« ゆりかもめ開業 | トップページ | 重いよ・・・ »

2006.03.31

20系客車大宮へ

 埼玉新聞:ブルトレ道路走る 鎌倉から大宮に移送

 鎌倉総合車両センターに保存されていたナハネフ22系が、鉄道博物館が出来る大宮へ移送されたとのことです。上記に記事には運ばれる途中の画像が載っておりますが、道路上を鉄道車両が搬送されるのを見るとやはりびっくりするでしょうね。

 こうした搬送はおそらく夜間に行われることが多いと思いますが、ほとんど深夜の運転をしない自分は一度も目撃したことがありません。でも、突然目の前に車両が併走してたら驚くだろうな・・・。

 さて、そのナハネフ22ですが、鎌倉総合車両センター公開のときに一度見たことがあります。

20kei_kamakura2000
鎌倉総合車両センターにいたときのナハネフ22系

 やはり丸っこい展望車両は”カッコイイ”ですね。今の時代にも通用しそうなデザインと思います。

 先だっての出雲の廃止のように、近年のブルトレはまさに風前の灯の状況ですが、ブルトレの元祖を築いた車両だけに、鉄道博物館で末永く保存していただけるのはありがたい次第です。

|

« ゆりかもめ開業 | トップページ | 重いよ・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/9360556

この記事へのトラックバック一覧です: 20系客車大宮へ:

« ゆりかもめ開業 | トップページ | 重いよ・・・ »