« 古代ローマの遺構を訪ねる~コロッセオ&フォロ・ロマーノ | トップページ | ちばモノレール祭り2006訪問 »

2006.10.25

特別展「鉄道と連絡船」~川口市立科学館

 「鉄道と連絡船」と題した特別展が、埼玉県川口市にある川口市立科学館で11月5日まで開催されております。地元埼玉で鉄道関係の企画展が行われていることもあり、先週の金曜日に午後から休みを取って見学してきました。

 この川口市立科学館はSKIPシティの中にあります。SKIPシティはまだ出来て間もない頃に一度来たことがあるんですが、この時はすぐ隣に併設しているNHKアーカイブスが目当てで、こちらは立ち寄りませんでした。

 今回は駅から離れていることもあって、マイカーを利用しました。金曜の午後ということでそれなりに渋滞は覚悟してはいたものの、それほどの混みようではなく、比較的すんなりと川口市内に入りました。ただ、普段滅多に行かないもんで、結局道端の「SKIPシティ」と書かれた看板を頼りに何とか辿り着いた次第です(^_^;)。

 こうして無事にSKIPシティに到着し、さっそく科学館に入ります。特別展は入口のすぐ入ったところで行われていました。展示はタイトルの通り、日本の連絡船にまつわる資料が紹介されておりましたが、それにしても、なぜ川口でこうした企画が行われるのか、現地に来るまで疑問がありましたが、ここ川口はかつて江戸時代までは荒川を利用した通船事業が盛んなところでした。明治に入り現在の東北本線が開業することによって物の流れは船から鉄道に変わったんですが、その後も津軽海峡や瀬戸内海には貨物を船に積んで渡す連絡船が活躍するようになりました。

 しかし、科学館に入ると、子供たちの賑やかな歓声には圧倒されてしまいましたね(^_^;)。まあ、元来が子供向けの施設ですから、子供の声が聞こえない方が芳しくないんですけど、どうしても落ち着いて見るというわけには参りませんでした(^_^;)。出来れば、体験コーナーとは別の比較的周りの音が遮断されている空間でもあればいいんでしょうけどね。

 資料そのものはそれほど目新しいものはなく、学術的には物足りなさが残ると思います。しかし、写真コーナーに展示されていた京浜東北線を走る101系の写真はつい凝視してしまいましたね。

 おそらく週末に行くと、落ち着いて見るというのには難しいところでしょう。やはり休みを取って平日の見学の方が無難かもしれませんね。

Kawaguchisciencemuseum
川口市立科学館

|

« 古代ローマの遺構を訪ねる~コロッセオ&フォロ・ロマーノ | トップページ | ちばモノレール祭り2006訪問 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/12426301

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「鉄道と連絡船」~川口市立科学館:

« 古代ローマの遺構を訪ねる~コロッセオ&フォロ・ロマーノ | トップページ | ちばモノレール祭り2006訪問 »