« 成田山霊光館で相撲関連の特別展開催中 | トップページ | ANA・東京メトロ提携記念1日券購入記 »

2007.02.17

201系三昧の1日~2月16日

 おとといの朝、NHKを見ていたら、あきる野市にある五日市郷土館で、「五日市鉄道」と題した企画展が開催されているというニュースが流れておりました。五日市鉄道はかつて拝島と立川の間に建設された路線で、現在の青梅線とは別ルートになります。立川では現在の南武線と接続し、多摩川沿いで採れた砂利を運搬する路線としての役割があ
りましたが、戦争末期の昭和19年に国鉄に買収された後、並行する青梅線があることから廃止されてしまいました。五日市線沿線は久しく訪れていないエリアということもあり、久しぶりに訪問したくなりました。今週はいろいろと仕事が立て込んでましたが、ようやく落ち着いてきましたので、昨日の午後から休みを取って行ってきました。

 電車を乗り継ぎ、武蔵野線で西国分寺までやってきました。ここから立川まで中央線に乗り込みます。やってきたのは201系。何度も書いてますが、新型のE233系への置き換えが進むにつれ、いずれは姿を消す運命にある電車です。近いうちに貴重な存在になることは言うまでもありませんので、写真に収めてきました。

Kuha20130_tachikawa
西国分寺から乗った201系(立川駅にて)

 立川で青梅線に乗り換えますが、次の電車が中央線からの直通ということで、そのままホームで待っておりました。その間、ホームの端で行きかう電車の様子を眺めておりましたが、昨日は201系だけでE233系は来ませんでしたね。そうしているうちに5分が過ぎ、青梅行きが入ってきました。この電車に乗って、14時前に拝島に到着しました。

Kuha20144_haijima_1
青梅行き直通(拝島にて)

 次の武蔵五日市行きは17分発ということで、しばらくホームで待っていると、立川寄りに伸びる側線にスーパーあずさ用E351系が止まっているのが見えました。なぜここにいるのか見当がつきませんでしたが、思わぬお客さんに思わず跨線橋に上がって写真を撮ってしまいました。

E351haijima
拝島の留置線に佇むE351系

 そんなことをしているうちに、1番線ホームに武蔵五日市行き電車がやってきました。もちろん今度も201系。青梅線の青梅以遠や五日市線内では前面に専用のステッカーを貼った201系が使われています。つい一年位前までは何のことはない車両でしたが、引退のときが近いこともあって、どうしてもカメラを向けないわけには行きませんね。

Kuha201153_haijima
五日市線用201系

 こうして14時17分、電車は拝島駅を後にしました。熊川を出すぐにて多摩川を渡り、電車は次第にのどかな車窓の中を走り続けます。五日市線に乗るのは実に1986年以来ですから、JRになってからは初めての乗車になります。ただ、20年以上も前のことなので、沿線の車窓は全く記憶がないんですよね。もっとも、20年前とは沿線の環境も変わっているんでしょうけど、それにしてものんびりとした車窓が続きます。

 武蔵増戸を出てさらに山奥深く入ってきたと思ったら、次第に高架区間を走り始めました。そしてすぐに電車は終点の武蔵五日市に到着しました。以前着たときは平屋の駅舎でしたが、10年ほど前に都会的な今の駅に建て替えられました。

Musashiitukaichista
近代的な駅に変わっていた武蔵五日市駅

 まずは駅前にある武蔵五日市駅前郵便局に寄って貯金と風景印の押印を済ませ、いよいよ郷土館へ向けて出発です。緩やかな坂道を歩きながら歩くこと15分ほどで到着しました。

 入口で簡単な入館手続きを行って中へ入ります。企画展は2階とのことなので、階段を昇ります。主に五日市鉄道時代から国鉄化後の非電化時代、そして電化後101系電車が入線してきたときの写真などが展示されておりました。このほかにもきっぷや駅名票などのゆかりのある品々が展示されておりましたが、そんな中、五日市鉄道の廃線跡を地図上でたどりながら写真付きで紹介しているところがあったんですが、現在の様子を交えながら紹介しており、廃線跡を散策したいという人には参考になりそうですね。実は先ほど立川から乗車した青梅行き電車は中央線をオーバークロスし、西立川駅の手前で青梅線と接続するというルートで運転されたんですが、その区間はかつての五日市鉄道で使用されていた線路なんですよね。線路の形状からしてどんな経緯があるのか知りたかったところでしたが、今回の企画展でそのなぞが解けました。

Itsukaichimuseum
五日市郷土館

 こうして一通り見学した後、再び歩いて駅に戻りました。時刻は16時過ぎ。ホームには拝島行きの201系が停車しており、車内では女子高生が賑やかな歓声を上げておりました。

Kuha200146
武蔵五日市で出発を待つ201系

|

« 成田山霊光館で相撲関連の特別展開催中 | トップページ | ANA・東京メトロ提携記念1日券購入記 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/13941295

この記事へのトラックバック一覧です: 201系三昧の1日~2月16日:

» 武蔵五日市駅前局 [mattoh蒐集館]
 青梅線に比べると、五日市線の方はなかなか乗る機会がないですね。風景印に描かれている武蔵五日市駅の駅舎を見たときには正直驚きました。何しろその前に訪れたのがJRになってから2,3年経ったときで、小さい駅舎に降り立った記憶がありましたからね。  ちなみにそのときの様子をこちらに書いていて、駅舎の画像も載せています。改めて読んでみると、当時はまだ201系が普通に走っていたんですねぇ~(^^)。 ... [続きを読む]

受信: 2010.03.26 21:28

« 成田山霊光館で相撲関連の特別展開催中 | トップページ | ANA・東京メトロ提携記念1日券購入記 »