« 東京メトロ&都営が9/30にイベント | トップページ | 1日災難な京葉線 »

2006.09.27

クルマ絡みの悲しい事故に思う

 数日前に川口で起きた事故。ドライバーの脇見運転が原因だそうで、亡くなった園児および親族の方におかれては大変お気の毒としかいいようがありません。

 先の飲酒運転による死亡事故もそうですが、確かに事故を起こしたドライバーが許されることはあってはなりませんが、こうした事故が起きたあとには決まってマスメディアの報道と警察の取締りとが行われます。で、喉元過ぎればの言葉どおり、しばらくするとメディアは忘れてしまったかのように話題にしなくなるし、警察の方もほとぼりが醒めれば、取締りを緩めてしまう。まあ、警察にしても、町中に警官を貼り付けてネコの子一匹通さないような取り締まりは現実問題からして無理なことは承知なんですがね。

 それよりなにより、見方を換えてみると、自動車の免許制度についてあまり疑問の声が上がってない気がしますけどいかがでしょうか?18歳を過ぎれば当たり前のように教習所に通い免許を取るという流れがありますが、自動車免許って一度取ってしまえば、違反を繰り返したり重大な事故を起こさなければ一生その免許は有効なんですよね。でもこれってどうなんでしょう?道交法にしても、いつまでも全く一緒ということはありえませんし、年齢を重ねてくれば判断能力や視覚の衰えも出てきますね。最近高齢者による事故を多く見かけますが、特に高速道路での逆走事故は明らかにこうした視覚能力の衰えが起因していると思います。こうした中で、免許制度のあり方を考えるという意見があってもいいんじゃないでしょうか?

 例えば、普通免許の更新期間を3年から2年に短縮するとか。あと、一定の年齢に達した場合、1年に1回は必ず更新を義務付け、更に身体能力を検査するなど。おそらく批判はでてくるでしょうけど、「一度取ったらこっちのもの」という考え方を見直すときが来ていると思います。

 関連記事
  ・またも子供が輪禍に (mac様)

|

« 東京メトロ&都営が9/30にイベント | トップページ | 1日災難な京葉線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

飲酒運転を減らすため、指名ドライバーという考えを広めています。
http://ameblo.jp/designed-driver/
お酒を売る人も、飲む人も、飲まない人も参加できる飲酒運転対策です。

投稿: LGP | 2006.09.27 20:20

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 指名ドライバーという言葉を始めて聞きましたが、なるほど予め酒を飲まないと宣言することで飲酒を勧めたりアルコールを提供するといったことが未然に防ぐことが出来そうですね。

 後は、店側にもメリットがあるような対策があれば、今後広がっていきそうな気がします。

投稿: mattoh | 2006.09.28 21:43

高齢者の増加に伴い、高齢者ドライバーも当然増えていきます。慎重なベテランドライバーといえども、身体能力、判断能力は衰えてくる訳で、免許返上も必要な人が大勢おられるんでしょう。でも、自分の意思ではなかなか決断できないのも実情でしょうね。

投稿: mac | 2006.09.29 08:01

不本意ながら免停講習(中期)に出たことがあります。
事故の怖さを教えられたり、最近の事故傾向や運転技術の低下の補正、改正ルールの徹底など免停でなくても受けるべき項目が多いと思います。
これを受けたいがために免停というのは大馬鹿ですが、1万円払っても損のない講習でした。というかこの講習さえ耐えられない馬鹿は免許取り消しですね(そういう馬鹿がうじゃうじゃいた)

投稿: SATO | 2006.09.30 01:19

 おはようございます。

* 例えば、普通免許の更新期間を3年から2年に短縮するとか。

 更新期間の問題よりも、不適切なドライバーでも1、2時間程度の講習を受けただけで更新してしまうことのほうが問題だと思います。

 違反の多いドライバーには、学科か適正の試験をやって「落とす」のも手でしょう。

投稿: たべちゃん | 2006.09.30 11:34

 こんばんは。コメントありがとうございます。まとめてのレスで失礼します。

> macさん

 一度取った普通免許を自ら返上するというのはなかなか勇気のいることと思います。それと公共機関が高齢者にとって必ずしも快適な乗り物でないということも、返納を躊躇う原因の一つになっているのではないでしょうか?

> SATOさん

 最近発生する事故を見ると、明らかに運転をする上で必要な認識が不足しているドライバーが多いことに驚かされます。数日前に飲酒運転で死亡事故を起こしたドライバーに酒を飲ませたという男性がTVに登場していましたが、自分が悪いことをしたという認識が全くなく反省の態度が表れていませんでした。直接事故を起こした側ではありませんが、こうした輩が増えているというのも事実なんでしょうね。

> たべちゃんさん

 あいにく免停講習を受けたことがないので、どんなことが行われているのかがわからないんですが、事故を起こしても大きな問題ではないというドライバーが多くなっているのではないでしょうか?そうした「ちょっとくらい飲んでも大丈夫」とか、「このくらいたいしたことない」という認識が、取り返しのつかない事故に繋がることもないとは言えないと思います。

投稿: mattoh | 2006.10.01 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/12061448

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ絡みの悲しい事故に思う:

» またも子供が輪禍に [MAC`S GADGET ANNEX]
埼玉県川口市で保育園児の列にクルマが突っ込み、多数の死傷者が出た事故、本当に痛ましい限りです。 現場は所謂生活道路、脇道です。道幅も広い訳でなく、歩道やガードレールなどない、細い道。 保育士さん達は、それでも... [続きを読む]

受信: 2006.09.29 08:01

« 東京メトロ&都営が9/30にイベント | トップページ | 1日災難な京葉線 »