« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

手ぬぐい当る

 またまた懸賞が当りましたのでご報告を(^^)。

 @niftyのサービスの一つである「@nifty温泉」で、「秋のクチコミキャンペーン2005」というのをやってたそうなんですが(実は知らなかった(笑))、その景品としてオリジナルの手ぬぐいが当りました。そういえばクチコミを書いた記憶があるんですが、特段景品欲しさに書いたわけでもなかったので、送られてきたときはちょっと意外な気持ちでありました。

 でも、いただけるものは何でもうれしいものであります(^^)。ただ、温泉ではあまり手ぬぐいは使わないんで、使うかどうかは判らないというのがありますが・・・。

tenugui_niftyspa

 関連記事
  ・ニフティからのプレゼント (たべちゃん様)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.30

【読書中】路面電車

 かつて路面電車といえば、のこのことクルマに追い抜かれながら走ると言うイメージがあったんですけど、地下鉄を造るのには建設費がバカにならない上、慢性的な道路渋滞をなんとか解消したい。そんな中近年脚光を浴びるようになったのが路面電車というわけであります。

 この本では、そんな路面電車の可能性について書かれておりますが、各地で投入が進んでいる床が地面にくつきそうな車両はまさにこれからの都市交通機関としての期待の高さを感じさせてくれます。

 つい一週間ほど前に広島へ行ってきましたけど、京都や大阪で活躍してた旧型の路面電車に混じって、低床車も活躍しておりました。「グリーンムーバー」ってやつですけど、広島では新旧さまざまな車両が行き来しており、見ているだけでも楽しい光景ですね。

 ヨーロッパやアメリカでは一度廃止した路面電車を復活させたところもあるそうですが、日本ではまだそこまでには至っていないですね。何分前例のないことなので自治体も躊躇しているんでしょうけど、そんな中、ライトレールとして再出発を決めた富山港線が今年の4月末に「富山ライトレール」として開業するのは注目すべきところですね。私も出来るだけ早い時期に訪問したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.29

つけそば じゃぶ屋(恵比寿)

 以前ご紹介した「山手線でめぐる!TOKYOグルメ」の第2弾のパンフが駅にありましたので、早速手に入れました。今回はカレーとラーメンのお店が紹介されております。その中から今日は、恵比寿にある「つけそば じゃぶ屋」に行ってまいりました。

 恵比寿駅から駒沢通りを東へ向かい、右へ曲がったところにお店がありました。カウンターだけのこじんまりとした店内ですが、11時過ぎということもあってすぐに入ることが出来ました。

 麺は温麺と冷麺が選べ、今日は温麺にしました。冊子のクーポンを利用して味付け卵をトッピングしてもらいました。

 スープはさほど辛くはなく食べやすかったですね。麺もコシがあってなかなかおいしかったです。

 今回もいろいろなお店が紹介されているので、これを片手にあちこち回ってみたいです。

hi350044.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮の湯

野田市にある温泉「潮の湯」に入ってきました。hi350045.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.28

モバイルSuicaスタート

 今日から始まったモバイルSuica。早速アプリを落としてセットアップしました。

今日は日中、浦和まで用事があったのですが、そのとき使ってみました。まあこんなもんかなってくらいでしたね(^_^;)。はっきり言えるのは、チャージするのに券売機に並ぶ必要がないことかな。

そういや、夕方のニュースでもやってましたね。

hi350043.JPG

 関連記事
  ・モバイルSuica始まる (はいぱ様)
  ・モバイルSuicaを使ってみました。(その1) (GAN様)
  ・モバイルSuica (m-wonder様)
  ・モバイルSuicaを使ってみた (Kaz-T様)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

【今日のランチ】スープカレー[心]

さいたま新都心にあるスープカレーの店です。期間限定メニュー「もち豚とほうれん草のスープカレー」を頼みました。豚肉が柔らかでした。hi350042.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.27

福祉の押し売り(東横インの一連の問題について)

 ビジネスホテルチェーンの東横インがホテルを建築後、条例で義務付けられている身障者用の設備を撤去、ロビーを広くするなどの違法な改築をしたとして、所在の自治体から立入検査を受けたというニュースが流れました。このホテルチェーン、格安な値段で宿泊できるということもあって、私も過去に何度か利用したことがありますし、私の住むところにもつい最近オープンをいたしました。

 最近、駅を利用すると、以前は階段だったところにエスカレーターが設置されているのをよく見かけます。もちろんエスカレーターは階段の昇り降りには快適ですし、私自身も利用しないわけではありませんが、横幅が狭い階段にもエスカレーターが設置されているところもあり、こういうところでは階下にエスカレーターを待つお客の列が出来るなどして返って不便になっているところを見受けます。

 こうしたバリアフリー施設には補助金がかけられているところも多いんですけど、なんだかムダに垂れ流しているという気もしてしまうんですけどね。”福祉の押し売り”的な補助金の垂れ流しは、かつての道路建設に対する補助金の形を変えた姿に見えなくもありませんな。

 産経新聞:完了検査後にホテル不正改造 東横イン、横浜や島根で

 関連記事
  ・かごの中の鳥はもうイヤだ! (税理士 大林様)
  ・がっかり (とし//様)
  ・東横インが法令違反、条例違反:企業イメージはお金で買えないんですが・・・ (くぬ様)
  ・そんなに東横インが悪いのか (SATO様)

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006.01.26

最後の活躍~常磐線103系

 日曜日にもぶろぐしましたが、常磐線の103系に乗ることが出来ました。かつては首都圏の通勤通学の足として活躍していた103系も、後継車の台頭でその数を減らし続け、わずかに残るのみとなってしまいました。去年末には武蔵野線からも姿を消し、残すは常磐線のみとなってしまいました。

kuha103274
南千住駅を出発するクハ103-274

 この編成、上野寄りの2両目には窓枠が更新されていない車両がおりました。

window_103
窓枠未更新の車両(上野駅にて)

 最近は、E231系などの車両に乗りなれてしまい、国鉄時代から活躍する車両のモーター音が懐かしく感じられてしまいます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.25

新幹線コレクション

 またまた食玩系のご紹介であります。

shinkansencollection_package
 年末に飯坂温泉へ行った際、福島交通の飯坂温泉駅の中にあったコンビニで見つけたのが「新幹線コレクション」なるもの。文字通り新幹線の模型が入っているんですけど、現在走っている車両はもとより、東海道新幹線開業前に実験線で使われた車両もあるようで(パッケージにそれらしい車両が確認されました)、思った以上に濃いアイテムのようです。

syinkansencollection_type500 で、さっそく箱をあけてみました。出てきたのは濃いものではなく、現役で活躍しているJR西日本の500系でありました。飾りの台もついていて、ちょっとした置物としてはよさそうですね。

 関連記事
  ・駅中コンビニ (xbheadjp様)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.24

ライブドアという会社

 今日のメディアはライブドアの堀江社長逮捕のニュース一色でした。当然といえば当然ですけど、まさに時代の寵児といえる彼の逮捕劇はあまりにも急な出来事でしたな。

 数日前にも記事で書きましたけど、元々ライブドアの株には魅力を感じていませんでした。株主優待があまりもショボイし、なんといっても配当がないというのがその原因でした。年末の株主総会ではその点が触れられたようですが、あれだけ時価総額を引き上げておいて株主に何も還元しないという態度では正直投資には魅力を感じなかったという次第です。

 ライブドアは単元一株から購入可能でしたので、比較的収入の少ない若い世代の購入も多かったのではないかと思いますが、そんな株主を裏切ったライブドアの罪は大きいと思います。今後経営陣が代わりどうなっていくのかは今の段階ではわかりませんが、大変気になるところであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行記blog更新しました

 タイトルの通りなんですけど、旅行記のblogを更新しました。ただ先日の広島への旅についてではなく、その前の貨物鉄道博物館へ行ったときの旅行記であります(笑)。

 ご覧になりたい方はこちらからお入りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.23

ホリエモン逮捕!

 ニュース速報で先ほど流れたそうです。Yahoo!の速報にも逮捕の文字が躍っておりますが、容疑は証券取引法違反。早く一連の事件の真相解明が待たれます。

 今日も株価は全面安。はたしてどうなるのか???

 関連記事
  ・ホリエモン逮捕 (とし//様)
  ・ライブドア堀江社長逮捕でマスコミ大喜び? (たべちゃん様)
  ・ライブドアは果たしてフェニックスか? (mac様)
  ・ライブドアの堀江貴文社長、逮捕! (m-wonder様)
  ・ホリエモンを持ち上げていたのはどこの誰? (さくらんぼだいまじん様)

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006.01.22

帰宅しました

 もうとっくの昔ですけど(笑)、すでに自宅に戻っております。いやはや、毎度のことながら今回もてんこ盛りな旅でありました。

 こちらも毎度のことでありますが、今回の旅については旅日記のblogに記したいと思います。完成したらこちらに発表したいと思いますので、もう少しお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

103系

乗ってます。060122_07430001.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.21

東京行き高速バス

これから乗ります。雪が心配…。060121_19460001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原爆ドームに

きています。060121_16230001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉に

います。これから大和ミュージアムに行ってきます。060121_08580001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.20

瀬戸内マリンビュー

只今三原です。これから瀬戸内マリンビューに乗って呉へ向かいます。hi350036.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾道に

きています。大和一色です。hi350035.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今

羽田に来ております。9時45分発の広島行きの便に乗ります。それでは…。hi350034.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

【読書済み】県庁の星

 県庁職員である主人公が民間のスーパーに研修で出向し、ここで社員といろいろな軋轢や葛藤に苦しみながら1年間の研修期間を全うするという物語であります。最初の頃はスーパーでの仕事に戸惑いを感じ、一時は投げ出してしまいそうな状況に陥ってしまうんですが、スーパーが消防検査で不適格を貰い再検査をすることになったところから状況が変わります。ちょうどその頃、主人公は配属された食品売り場で弁当の売上げを競うことになったんですが、二宮というパート社員から叱咤激励を受けながら徐々に売上げを伸ばしていきます。最後はそれまで停滞気味だった会社の売上げを伸ばすまでになり、そこで研修が終了となりました。

 最初、この本を手にしたときには、官である公務員が民間とかけ離れているというスタンスからこき下ろすような内容かと思ってました。事実、公務員に関して書かれた本の多くが、公務員の実態について書かれたようなものばかりであまり気持ちがいいものでありませんでしたが、この「県庁の星」を最後まで読んでみると民と手を取り合って事業をなしえていくというストーリーでなかなか面白い内容でした。

 去年の春頃、当blogで、「公務員もさることながら」という題で記事を書きましたけど、「民だから」「公だから」と批判する前に、少しでもお互いの考え方が近づいていけるような社会にしていかなきゃと思う次第であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

ライブドアショック!

 昨日に続き、東証株価が下落しましたね。これもライブドアの一連の問題が絡んでいることは明らかなんですけど、これから一体どうなってしまうんでしょうかね???

 まあ、元々株を買うには魅力を感じられなかったんで、ライブドアの株自体はもってないんですけどね。ただ持ってる株は先週に比べ軒並み落っこちてしまいました(;´Д`)”。

 実は先週、2年ほど前に買ったミニ株を売ってしまいました。ナナオという液晶ディスプレイを作ってるメーカーなんですけど、買った当初はなかなか上がらずマイナス状態だったのが、去年あたりから徐々に上昇をし始め、1万以上の益を出しておりました。もう少し上がりそうだったんですけど、あまり欲を言ってもしょうがないし、如何せんミニ株ですからねぇ。配当もたかが知れているということで、売ってしまった次第であります。

 で、代わりに買ったのがソフマップ。つい先日、ビッグカメラとの提携を発表したんですけど、身近に店もあるし持っていてもいいかなと思い買った次第であります。配当がないのがちょっと不満ですけど、果たしてどうなるのやら・・・。

関連記事
 ・ライブドア・ショック (たべちゃん様)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.17

宮崎被告とおたく

 西日本新聞:宮崎被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却 幼女4人の連続誘拐殺人 完全責任能力を認定

 1988年から89年にかけて、東京や埼玉で幼い少女ばかりを誘拐し殺害した宮崎勤被告。その最高裁での判決が今日下りました。

 それにしても、逮捕から17年ですか。2001年に小学校に侵入し殺害した大阪・池田市の小学校の事件の被告は早い時期に判決が下ったんですけど、随分と時間が掛かりましたな。逮捕当時は、TVなどで被告の人間性についてあれこれ専門家などが分析したりして、話題にならなかったことがないほど連日報道されてましたが、同時に『おたく』という言葉が社会に認知されたのもこの事件でしたね。

 そんなおたくですが、去年はおたくを主人公にした「電車男」なるドラマも放映されるなどすっかりと市民権を得るまでになりました。おたくの存在が経済を動かしているといっても過言ではないという状況を宮崎被告はどう見ているでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

【訃報】漫画家・加藤芳郎氏

 新聞連載漫画「まっぴら君」の作者である漫画家の加藤芳郎氏が亡くなられたとのことです。

 漫画家というよりもNHKのクイズ番組「連想ゲーム」のレギュラー解答者の方が印象に残ってますね。放送当時、うちの実家では家族揃ってこの番組を視てたんですけど、どこか頭を使わせるところがあったので、子供だった私はあまり好きではなかったんですね。

 この頃は「連想ゲーム」を初め各民放で競い合うかのようにクイズ番組放映しておりましたが、どれも個性があって面白かったですね。「ウルトラクイズ」や「タイムショック」、あとフジだと「クイズグランプリ」なんてのもありましたね。大人になったらぜひ出てみたいと思ってたんですけど、いつしかなくなってしまいました。

 そんな中、最後まで残ったクイズ番組がこの「連想ゲーム」だったと思いますが、単純でどこか手作りなところが続いたのかもしれませんね。

 氏のご冥福をお祈りいたします。

 毎日新聞:訃報:加藤芳郎さん80歳=「まっぴら君」などの漫画家

関連記事
 ・漫画家・加藤芳郎さん死去 (ほどよい独り言様)
 ・加藤芳郎さん逝去 (ざわ様)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.01.15

1年前は

 1年前のこの土日は、東武大師線に乗ってたんでしたね。これで日本の鉄道を全線乗り潰したんですけど、あれからもう1年なんですね。

 その後、つくばエクスプレスや中部空港関連の開業が相次ぎ、その度にあちこち乗りつぶしに行っていますが、今年も来月のポートライナーの延伸をはじめ、いくつかの路線が開業します。ポートライナーについてはすでに現地までの足を押さえてあったりしますが、乗り潰しという趣味を持つと、こうした”タイトル奪回”という『仕事』が出来てしまい大変であります(^_^;)。まあこれも趣味でやっているわけでして別に苦痛ってんじゃないですけど、今年もこれをネタにあちこち足を運びたいと思います。

 でも、昔に比べると数日かけての旅というのは難しくなったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.14

【1/14】旧万世橋遺構公開に行った~交通博物館

 数日前に記事にした交通博物館のさよならイベントですが、今日訪問してまいりました。

 秋葉原駅を降り、まずはみどりの窓口へ。ここで交通博物館の入館券を購入しました。博物館脇の券売機で買うと310円なんですが、事前にJR東日本の駅で買うと50円割引になります。これは使わない手はないですね。こうして電気街を通り抜け、万世橋を渡って交通博物館に到着です。

交通博物館入口'06.1.14
0系新幹線とSLがお出迎え

 先ほど買った入館券を受付の係の人に渡し中へ。すぐ目の前に今回目的の万世橋駅公開の受付がありました。その前に先着でもらえる硬券きっぷを頂きました。5月の閉館までに5種類ほど登場するとのことなので、これ目当てで再訪するかもしれませんねぇcoldsweats01。で、肝心の公開ですけど、10人ほど並んでいた列の最後部に付き順番を待ちました。数日前に電話で事前予約を入れていたんですが、その際に受付番号を聞いており、私の順番がきた際にスタッフにこの番号を告げて受付を済ませました。

 受付を済ませたものの集合時間まで1時間近くあったので、館内をぶらぶらしました。子供の頃から数え切れないほど訪れた交通博物館ですけど、改めてじっくりと展示物を見ると「よく出来ているなぁ」と感心せざるを得ません。車内の座席も見事なまでに再現されているんですが、これも一つ一つ丁寧に作られているんですよね。それとやはりウリになっている広大なパノラマ運転台ですが、子供の頃に親にせがんでここで見せてもらっったことを思い出しました。今日もパノラマ運転台にはたくさんの家族連れが熱心に模型運転を見学しておりましたけど、昔は自分もあそこで見てたんだよなぁ。。。

C57&98式@交通博物館'06.1.14
館内に展示されているC57と98式SL

151系&153系模型@交通博物館'06.1.14
館内の展示模型

 やがて集合時間が近づいてきたので、集合場所となっている1号機関車の前に向かいました。ここでスタッフから点呼を受けると、見学時の注意事項を聞き誘導に従って移動となりました。

 現在、蔵出しの模型が展示されているスペース(流線型C55の模型があるところ)を通り過ぎ、突き当たり手前の職員通用の扉を抜けました。ここから先は一般には入ることが出来ないところですが、これまで数え切れないほど訪れた交通博物館でも始めて訪れた空間でしたね。狭い通路を抜け、暗いスペースに案内されました。ここで数分間の映像を見学しました。万世橋駅と交通博物館を簡単に紹介したものですが、最後で来年秋にさいたま市にオープンする鉄道博物館もしっかりと紹介されておりましたねhappy01

万世橋待合室跡'06.1.14

 ここはかつての待合所だったところでしょうか?残念ながら場所の説明等がなかったので手持ちの資料だけではわからなかったんですけど、出来れば簡単な説明は欲しかったですね。

 参加者銘々撮影を済ませるといよいよホームへの移動となりました。再び狭い通路を進み、古びた階段を昇るといよいよホームへと出ます。

201系@神田'06.1.14
万世橋駅のホーム。しっかりと駅名板もありましたhappy01

旧万世橋階段'06.1.14
ホームから階下を望む

 残念ながら、営業の中央線が行き来しているため、ホームへ実際に降り立つことは出来ませんでしたが、ここから行き来する中央線の電車の様子を見るというのも初めての体験なんですよねぇ。その点では今日は貴重な体験をすることができました。なお営業してた頃は手すりもあったそうですが、戦争による物資供給のため取り外されてしまったそうです。

 あと4ヶ月ほどで閉館となる神田の交通博物館。閉館となってしまうのは寂しい気がしますが、来年の秋にはさいたま市へ移転して装いも新たになるので、今から楽しみですね。閉館までにはまだ間がありますので、また訪れたいと思っています。

関連記事
 ・『さようなら交通博物館』 イベントの内容詳細 (Railway Writer's Office様)
 ・【所沢】航空発祥記念館にいらっしゃい! (まさつぐ様)
 ・旧万世橋駅遺構公開 (くましげ様)

# 画像の一部修正をしました(2013.10.16)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.13

今日は

野田線大和田駅前の郵便局の反対側にある居酒屋で飲んできました。初めての店でしたけど、雰囲気のいい店でした(^-^)/。hi350057.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.12

なにもない1日

 というと語弊がありますけど、残業で帰宅したのが9時前。さっき食事を済ませたばかりであります。

 というわけで、今日はネタがありません(^_^;)(^_^;)(;´Д`)”。

risu1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

交通博物館さよならキャンペーン

 先日、鉄道関係の今年の動きとしてあれこれ列記したんですが、もう一つ加えなきゃいけないものがありました。交通博物館の閉館ですね。万世橋の交通博物館は5月14日をもって閉館となりますが、それに伴ってさまざまなイベントが行われます。

 その中で一番興味深いものといえば、旧万世橋駅の公開でしょうね。こちらは事前予約が必要ですが、この週末あたりはかなり賑わいそうですねぇ。やはり平日の訪問がベストでしょうか???

 詳細についてはこちらをご覧ください。訪問の際にはまたこちらにアップいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

【読書済み】住宅購入学 いま、何を買わないか

 実は昨日で読み終えてしまったので、タイトルを【読書済み】といたしました(^_^;)。

 近所の書店に行くと、住宅購入に関して書かれた本のコーナーがありました。言うまでもなく、去年の末から騒がせているマンションの設計偽装問題があったことで、よりよい住宅を購入したいという人が増えている中、こうした住宅に関する本が紹介されているわけですが、これまでの建設会社や販売業者、しいては行政といった住宅を取り巻く業界全体の”慣例”が、昨今騒がれている設計に不備を持つ”欠陥住宅”をはびこらせた原因ともなったと思いますね。

 作者である高島氏も本書の最後に、欠陥を持った住宅に大金を投資したことは、いいかげんな仕事をした業者に票を入れたのと同じということを書いています。今後は建物の非破壊検査など、自分が購入しようとする物件に対して第三者の検査機関を入れていくことは常識になるとのことですが、一連の事件を契機にこうした検査も一般化していくんでしょうね。

 それと、今までは新築が一番価値が高いといわれていましたが、中古物件でも十分なメンテナンスが施されていればより高い価値の建物になることが書かれていました。私もある程度の中古でしっかりとした造りの住宅に住みたいと思っていますけど(できればお値打ちものという物件であれば文句なしですけどねぇ(^_^;))、まだまだ中古物件に対する情報が少ないので、今ひとつ二の足を踏んでいる現状なんです。このあたりも今後少しづつ変わっていくんでしょうけど、そんな中でしっかりとした仕事をしている住宅を選んでいきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

貨物鉄道博物館

 それでは、昨日のことでも書くといたします。

 今回ももちろん手元には18きっぷ。3年前の春、名鉄の上飯田連絡線開業の初乗りで18きっぷを使って日帰りで行ったことがありましたが、正直かなりの強行軍でしたね。もう2度とやるもんかと思ってましたけど、結局今回もやってしまいました(^_^;)。

 さて、自宅のあるさいたま市から普通列車を乗り継いで三重県の桑名に到着したのが午後の1時前。さすがに全行程を鈍行だけで行き来するのは無理があるということなので、途中から特急「東海」のお世話になりました。桑名からは近鉄に乗り換えて近鉄富田駅へ。隣のホームに黄色いカラーの電車が停まっておりました。

sangi105
三岐鉄道の101系電車

 かつて西武で活躍した401系がこちらへ転属してきた車両ですが、電車については帰りに乗車した801系共々元西武車一色ですね。おまけに車体も黄色とあって、往年の西武線の様子が思い出されました。

 そんな元401系電車に乗って一路目的地の丹生川へ向かいました。

 実は前回乗車したのは'92年の9月でした。この時はお隣の近鉄北勢線で終点の阿下喜で下車、徒歩で30分以上かけながら伊勢治田駅まで辿り着き、終点の西藤原まで来てから近鉄富田まで乗り潰しました。そんなわけで、近鉄富田から西藤原方面へ向かっていくのは今回が初めてだったわけですが、もう15年近く前のことになってしまい、車窓の様子は忘れかけてしまってましたね。

 こうして40分ほどで丹生川に到着しました。近鉄富田駅では天気もよかったんですけど、途中から雪もちらつくようになり、ホームに降り立つと吹き込んでくる風が大変冷たかったです。

 さて博物館ですが、駅を出て西藤原寄りの踏切の脇にありました。もっともホームからも見えますので迷いようがありませんね(笑)。すでに中にはお客さんもいらっしゃいましたが、芋を洗うような状況ではありませんでした。さっそく展示されている車両を拝むことにいたしました。まずは富田寄りに停車してたB4形39号ですね。これは最後は東武で活躍してただけあって一番会いたかったですね。この博物館で唯一のSLですけど、東武も戦後しばらくはこうしたSLが行き来してたんですねぇ。

frm
貨物鉄道博物館

typeb4
B4形SL

 SLの後方には貴重な貨車が何台も展示されておりました。昨日もそうでしたが、ボランティアの方がいろんなメンテナンスを行っているようで、展示されていたほとんどの車両が綺麗な状態だったのには驚かされました。どうしても保存車両といえばSLを始めとする機関車や電車、客車がメインですけど、貨物に特化して保存しているというのは面白いですし貴重な資料ですね。

tamu6263
to246
type91
展示されている貨物(ほんの一部)

 決して派手さはない手作りの博物館ながらわずか1時間の滞在時間はあっという間に過ぎてしまいました。惜しむらくは月に一度しか開館していないことですが、ボランティアの方が手作りでやっている姿を見ると、そうそう要求するものではないですね。

 18きっぷでの旅ということでかなりの強行日程でしたが、充実した一日でありました。

sangi1802
三岐鉄道にもラッピング電車がおりました(近鉄富田駅にて)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.08

ただいま

 帰宅しました。無事に三重県から帰って来ました。幸い大雪に見舞われることなく、定刻で動けたのは幸いでしたね。

 詳細は後日書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

JR下関駅舎放火炎上!

 JR山陽本線の下関駅で昨夜火災があり、駅舎などが全焼したとのことです。

 毎日新聞:JR下関駅火災:74歳無職男を放火で逮捕 ライター使い

 下関駅の駅舎といえば、三角屋根が印象的でしたね。こちらの記事私もこの駅は何度も利用しましたが、東からやってきて九州方面へ向かうときには、「いよいよ本州ともお別れだな」という引き締まった気持ちになったものでした。

 そんな下関駅ですが、手持ちに学生時代に写した駅舎の画像がありますのでご紹介します。

simonosekista
在りし日の下関駅(1989年7月)

 それにしても、むしゃくしゃしてたから火をつけたという身勝手な行為で、貴重な建築物を破壊してしまう行為はあまりにも卑劣な行為ですな。

 関連記事
  ・下関駅焼失 (ぶるない様)
  ・下関駅放火さる (MAC様)
  ・下関駅、放火される (つばさ様)
  ・空腹で駅炎上 (たべちゃん様)
  ・明日から運行再開とはいえ… (佐野@流浪人様)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006.01.06

富山→三岐鉄道へ方向転換

 毎日新聞:大雪:8日まで強い寒気が日本列島覆う見込み 気象庁

 連日大雪のニュースが入ってきております。雪に見舞われた地域に住んでおられる方々にはお見舞いを申し上げます。

 命を落とされた人もおられるほど、今年の雪の降り方は例年にないくらい多いですね。こちら関東地方の平野部は今のところ雪は見られませんが、いてつく寒さで外へ出るのも億劫なくらいであります。

 こんな状況下で日本海側へ行くことは正直自殺しに行くようなもの。ましてやどうしても行かなきゃならない用事ならともかく、今すぐに行かなきゃいけないほど切迫した事情があるわけでもない用事であれば、これは変更するのもやぶさかではないでしょう。

 で、おとといも書きましたが、一路東海道線を乗り継いで三重県まで行ってこようと思います。こちらとて年末の名古屋の大雪ということもあるので、決して安泰というわけではありませんが、何とか天気が持つことを祈りつつ出かけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

江藤ですか・・・

 共同通信:西武が巨人・江藤を獲得 FA豊田の補償選手

 FAで巨人に移籍した豊田の人的補償で、かつてのホームラン王である江藤内野手を獲得したというもの。おいおいって言いたくなってしまうんですが、一塁にはカブレラがいるし三塁は”おかわりクン”中村が来シーズンから本格的にサードを守ることになりそうですから、やるとしたらDHということでしょうか。もう少し若手でいきのいい投手は取れなかったのかと言いたくなってしまいますな。

 基本的には外国人選手は当てにしてはいけないので、今シーズンの西武は実質戦力ダウン。去年の段階で抑えで小野寺を育てておくべきだったと思いますね。今年はBクラス確実かな?

 関連記事
  ・巨人江藤が西武へ移籍の理由 (show16様)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.04

あいや-、こりゃ痛いわ(>_<)

 朝日新聞:雪で列車が脱線、140人が車内に5時間半 JR上越線

 いや-、これは頭の痛いニュースですなぁ(>_<)。実はこの週末に18きっぷを使って富山へ行ってこようと思ってたんですが、これじゃ取りやめですな。

 TOMOさんのblog「TOMOの鉄日誌」にこの2月で休止に入る富山港線の記事があるんですが(こちら参照)、これを読んで最後の姿を拝みに行きたいと思っておりました。高崎あたりで新幹線に乗り換える手も考えたんですが、これだとかなりの出費を覚悟しないといけないですからね。それだったら元々別のきっぷを使って行った方がいいですし、今回はパスということになりそうです。

 富山港線自体は1990年の1月に乗っただけなんですが、LRT化前の姿を拝みたかったですねぇ。

 その代わりに、1月は8日だけ開館している三岐鉄道の丹生川駅近くの「貨物博物館」に行ってこようと思ってます。ここもいずれは訪ねて見たいと思ってたんですが、月一回だけの開館ということで、なかなか行けないでおりました。18きっぷで日帰りというかなりハードな行程になりそうですが、まあなんとかなるでしょう・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

今年最初の温泉

 いよいよ明日から仕事が始まりますが、その前に正月で溜まった疲れを取るべく日中は温泉へ行ってきました。場所はこのblogでも度々紹介した東鷲宮にある百観音温泉。そういえば、おととしの三が日にも来てたんですねぇ(こちら参照)。

 去年の8月以来でしたが、露天風呂が増えていました。やはり週末は混雑してしまうんでしょうかね。今日は源泉の噴出しのアトラクションとやらをやってましたが、日中は風が少しあったので、そう長くはいられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

2006年の動き~鉄道

 2006年が始まってまだ2日ですが、今年の鉄道関連の出来事をあげてみようと思います。抜け落ちているところはかなりあると思いますがご容赦の程を・・・(^_^;)。フォローが頂けると幸いです。

 2月:ポートライナー(神戸新交通) 中公園-神戸空港間開業(2日)

 3月:JR東日本及び東武鉄道ダイヤ改正(18日)
    新宿-東武日光、鬼怒川温泉間直通特急列車運行開始(18日)
    ゆりかもめ 有明-豊洲間開業(27日)
    近鉄 けいはんな線開業(27日)
    
 4月:南海貴志川線、わかやま鉄道に移管(1日)
    ちほく線廃止(20日)
    富山ライトレール開業(4月開業?)

 11月:神岡鉄道廃止(30日)

 12月:大阪市地下鉄 8号線(井高野-今里間)開業(未定ですが・・・)

 富山ライトレールと大阪地下鉄の8号線はまだ開業時期は未定ですが、今年もあちこちで動きがあるようですね。このほかにも、寝台特急「出雲」の廃止などがありますが、今年もあれこれ忙しい1年になりそうです。


続きを読む "2006年の動き~鉄道"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

近藤貞雄氏死去

 新年早々、残念なニュースが飛び込んできました。元中日や日本ハムなどで監督をしていた近藤貞雄氏が亡くなったとのことです。ここ数年、TVなどで見かけないなぁと思っていたんですが、どこか体調でも崩されてたんでしょうかね。中日の監督をしていた昭和57年のリーグ優勝の対戦相手が、西武になって初めて優勝をした広岡ライオンズでした。全く好対照の監督の対戦でしたが、確か第5戦で一塁の塁審が中日の選手の打ったヒット性の打球を当ててしまい、これで流れがライオンズへ行ってしまったというシリーズでした。

 ただ、近藤さんというと、大洋で監督をしてたときの印象が強かったですね。審判に抗議をする際、顔を審判に引っ付けて「ヘボ!ヘボ!」とやってたのが印象に残っていますが、まさに星野監督と並ぶ熱血監督でした。

 年末に亡くなった仰木さんに続き、プロ野球の老将がまた一人鬼籍に入ってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

 共同通信:近藤貞雄氏が死去 中日監督でリーグ優勝

 関連記事
  ・近藤貞雄氏死去 (satt様)
  ・”ダンディー”近藤貞雄元中日ドラゴンズ監督が死去 (miya-jun_1968様)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.01.01

我が家のおせち

 元旦の食卓といえばおせち料理ですね。手料理で作るお宅もあればお店で用意されたものを買ってくるお宅もあるかと思いますが、うちの場合は後者の方。さすがに一つ一つ作るとなるとかなりの手間がかかりますからねぇ。

 そんなわけで、去年の年末にネットであちこちのデパート系サイトを検索しました。人数が2人だけなんで少なめなものと検索してみたんですが、概ね1万円前後であるようでした。で、たくさんある中から、「魚伊」という新潟県長岡市にある老舗の料亭で作られたものを購入しました。

 大晦日の午後に自宅に宅配されてきました。厳重にラッピングされた箱に2段の重が収めてありましたが、早く食べたいと思いつつも、年が明ける前に食べちゃうまくないですよねぇ(^_^;)。

oseti
 そんな中、年が明け、ようやく今朝開けてみました。なかなか上品な作りでしたね。いくらや鮭、いかなど海の幸がふんだんに使われているおせちでした。もちろんおせち料理の定番である伊達巻や栗きんとんなどもちゃんと押さえておりましたが、なかなかのボリュームで今日中には食べきることが出来ませんでした。

 今日は妻の実家直伝の雑煮も振舞われ、”食い正月”な1日が過ぎていきました(^_^;)。

 なお、こちらに今回購入したおせちの紹介が出ておりますので、ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

日中行ってきました。去年は激混みの氷川神社に行ってきたんですが、町中の神社はさすがにのんびりしてますね。hi350055.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Happy New Year!

 そんなわけで、2006年がスタートいたしました。果たして今年はどんな年になるのか・・・。

 今年も当blogをどうかよろしくお願いしますm(__)m。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »