« 琴電 | トップページ | メンテ終了! »

2006.07.13

「8時半の男」旅立つ

 最初に書く記事がお悔やみになってしまうなんて、正直言葉が詰まる思いです。

 巨人のV9時代、「8時半の男」として巨人のリリーフエースに君臨していた宮田征典氏が今日、入院先の病院で逝去されたとのことです。享年66。

 巨人のV9の頃はまだ生まれてなかったので、当然宮田氏の活躍を知る由はありません。それよりも、引退してから指導者として活躍している姿の方が印象が強いですね。西武にもコーチとして就任しておりましたが、1985年の広岡政権最後の年に就任しました。この当時のピッチングスタッフといえば、東尾や松沼兄弟、それと「オリエントエクスプレス」郭泰源や渡辺久信、工藤といったメンバーがいた頃ですが、こうした後の黄金時代を築いた選手に影響を与えてくれたことは言うまでもないところでしょう。

 こうした名コーチが少なくなってしまうのは何とも寂しい気がします。謹んでご冥福をお祈りします。

 毎日新聞:訃報:宮田征典さん66歳=プロ野球・巨人の元投手
  http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060714k0000m060008000c.html

|

« 琴電 | トップページ | メンテ終了! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/50462912

この記事へのトラックバック一覧です: 「8時半の男」旅立つ:

« 琴電 | トップページ | メンテ終了! »