« JR直通列車ポスター登場 | トップページ | トリノ五輪始まる »

2006.02.11

月島のもんじゃを食べる

 今日は月島へ行ってきました。月島といえばやはりもんじゃでしょう。最近は私鉄各線で発行する情報パンフにも月島のことが紹介されていることがありますが、なかなか食べる機会に恵まれませんでした。

 実は今日はもんじゃ目当てで月島へ行ったわけではありませんでしたが(謎)、駅を降りると観光案内所にもんじゃマップが置いてあり、これを見ているうちに食べたくなってしまいました。

 昼時だったのでどこも賑わっておりましたが、比較的すぐに入れそうなところを選んで店内へ。イマイチもんじゃについてはよくわかりませんでしたが、ソバがトッピングされたものを注文してみました。

 当然ながらどうやって焼くのかが判らず、店員のおばちゃんにやってもらいました(^_^;)。もんじゃって最初にキャベツや揚げ玉などの具を鉄板に流して炒めるんですね。これも知りませんでした。。。具がそこそこ炒められたところで、残った汁を鉄板に流し込みます。しばらくすると汁が少しずつ粘着し始めここでようやく食べごろになりました。

monjya
月島のもんじゃ

 はがしを使って鉄板に乗っかったもんじゃを掬いながら食べました。量が少ないかと思ったんですけど、結構腹が膨れましたね。さすがにビールは頼みませんでしたが、十分満足することが出来ました。

 どうしてもお好み焼きと比較してしまいますけど、こうしてみるとお好み焼きとは全く別物ですね。自宅でも出来そうですが、スーパーとかでもモトはあるんでしょうかね?


|

« JR直通列車ポスター登場 | トップページ | トリノ五輪始まる »

mattoh的グルメガイド」カテゴリの記事

コメント

もんじゃですが月島式と町屋式の2種類があって月島式は土手を作りますが町屋は一気に流し込む方式みたいです。
私の場合は多摩に長くすみましたが、一時期足立区にいたことがあり、そのときの友人がもんじゃ食おうぜといって「文房具や」に行ったのを覚えています。当時のもんじゃは食べ物ではなくて文房具?っていうのもおかしいですが100円のガチャガチャみたいな感覚だったのかもしれません

投稿: SATO | 2006.02.18 08:33

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 もんじゃに2種類の流派(?)があるとは初めて聞きました。確かに今回食べたもんじゃは、土手を作ってそこに流し込んでましたが、一口でもんじゃといっても、なかなか奥が深いようです。

 何分、つい最近までもんじゃを食べたことがないという身だったので、今回食べた月島のお店では店員さんに全てお任せにしてしまいました。やはり大人数で食べた方が楽しいですね。

投稿: mattoh | 2006.02.20 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/8612176

この記事へのトラックバック一覧です: 月島のもんじゃを食べる:

« JR直通列車ポスター登場 | トップページ | トリノ五輪始まる »