« さよなら神岡鉄道 | トップページ | 大宮つくば線に乗る »

2006.11.11

鹿島鉄道イベントへ行ってきた

 冷たい雨が降る中、今日は鹿島鉄道のイベントに行ってきました。今年の8月に訪れて以来ですが、今回は個性的な気動車に乗ってくるのが目的でした。

 石岡駅には11時30分前に到着しました。今日は12時31分発の鉾田行きに乗車する予定でした。この列車にはキハ601系が使用されるとのことで、それまで駅構内で写真を撮ることにいたしました。

 その前に、昼食を済ませることにしました。ハンバーガー店が駅に隣接しておりましたが、「食堂」という文字が書かれた看板が目に留まりました。ファーストフードが幅を利かせる昨今、昔からあるような駅前食堂の姿を最近見かけなくなってしまいましたが、ここ石岡駅には「食堂」と書かれた看板を抱えた店が2軒ありました。そのうち、駅前食堂らしい雰囲気のある一軒に入りました。壁にかかったメニューのなかからから揚げ定食を注文。680円也。

Ekimaerestaurant_ishioka
石岡駅前の食堂

 食事を済ませた後、いよいよイベント会場へ。あいにくの雨の中、何とか停車しているディーゼルカーを撮りました。その中に今回の目当てであるキハ601系が停車しておりました。この車両はここ石岡駅の車庫で止まっている姿を何度か見かけておりますが、最新型の車両にはない昔ながらの味わいのある車両ですね。つい先日もJRのキハ58系に乗ったばかりですが、こうした車両が少なくなりつつありますね。

Katetsuivent1Kiha714_katetsuiventDd902_katetsuivent
イベント会場にて

 一通り構内を散策し、出発の5分前に再びホームへ戻りました。構内に停車していたキハ601系が動き出し、一旦場内で停車した後にホームへ入線してきました。キハ601系に乗るのは今回が初めてですが、木製の床がなんとも印象的ですね。何でも車齢が70年とのことで、これを記念した記念乗車券も発売中とのこと。座席に着くと、すぐに発車いたしました。

Kashimakiha602
石岡駅で出発を待つキハ601系

 本来だったら鉾田まで乗り続けていたいところだったんですが、午前中に石岡を出発したキハ430系が12時47分に石岡に戻ってくるとのことで、次の石岡南台で下車して捕まえることにしました。10分ほど待っていると、鉾田の方向から赤いディーゼルカーが接近してきました。「湘南型」の流線型の前面を持つキハ430系ですが、この車両には数年前のイベントで乗車しております。先ほど乗ったキハ601系とはまた違った雰囲気がありますね。現在では「金太郎号」という愛称もつけられており、ちょっとしたマスコット的存在といえそうです。

 私は後方の緑色に塗られたキハ431に乗り込み、次の石岡まで乗車しました。

Kashimakiha431
石岡駅に到着した”湘南型”キハ431

 ご承知のとおり、鹿島鉄道は苦しい経営状況から廃線の声がささやかれていて、存続を訴える横断幕などが沿線で度々見かけられました。今後の動向が気になるところですが、出来る限り時間を見つけて現地へ赴きたいと思っています。

 関連記事
  ・晩秋の鹿島鉄道を訪ねて (Kaz-T様)

|

« さよなら神岡鉄道 | トップページ | 大宮つくば線に乗る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/12646304

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島鉄道イベントへ行ってきた:

« さよなら神岡鉄道 | トップページ | 大宮つくば線に乗る »