« イヴの晩餐 | トップページ | 羽越線で脱線事故! »

2005.12.25

クリスマスに彩る東急世田谷線

 クリスマスの25日ですが、東京周辺をあれこれ散策しておりました。そんな中、久しぶりに東急世田谷線に乗ってきました。

 京王線で下高井戸まで行きました。駅に着いてみると、クリスマスオリジナルデザインの1日乗車券を販売しておりましたので1枚購入。320円也。一律140円なので、3回以上乗れば元が取れる公算ですが、せっかくですので、これを使って乗り降りすることにしました。

 今日までせたまるくんがサンタの格好をしたラッピング電車を運転しておりますが、下高井戸でいたのは別の電車でした。とりあえずはこの電車に乗ることにしました。

tokyu303-1
下高井戸で出発を待つ303-1

 下高井戸を出てすぐに、せたまるサンタのラッピング電車とそれ違いましたので、次の松原で降りました。ここでは反対側の下高井戸方面のホームに玉電塗装の電車が入ってきました。

tamaden
玉電カラーの電車(松原にて)

 残念ながら今日は乗車することが出来ませんでしたが、かつてを忍ばせてくれるカラーの電車は、当時を知る人にとっては懐かしく感じることでしょうね。

 こうしてお目当ての電車が入ってきました。車内に入るとクリスマスらしい装飾が施されておりました。せたまるくんというキャラは今回初めて目にしましたが、最後にここを訪れたのが多分旧型の車両がいた頃ですので、随分とご無沙汰だったと思います。昔はいなかったと思う女性の乗務員もあちこちで見かけましたね。

setamaruchristmas
せたまるクリスマスラッピング電車(松原にて)

christmasinn
車内もクリスマスの装飾が

setamaru
せたまるくん

 次の山下で下車。ここで一旦小田急線に乗って和泉多摩川へ向かいました。何で向かったのか、これについては後ほど別の記事でご紹介するとして、再び戻ってきてからの様子を書くことにします。

 山下から再び世田谷線の電車に乗り込みます。とにかく手持ちには1日乗り放題の乗車券がありますので、これを使いたいと思い、次の宮の坂で下車。ここは下高井戸方面のホームに隣接した緑色の車両が目立ちます。これは玉電で活躍後に江ノ電に転籍、引退後再び世田谷線に戻ってきたという電車で、601型といいます。これを見るのは今回が2回目と思いますが、車内にも入ることができます。状態もなかなか良好のようで、これからも末永く大事にして欲しいものですね。

motoenoden601
元江ノ電601系

601inn
601系の車内

 宮の坂から再び電車に乗り込み、終点の三軒茶屋へ到着。ここはせたまるサンタのラッピング電車に合わせて、駅構内にクリスマスの装飾が施されてました。

christmas_santya
三軒茶屋駅もクリスマスの装い

 世田谷線は都電荒川線と並び、都心でのんびりと汽車旅を楽しみたいという向きにはもってこいの路線ですね。今回は玉電カラーの電車に乗ることが出来ませんでしたが、この界隈には別件で用事があるので、そのときには乗ってみたいです。


|

« イヴの晩餐 | トップページ | 羽越線で脱線事故! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/7823117

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスに彩る東急世田谷線:

« イヴの晩餐 | トップページ | 羽越線で脱線事故! »