« 103系のトップナンバーを発見 | トップページ | 大成駅改称へ(ニューシャトル) »

2006.03.01

クハ201-3が・・・

 「クハ201-3」。この形式を見れば201系であることはだれでも容易にわかるんですけど、1988年に東中野駅で追突事故を起こし、その後は休車扱いとなっておりました。昨年の6月、三鷹電車区で行われたイベントでこの車両を見かけたんですが、昨年末に廃車となり大宮に運ばれておりました。

 私も大宮駅の南側に延びる側線でぽつんと置かれている同車を電車の車内から何度か目撃していますが、電車としてはかなり不運な車両であったことは否めません。

 そのクハ201-3ですが、大宮工場の北側にある留置線に移動しているのを今日目撃しました。ここは廃車になった車両の解体を行っているところですので、おそらくはここ数日のうちに解体となりそうです。

HI350063
解体線に移動したクハ201-3(判りづらいかも・・・)

 何日か前、113系の平屋グリーン車とともに大宮駅の構内に停車しているのを見かけたんですが、ついにこの時が来たようですね。

|

« 103系のトップナンバーを発見 | トップページ | 大成駅改称へ(ニューシャトル) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/8895980

この記事へのトラックバック一覧です: クハ201-3が・・・:

« 103系のトップナンバーを発見 | トップページ | 大成駅改称へ(ニューシャトル) »