« さよなら東武の吊り掛け電車 | トップページ | 横濱カレーミュージアム閉館 »

2006.12.18

さよならイベント~横浜市交1000系&2000系

 おとといの土曜日の続きです。

 東武5050系お別れ運転が行われた同じ日、横浜では横浜地下鉄の1000系と2000系のお別れイベントが行われました。私自身、これらの車両にはあまり馴染みがないんですが、「お別れ」という言葉を聞いてしまうとどうしても見納めしたくなってしまう性があり、こちらも訪問しようと思ったところでした。

 で、両方のイベントに行けるかどうか時刻表を見たところ、宇都宮を12時過ぎに出れば、新羽のイベント会場の入場締め切り時間である2時までには何とか間に合うことがわかりました。ただし、東武宇都宮に到着するのが11時21分で、バスでの移動を考えると果たして無事に乗ることが出来るのかどうか疑問でした。

 結論から言えば、接続がうまくいって無事に新羽のイベント会場へたどり着くことができたんですが、そのときの様子から書いてくことにします。

 11時21分に東武宇都宮に到着し、すぐに駅ビル内にあるバス乗り場へ向かいました。時刻表を見ると、11時30に出るバスがありましたのでこれに乗車。市内の渋滞もさほどではなく、10分ほどでJR宇都宮駅に到着しました。おかげで、当初乗る予定だった新幹線の一本前である11時49分発のなすの号に乗ることが出来ました。

 慌しく移動した中、新幹線の駅構内で駅弁を買って乗り込みました。選んでいる暇はなく、適当に鳥そぼろの弁当を買ったんですが、おいしかったですね(^^)。鶏飯の弁というというと高崎のものを思い出すんですけど、それに匹敵する味でありました。

Torimesi_utunomiya
宇都宮駅で買った駅弁

 12時44分に東京駅に到着。12時53分発ののぞみ号があるとのことで、中間改札を抜けてホームへ向かいました。実は東北新幹線から東海道新幹線へ乗り継いだのは今回が初めてだったりします。よって、この中間改札を利用したのも初めてだったんですが、普段なかなかこの乗り継ぎはやらないので、貴重な体験でしたね。

 こうして新横浜に到着しすぐに横浜地下鉄に乗って、次の北新横浜で下車しました。 駅から歩くこと7、8分ほど、目の前に大きなコンクリートの塊が見えましたが、これが今回目指すイベント会場である新羽の車両基地であります。さっそく会場内に入りました。

 しかし、会場内がどうなっているのか、案内図などがありません。近くにいた係員に今回の主役がどこにいるのか聞いてみたんですが、予想以上の入りで案内図はすでにはけてしまったとのことでした。そこで、今回の主役の居所を聞いてみたところ、見学の行列が入口付近に出来ているとのことで、再び入口へ戻り、近くに出来ていた行列の最後部に並びました。

 ところが、行列の先頭で何やら大声で騒いでいる様子が見えました。何でも、すでに見学時間は終わったとのことで、それに不満を持ったイベント客が係員へ詰め寄っている様子でした。午前中、予想以上に会場に人が来たとのことで、早めに見学を打ち切ったようですが、さすがにそのようなことはイベントを告知したホームページなどに謳っておらず、来場していたお客さんに詰め寄られた次第でした。

 結局、なんだかんだ行っているうちに何とか見学は再開されました。そんな状況の中、私も何とか中に入ることが出来ました。

 展示されている会場は、コンクリートの建物の中を階段であがったところにありました。内部は車庫になっていて、屋外の引込線に今回の主役が止まっておりました。

Type1000_nippa
Type2000_nippa
Yokohamatype10002000
最後の雄姿~1000系と2000系

 会場は思ったほど混んではおらず、1階での騒ぎが嘘のようでしたね。

 こうして何とか1000系と2000系の姿を見ることが出来ましたが、それにしても後味の悪いイベントでしたね。10月に西馬込で行われたイベントも、会場周辺の警備が行き届いておらず、会場へ入る列がどこなのかわからない状況でしたが、こちらもどこになにがあるのかよくわからず、不慣れな人だと迷ってしまいますね。おまけに、あらかじめ告知していた内容にはない早めの打ち切りの件もなく、予定時間よりも早くに打ち切ろうとしたことは、どうしてもお役所仕事といわれても仕方がありません。どちらも公的機関が行っているイベントということで、どうしても相思われても仕方がないところですが、同時期に行われた千葉都市モノレールや東武のイベントのスムーズな対応とどうしても比較されてしまいますね。

 関連記事
  ・横浜市営地下鉄「はまりんフェスタ2006」に行ってきました (Kaz-T様)

|

« さよなら東武の吊り掛け電車 | トップページ | 横濱カレーミュージアム閉館 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も横浜市営地下鉄のイベントに行ってきました。会場に着いたのが出遅れてしまったもので、昼頃到着で撮影会場に入る列に並びましたが、あと数人後になるともう入れなくなるというあやうい状況で、後ろの方で騒いでいた輩がおりました。

確かに運営上に問題がなかったとは言えませんが、撮影会会場はそこに行くまでの階段がとてもせまく、また会場もそれほど広くは無くこれ以上入ったら混雑等で危険と判断されたのではないかと思います。その後、入場者がはけてきたことから入場可能になったようですが、これは横浜市営地下鉄のイベントで、こんなに人が訪れることが今までなかったのではと思います。今回それだけ多くの人が集まったのも1000形・2000形がこれで引退ということであったため、それだけ注目が集まったのではないかと思います。

投稿: Kaz-T | 2006.12.18 23:08

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 私が新羽のイベント会場に着いたとき、入口付近で怒声が聞こえていたので、一体なんなのか最初は検討も付きませんでしたが、すぐに事情が飲み込めました。そう考えると、私も危うく見学できない羽目になるところでしたが、最終的には目的の車両を見ることが出来たので、御の字といったところでしょうか。

 帰宅後、古い写真などを引っ張り出したんですが、どうも1000系あるいは2000系を写していなかったようです。車両は乗ったはずなんですけど、急いでいたのか、写真までは気がまわらなかったみたいですね。

投稿: mattoh | 2006.12.21 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/13115306

この記事へのトラックバック一覧です: さよならイベント~横浜市交1000系&2000系:

« さよなら東武の吊り掛け電車 | トップページ | 横濱カレーミュージアム閉館 »