは、ファンが中心といった感じでしたけど、今回は家族連れの姿が目立ちました。それ故に、車両の前で次々と記念撮影をしていたため、なかなかいい画像を収めることができませんでした。

tancoro
”タンコロ”こと108系

tancoroheadmark

タンコロのヘッドマーク

driverroom_tancoro
運転台

 タンコロといえば、今年の8月にNTV系で放映された「24時間テレビ」で、SMAPの草彅剛が演じたドラマの中でタンコロが登場しました。重い病気で余命わずかの少年に夢をかなえようとタンコロの運転を実現させたというストーリーでしたが、私もこのドラマをずっと見ておりました。歴史のある車両だけに、これからも末永く保存して欲しいものであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

【訃報】本田美奈子さん

 昨日鎌倉から帰宅し、妻から女優の本田美奈子さんが亡くなったことを知りました。長期の療養をしてたことはニュースなどでも知っておりましたが、復帰の望みも叶わぬまま永遠に旅立つことになってしまいました。

 本田美奈子さんというと、どうしてもデビューした直後のイメージが強かったりします。他のアイドルに比べると歌唱力があるかなという程度の認知でしたが、その後舞台女優に転じてからの活躍は目に止まるものがありましたね。

 それにしても、実力のある女優が鬼籍に入ってしまったことは何とも惜しいことであります。彼女のご冥福を祈らずにはいられません。

 参考:毎日新聞「訃報:歌手の本田美奈子さん、急性骨髄性白血病で死去

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.06

【11/5】つくばエクスプレスまつり訪問

 今日は鎌倉へ行っておりました。江ノ電の極楽寺にある車庫で行われた”タンコロ”こと108号の公開を見に行ったんですが、このことは後日書きたいと思います。今日撮ってきた画像は整理がついたんですが、昨日行ったイベントのことを先に書きたいもんで・・・。

 で、昨日ですが、8月に開業したTX(つくばエクスプレス、以下同じ)の車両基地の公開に行っておりました。場所は茨城県の守谷。もちろん開業後は今回が初めての公開でしたが、それだけに行く前から大変楽しみにしておりました。

 武蔵野線の南流山で乗り換え、守谷で下車。ここから関東鉄道に乗り換えます。車両基地は次の南守谷駅が最寄で、ここから歩いて15分ほどのところにあるとのこと。駅前には会場までのシャトルバスが止まっておりましたが、歩いて行ける距離だったので、横目で見ながらつらつらと歩いて向かいました。

つくばエクスプレス総合基地'05.11.5
会場に到着

 関東鉄道の踏切を越え、延々と側道を歩き続けること15分ほどで会場に到着。時間は10時半を過ぎた頃だったので、会場内にはすでに大勢のお客さんが銘々楽しんでおりました。

 まずはお約束の車両撮影。最近開業した路線はホームに自動ドアを設置しているところが多く、車両を写すのに一苦労なんてことが多くなったんですが、ここではそんな心配もなく車両を写すことが出来ました。そんな車両の前には、TXのキャラ「スピーフィ」が子供たちと記念撮影に引っ張りだこになっておりました。

TX-1000系&TX-2000系@つくばエクスプレス総合基地'05.11.5
スピーフィがお出迎え

 すぐお隣には、車内公開用の車両もあり、一通り車内を見て回りました。まあ、最近の車両にありがちな内装なのでそれほど琴線に触れるようなものではありませんでしたけどね。ただ、通勤区間でありながらクロスシートの車両を要するおは、やはり常磐線を意識したんでしょうね。

 お約束のグッズのブースでは大勢のお客さんがカード類などを物色しておりました。私はまだ持ってなかったスピーフィの携帯ストラップを買ってきました。

 昨日は同じ時間帯に開催されていた関東鉄道のイベント会場へ向けてシャトルバスも運行されていました。あちらのイベントは数年前にお邪魔したことがあったので今回はパスいたしましたが、こうした共同開催というスタイルもおそらくこうした鉄道イベントでは今までなかったと思います。今後同じようなスタイルで行われるかどうかわかりませんが、タイプの違う鉄道を見るという点では面白いかもしれませんね。

# タイトルの変更、および画像の差し替えを行いました('11.11.5)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.05

安中榛名駅を訪ねた

meguminoyu_051103
 さてさて、文化の日。最後の仕上げは温泉でした。横川から高崎線の普通電車に乗って磯部駅で下車。以前ここでも取り上げた「恵みの湯」を訪ねました。真新しい温泉ですが、祝日とあって多くの人が温泉を楽しんでおりました。

kyosaihi
 のんびり温泉に入ったあと、休憩室で缶チューハイ片手にまったりと過ごし、再び磯部駅へ。駅前にある「恐妻碑」なる石碑を見て我を振り返りながらバスを待っておりました。行先は安中榛名駅。長野新幹線の駅であります。磯部駅に来るといつも駅前にある安中榛名駅行きのバス停を見ては気になっていたんですが、今回は思い切ってこのバスにのってみることにしました。

 15時30分、黄色い車体の小型バスがやってきました。ボルテックスアークというあまり聞きなれないバス会社ですが、自分一人だけ乗せて15時35分、磯部駅を後にしました。

voltexark
 磯部の温泉街を抜けるとバスはひたすら田舎道を走り続けました。この間、バスに乗り込んでくる客はなし。たった一人の客を乗せてバスは雨の中、走り続けました。やがて、JRが分譲した住宅街に差し掛かり、程なくして終点の安中榛名駅に到着しました。

annakaharunasta
 一部の「あさま」が停車するだけの安中榛名駅ですが、駅前にはコンビニがわずかに一軒あったくらいでひっそりとしておりました。これほど寂しい新幹線の駅もそうそう見当たらない気がしますが、ほんと何もないところでしたね。

 そんな雨がぱらつく安中榛名駅を16時5分の東京行き「あさま」で発ちました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

峠の釜めし

 おとといの続きです。

 昼は横川駅前のおぎのやで食べました。実はここで食べるのは今回が初めてなんですけど、昼時とあって、お店に入るとすでに先客が数組入っておりました。

 で、やはり皆さん目当てはあれでしたね。「あれ」といっただけではなんだかわかりませんけど(笑)、横川といえばやはり峠の釜めしでしょう。

togekamameshi_ravel峠の釜めし

togekamameshi_naka釜めしの中身

 もちろん今回が初めて食べたわけではありませんが、横川と軽井沢間が廃止された今になっても、味も形も変わってませんね。でも、やはり機関車の付け替えの合間に釜めしを買うためにホームを奔走する姿は、今でも忘れることが出来ません。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.04

吹上駅前のお花畑

 昨日の続きであります。横川へ向かう途中、高崎線の吹上駅で途中下車しましたが、駅前にコスモスのお花畑がありました。おそらく植えられたものでしょうが、少し盛りは過ぎたものの、まだまだ綺麗に咲き誇っておりました。

kosumosu_fukigaeekimae1

kosumosu_fukiageekimae2
吹上駅前に咲き誇るコスモス(上下とも)

 半年近く前の6月に同じところへ行ったときは、ポピーが咲いておりました。このときの様子はこちらにあります。

 追記になりますが、1年前の今日は交通事故に遭った日でしたね。あのときは大変な思いをしましたが、今は随分と昔の話のような気がします。あれから1年間の間にいろんなことがありましたからねぇ・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.03

碓氷峠を見守り続ける近代遺産

 先日書いた旧丸山変電所の内部公開ですが、今日行ってまいりました。この週末は例によって公開イベントが目白押しなのと、今度の週末は天気が芳しくないとのことで、行くとしたら今日と考えていました。

 しかし、、、(-_-)。昼前に横川駅に着き、駅前のおぎのやさんで釜めしを食べて変電所目指して歩き出したとたんに雨がパラパラ来てしまいました。文化の日って比較的天気が好天に恵まれるという話なんですけど、今年はそのジンクスは外れてしまいましたねぇ。

 そんな中、20分ほど歩いて変電所に到着。早速中に入ってみることにしました。

 中はがらんとした空間で、ぼろぼろになりかけていたコンクリートの床が何とも痛々しい状態でありました。数年前に大改装が行われたおかげで建物自体は見事に復元されていはいましたが、それまでは屋根も朽ち果てて雨ざらしの状態だったんですね。私は電車の車窓からしか伺いすることが出来ませんでしたが、逆な言い方をすれば、信越線が廃止になったおかげで、取り壊される寸前に復元の処置がなされた幸運な建物と言えそうです。

maruyama_inn1

maruyama_inn2
旧丸山変電所の内部(上下とも)

 同じレンガで出来た建物といえば東京駅がありますが、駅舎に比べるとなかなか目立たない変電所の建物ということで、どうしても地味な存在になりがちですね。でも、日本の近代化に貢献した碓氷峠の構造物の一つとして末永く残して欲しいところであります。

maruyama_sotogawa051103


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.02

【書籍】サバがトロより高くなる日

 最近、スーパーなどで魚を買う機会があるんですが、サバの切り身が入ったパッケージに「ノルウェー産」と書かれたラベルが貼られていたのを見かけました。サバといえば我々にとってとても馴染み深い魚なんですけど、こうした魚介類でさえ輸入しなきゃ食べることが難しくなっているということを、普段からもっと知らないといけないなぁと改めて痛感しました。

 マグロなんか一番我々には馴染み深い魚なんですけど、今では獲る量を制限しないと将来食べることさえ困難な状況になる危険性があるということを考えると、ちょっと背中が凍る気持ちですね。。。寿司が食べられないなんてことも決して夢の中の話では済まされないということが、この本を通じて感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.01

ネット経由だと特典が割引

 日本航空のJMBでは、通常よりも少ないマイル数で特典航空券に引き換えることが出来るキャンペーンを行っています(こちら参照)。例えば、国内線では通常15000マイルが必要ですが、このキャンペーンを利用すれば14,000マイルで交換することが出来ます。

 但しこのキャンペーンを利用するには、ネット経由で申し込みをする必要があり、電話等で申し込みをすると通常のマイル数が適用となってしまうので注意が必要です。また期間は今月末までにフライトの予約を行う必要があります。ただあくまでも予約が今月末までとのことなので、これ以降のフライトの申し込みでも可能です。

 実は私もこのキャンペーンを利用してマイルを航空券に交換しました。9月末まで1万1千ほどあったんですが、パックで札幌を往復したおかげで1万2千マイルを超えました。

 実は1万2千マイルで今回のキャンペーンの恩恵に預かることができるんですね。実は韓国までの特典マイル数が、今回のキャンペーンでは12000マイルなんです。国内線よりも少ないマイルで飛べるとあればこれは引き換えるしかないですなぁ(笑)。

 で、行程ですが、随分と先の話で、4月の上旬にしました。

 往路:成田→釜山
 復路:釜山→関空→羽田

 関空経由にしたのは、すでにこの時期には開業となっているけいはんな線の初乗りをするためであります。さすがに神戸空港はまだ難しいようなので別に行く予定ですが、ここ数年、JAL便のお世話になることが多くなった私であります(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »