« イースタンリーグ観戦 | トップページ | 株主総会 »

2006.06.26

原爆電車が引退~広電

 1945年8月の原爆によって被爆したものの、奇跡的に復活しこれまで活躍してきた、いわゆる「原爆電車」が、昨日(25日)をもって引退しました。

 原爆の貴重な資料として、1両は市内にある交通科学館に寄贈されるとのことです。

 実は今年の1月、旅仲間の一人が広電で日本の鉄道全線完乗を果たしましたが、その際に記念で走らせた団体電車がこの原爆電車でした。今思えば貴重な体験が出来ましたね。

 共同通信:被爆電車2両が引退 広島の戦後復興見守る

Hiroden654_hakushima1
白島に到着した”被爆電車”654型(2006年1月)

Hiroden654_hakushima2
正面から撮ったところ

|

« イースタンリーグ観戦 | トップページ | 株主総会 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、うてきなぷりぱと申します。広島でも原爆の痕跡を残すものも本当に少なくなってきてます。これも時代の流れでしょうか。外観こそクーラーを設置したりして変化しているものの沿走行音や内装、木の床などは歴史を感じます。被爆後3日後には運転を再開し、広島市民に復興への希望を与えた路面電車、まずは「お疲れさま」といいたいと思います。

投稿: うてきなぷりぱ | 2006.06.27 21:10

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 記事にも書きましたが、今年の1月に団体電車でこの被爆電車に乗ることが出来ましたので、今となってはいい思い出になりました。

 引退の報を聞いたのがおとといの月曜日でした。ほんとお疲れ様といいたいですね。

投稿: mattoh | 2006.06.28 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/10689624

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆電車が引退~広電:

« イースタンリーグ観戦 | トップページ | 株主総会 »