« さようなら湯田中のスイッチバック | トップページ | 1年遅れの新婚旅行、只今準備中 »

2006.09.03

楓の湯~湯田中駅前温泉

 湯田中駅のスイッチバックを堪能した後は、帰りの電車までの間、すぐ隣にある「楓の湯」という温泉施設でのんびりと過ごしました。前回訪れた12年前にはなかった施設ですが、帰宅後調べてみたら2003年にオープンしたとのこと。館内がぴかぴかで真新しいのも納得です。

 昨日も書きましたが、湯田中までは往復の乗車券とここの入浴料がセットになった企画きっぷを利用しましたので、入館の際には受付でこのきっぷを見せて中へ入りました。なおこのきっぷですが、温泉を利用しないと普通乗車券との差額を請求されますので注意が必要です。まあ湯田中まで来ればぜひとも温泉くらいは入って帰りたいもの。その点では都合のいい企画きっぷですね。

 通路を抜け一番奥の男湯へ向かいました。洗い場にシャンプーとボディソープが装備されていたのはうれしかったですね(^^)。入浴料が300円ですが、このお値段でこれらシャンプー類が常備されているのはありがたい次第です。最近は昔ながらの公衆浴場を除けば、近代的な施設にはこうしたシャンプー類が備え付けられていることが多くなり、いちいち持ち歩かなくても助かります。もちろん今回もありがたく利用させてもらいました(^^)。

 一方お湯はやや熱めながらまろやかな感じでした。外には小さいながらも露天風呂があり、お風呂から出てきてすぐ脇でのんびりと寝転がる人もおりました。この日は平日だったので他に数人が入っているだけで、のんびりと過ごすことが出来ました。

 一応休憩スペースもありましたが、給食施設がないので自販機で飲料を買うか持ち込むかのどちらかになります。あいにくお風呂から出てきた時には先約がいてテーブルが全て埋まってしまいましたので、そのまま外へ出て隣の旧駅舎の待合室で休みました。

 新しい施設でしたが、思ったほどお湯がよかったのは意外でしたね(失礼しました(^_^;))。入る前までは「どうせ循環だろう」と高をくくってたんですけど、これも帰宅後調べてみたらかけ流しとのこと。よくありがちな塩素臭も全く感じませんでしたし、おかげで今回の旅ではいい温泉に入ることが出来ました。

Kaedenoyu
楓の湯

|

« さようなら湯田中のスイッチバック | トップページ | 1年遅れの新婚旅行、只今準備中 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/11742207

この記事へのトラックバック一覧です: 楓の湯~湯田中駅前温泉:

« さようなら湯田中のスイッチバック | トップページ | 1年遅れの新婚旅行、只今準備中 »