« ヴァチカン美術館はだだっ広い | トップページ | YS-11企画展訪問~所沢航空発祥記念館 »

2006.10.14

鉄道の日探訪(10月7日)

 10月14日は鉄道の日。各地で鉄道関連のイベントが行われておりますが、鉄道を趣味に持つ者にとっては、1年で一番忙しい月と言えるでしょう。もう1週間も経ってしまいましたが(笑)、先週7日に訪れたイベントについて記したいと思います。

 まず最初に訪れたのが、東京の渋谷にある白根記念渋谷区郷土資料館でした。9日まで、「渋谷駅とその周辺写真展」と題した渋谷駅周辺の古い写真を集めた写真展を見学してきました。その中で、戦後まもない頃の渋谷駅周辺の様子の写真は、今とは比べ物にならないほどのんびりとした光景ですね。他には長らく渋谷のシンボル的存在だった渋谷東急文化会館が写っている写真もありました。ここは2003年に閉館した五島プラネタリウムがあったところですが、私も子供の頃に家族で行ったことがあります。ところがどんなモノを見たのかほとんど記憶にありません(笑)。当時はプラネタリウムそのものが珍しく、夜でなくても天体観察が出来るとあって行列をして見学したものでしたが、その後公共施設にもプラネラリウムが出来、わざわざ渋谷まで出向かなくても気軽に見ることが出来るようになりました。私の地元でも、公共施設にプラネタリウムができたんですが、出来て間もない頃に駆けつけて見に行ったものでしたね。大人になってからは見ることがなくなってしまいましたが、子供のときほど天体に興味もなくなったのが大きい理由ですね。

Sibuyawardmuseum
白根記念渋谷区郷土資料館

Hatikou_sibuyawardmuseum
入口には、ハチ公の像が

 と、話が逸れてしまいました(^_^;)。見学後、渋谷駅に戻る道すがら、電柱にこんな看板が取り付けられておりました(^^)。

Notice_hatiko
ハチ公から「フンの始末のお願い」

 看板に描かれている犬は忠犬ハチ公のようですね。まさに渋谷のシンボル的存在として活躍しています。

 さて、渋谷駅から東横線に乗って横浜へ向かいます。東横線も最近は滅多に乗らないもんで、車両もかつての8000系や8500系といった車両に代わり、やや流線型が掛かった5050系が幅を利かせるようになりました。先日8000系に乗りに行ったときにも書いたんですが、実はなかなか5050系には当たらないんですよね。でも、今回は無事に(?)乗ることが出来ました。

Tokyu5158
ようやく乗れた5050系(菊名にて)

 今や東横線の主力車両なんで、そう力まなくてもいいんですけどね(笑)。でも、こうして初めて写真に収めることが出来ました。

 そのまま横浜へ直行してもいいんですけど、まだ時間があるので菊名で降りて横浜線に乗り換えました。で、横浜線で横浜へ向かうのかと思いきや、これもまた東神奈川で降りてしまいました(笑)。いったいなぜ?というところですが、実は横浜の中央卸売市場へ行ってランチでも食べようと思ったからです。横浜市場の食堂がおいしいという話を以前聞いてたんですが、なかなか訪問できずにおりました。で、東神奈川駅を出てすぐ目の前にある仲木戸駅へ向かいます。昔は階段を昇り降りして乗り換えたんですが、今はペデストリアンデッキが出来て綺麗になりましたね。

Higasikanagawasta
駅前がきれいになった東神奈川駅

 で、一駅乗って神奈川駅で下車。ここから市場まで歩くこと15分ほどで到着しました。

 ところが、あろうことか、お店が閉まっておりました(;_:)。うーん、開いていると思ったんですがねぇ。やむなく隣の食堂で食べることに。でも街中の食堂に比べて2割くらい安い値段でトンカツ定食を食べることが出来ました。650円也。肉はちょっとパサパサだったけど、まあいいでしょう。

 次の”リベンジ”を誓いながら、市場前にあるバス停から横浜駅行きのバスに乗り、10分ほどでバスターミナルに到着した後、横浜駅東口の地下へ向かいました。ここで今回横浜へ来た最大の目的であるフォトラリーの景品を交換しました。バスターミナルからだと地下へ入ってすぐのところがブースだったので、バス乗車は正解でしたね(^^)。いつぞやは景品がまだ届かずにしばらく待ちぼうけを食らわされたことがありましたが、今回はすんなりと貰えました。でも今年はフォトラリーらしく(?)、景品は写真盾でした。うーん、出来れば実用品が欲しかったんですがねぇ。まあ写真盾も実用品といえばそうですが・・・。

 記念品交換後は、お約束のトレインフェスティバル会場へ。例年通り私鉄各社が自社のグッズ販売に精を出しておりました。昔はカードだ硬券だと走り回ってたんですが、お財布がちょっと厳しい昨今、そうそういろいろと手を出しづらくなってしまいましたね。それでも、横浜高速のブースで売ってたY500系のBトレをゲットしてきました。

 そんな状況なもんで、一回りした後すぐに横浜を後にしました。京浜東北線で大井町まで行き、東急大井町線に乗り換えて中延へ向かいました。この後は日比谷のイベント会場に顔を出す予定でしたが、その前に都営浅草線の支線で走っている5200系に乗ろうと向かった次第。ホームで待ってたんですが、あいにくそれらしい姿を見ることが出来ませんでした(;_:)。うーん、わずか1編成しかない車両ですからね。なかなか難しいものです。やむなく三田乗換で日比谷へ転進しました。

 さて、今年も鉄道フェスティバル会場にやってきました。もうこの時期の「風物詩」ですね。今年も盛大にやっておりましたが、天気が恵まれたのがよかったですね。中の芝生広場では、のんびりと過ごす人の姿を見ることが出来ましたが、周辺のブースではグッズ欲しさに長い列が出来ていて、中庭の雰囲気とは正反対の熱気を感じました。でも、特段買いたいものがなく、これまでで初めて入手物はゼロとなりました(^_^;)。

Trainfestivalgate
今年の鉄道フェスティバルの入口

 この後もいろいろとイベントが目白押しなので、行ったときの様子などはその都度報告したいと思います。

|

« ヴァチカン美術館はだだっ広い | トップページ | YS-11企画展訪問~所沢航空発祥記念館 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/12282481

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の日探訪(10月7日):

« ヴァチカン美術館はだだっ広い | トップページ | YS-11企画展訪問~所沢航空発祥記念館 »