« アリタリアカラーのJL便 | トップページ | まだ »

2006.09.19

元十両琴冠佑が引退~大相撲秋場所

 すでに中日を終え後半戦に入ろうとしている大相撲秋場所ですが、白鵬と雅山の昇進問題は序盤戦で決着がつき、もはや横綱朝青龍の連覇が出来るか否かに掛かっている状況です。まあ、こちらについてはかなりの確率で高いでしょうけど、まだまだわかりません。朝青龍も決して万全ではないようですし、後半にもう一波乱ありそうな予感もしないでもありません(というより、そうあって欲しいものですけどね)。

 そんな中、先場所に続き残念な話題が入ってしまいました。元十両で不惑を越えた琴冠佑という幕下力士がいるんですが、おととい17日の取り組みの後で、対戦した相手力士を支度部屋で暴行するという行為に及んでしまいました。暴力事件といえば、名古屋場所で大嶽部屋の露鵬が大関千代大海との対戦で敗れた後に口論となり、やはり支度部屋で記者に暴行を加えたという事件が起きたばかりでした。

 今日になって、琴冠佑は引退届を相撲協会に提出し、その結果、琴冠佑の引退が決まりました。今回の事件は引退届を提出することで幕引きをするという結果になりましたが、どんな理由があったかはわかりませんが、やはり暴力行為は決して物事を解決できるものではないですね。琴冠佑の行為はどんな理由があったにせよ許されるものではないと思います。

 それにしても、先場所の露鵬といい、相撲の世界で以前にはなかった暗い出来事が多すぎますねぇ。最近相撲界も白鵬や琴欧州といった次代のスターが誕生しつつあるのと同時に、普天王や武蔵川部屋のようにblogを開設したり、各部屋を紹介したサイトの開設を通じて新しいファン層の獲得に努めようとする流れが出来つつあるときでしたが、こうした暴力事件といった暗い話題が続くようでは、せっかくのファン獲得も台無しになってしまいます。再度相撲界全体で考えなければいけないときが来ているかもしれませんね。

 毎日新聞:大相撲:元十両の琴冠佑が引退届

 関連記事
  ・場外戦はやめよう-大相撲秋場所2006・番外編 (kojiro-railway 様)
  ・大相撲でまた暴行事件 (houkini様)
  ・ 40歳・琴冠佑が19歳の対戦相手殴る (スポーツニュース様)

|

« アリタリアカラーのJL便 | トップページ | まだ »

相撲」カテゴリの記事

コメント

相撲情報はmattohさんのblogだけのようで毎回の相撲記事は楽しみです。

琴冠祐は確か入幕が大変遅かった記録を持っていた力士だったと思いますが、幕内経験者がよく幕下で相撲を取れたなと驚いております。

佐渡ヶ嶽親方も琴ノ若に代わったばかりですしここはけじめなんでしょうね。準年寄に残れるのでしょうか?

投稿: SATO | 2006.09.19 19:42

ホントに残念な事件ですよね。相撲人生の最後がこんな不名誉な...。
心技体は土俵の中だけ..でいいわけないですよね。

投稿: kojiro-railway | 2006.09.19 23:04

 こんばんは。コメントありがとうございます。

> SATOさん

 その後の記事などでは、協会には残らないと書かれていました。かなり苦労して関取になった力士だけに、こうした形で角界を去るのは寂しいですね。

> Kojiro-railwayさん

 かつては横綱・朝青龍の品格問題で揺れた角界ですが、その朝青龍も優勝回数を重ねる度に横綱としての風格が備わりつつありますね。横綱がしっかりしつつある中で、下位力士のこうした振る舞いが続くことは、角界全体で考えるときが来ている気がします。

投稿: mattoh | 2006.09.21 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/11959240

この記事へのトラックバック一覧です: 元十両琴冠佑が引退~大相撲秋場所:

» 大相撲でまた暴行事件 [アスリートJ・縁・つぼみともう1つ]
大相撲の8日目に、元十両の琴冠佑が相手の力士に暴行を働いてしまい、それによって師匠の佐渡ヶ嶽親方が引退を勧告し、そして本人が引退をしたという事件があった。琴冠佑は40歳で、私が生まれた年(年がばれてしまうが・・・・)の春場所が初土俵であった。十両昇進までに... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 19:55

» 40歳・琴冠佑が19歳の対戦相手殴る [スポーツニュース]
佐渡ケ嶽部屋の大関・琴欧州と元十両で幕下42枚目の琴冠佑(40)がそれぞれ起こした問題行動で、師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)は謝罪に追われた。 琴欧州は秋場所8日目の黒海戦で勝負判定に不満げな態度を取り、支度部屋でも「何で物言いがつかない」と声を荒らげたことが問題になった。この一件では審判部の九重副部長(元横綱・千代の富士)から「勝負のついた後に暴言を吐いたり不満を表す行為はあっ�... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 22:35

« アリタリアカラーのJL便 | トップページ | まだ »