« YS-11企画展訪問~所沢航空発祥記念館 | トップページ | ローマの地下鉄で追突事故 »

2006.10.16

こころが欠けた教師~福岡のいじめ自殺事件

 先日の北海道滝川市の小学校で起きた自殺に続き、またしてもいじめによる自殺が福岡の中学校で起きました。しかも今回は教師がいじめに加担していたというのですから、呆れるとしか言いようがありません。なぜ、いじめを止める役にいなければいけない教師がいじめの原因を作ったんでしょうか?思い出すのが、1986年に東京都中野区内の中学校に通う男子生徒がいじめによる自殺で亡くなった事件ですが、このときも担任の教師が「葬式ごっこ」と題したいじめに加わっていました。今回の事件は、このときの悲劇を再び繰り返してしまったという点で、文部科学省も重く受け止めなければいけないことと思います。

 アメリカでは、教師がいじめに加担するようなことが起これば、その教師は二度と教壇に立つことができないこともあるようです。もちろん新聞報道だけで断定することは危険ですが、もし報道の通りであれば、今回の福岡の事件に関与した教師は、二度と教壇に立てない措置を取ってもおかしくないのではないでしょうか?

 また、今回の事件も先日の滝川市と同様、教職員側の対応に誠実さを感じないのは私一人だけでしょうか?こうした事件が起きると、決まって校長や教頭、そして教育委員会の関係者の口から出てくる「いじめの事実はなかった」という言葉。確かに管理者である教育現場としては、いじめを把握することは決して容易ではないことは理解しているつもりですが、どうしてもお役所的対応と思えてなりません。もう少し被害者家族のみならず、同級生にも配慮した対応をしてもらいたいものです。

 毎日新聞:福岡いじめ自殺:「本当に申し訳ない」全校集会で学校側

|

« YS-11企画展訪問~所沢航空発祥記念館 | トップページ | ローマの地下鉄で追突事故 »

ニュース」カテゴリの記事