« 名車・パノラマカー | トップページ | たまには乗るか~ニューシャトル »

2007.06.03

瀬戸線の吊り掛け車両・6750系

 名古屋来訪の目的の一つだったパノラマカーに乗れたので、今度はもう一つの目的である瀬戸線に乗るべく栄へ向かいます。地下鉄鶴舞線で伏見まで行き、ここで東山線に乗り換えて栄までやってきました。まだ朝食を食べてなかったのでサカエチカの中をうろうろしていましたが、ほとんどの店の前にはシャッターが閉まっていて閑散としてました。そんな中朝食をやっている店を見つけ、ここで朝食を済ませました。名古屋名物のモーニングではありませんでしたが、東京あたりの朝食セットに比べると安いですね。

 こうしていよいよ瀬戸線に乗り込みます。瀬戸線に乗るのは初乗りでやってきた'96年の春以来ほぼ10年ぶりでしたが、この時は尾張瀬戸から到着してすぐに地下鉄に乗り換えてしまったので、イマイチ駅の様子とかが思い出せません。そんな地下駅ホームにやってくると、電車が発車するところでした。しかもこの電車、吊り掛けモーターの音を立てながらホームを離れていきました。この電車こそ、今回のお目当てである6750系でしたが、タッチの差で行ってしまいました(;_:)。

 次の電車は6600系だったので、とりあえずこの電車に乗って様子を見ることにしました。東大手を過ぎ地上に出た電車は清水駅に到着。私はここで下車しました。1本やり過ごした後、栄方面から先ほど乗った車両とは明らかに違う走行音で電車が近づいてきました。この電車がお目当ての6750系でした。もちろんこの電車に乗り込みました。

Meitetsu6750_shimizu
清水駅に到着する6750系

 清水駅を出るとすぐにあの「ゴーッ」という独特のモーター音が堪能できました。ただ今回は録音機材を持ってきておらず、走行音が撮れなかったのが残念でしたね(;_:)。私的には3年前まで東武野田線の5070系で普段から乗りなれていましたので、とても懐かしく感じました。

 中央本線との乗換駅である大曽根で乗客が乗り込み、立ち客ができました。沿線には大学を始め多くの学校があるようで、乗客の多くが学生さんでしたね。そんな通学の足となっている6750系ですが、私は次の矢田でこの電車から降りました。

Meitetsu6654
矢田駅に到着した6750系

 昨年暮れに東武5050系が引退し大手私鉄では風前の灯火となりつつある吊り掛け電車ですが、ここ瀬戸線も新車を投入するという計画があるとのことで、これらの吊り掛け車両も安泰ではないようです。そんな貴重な吊り掛け電車、最後まで元気な姿で活躍して欲しいところです。

 関連記事
  ・「名古屋吊り掛け夏の陣」オフ会参加記 (Kaz-T様)

|

« 名車・パノラマカー | トップページ | たまには乗るか~ニューシャトル »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。

 瀬戸線の電車は見た目はそれほど古くはないのですが、いざ走り出すと、かなりの時代を感じさせるものがありますね。

 この瀬戸線も、今月に尾張旭に新しい車庫ができ、車両も入れ替えが始まります。ステンレスの車両になるようです。そうなると、吊り掛けモーターの車両は引退ですね。

 たくさん客が乗っている路線で、これまで釣り掛け車が走っていたのは奇跡です。引退する前に乗っておきたいです。

投稿: たべちゃん | 2007.06.05 22:43

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 恥ずかしながら、名鉄に吊り掛け車両が残っていたことを知ったのはつい最近でした(^_^;)。そんなわけで、今回の旅を計画中、急遽瀬戸線も回ることにした次第です。

 足回りが古いにもかかわらず車体が比較的新しいというのは、8000系と外観がほぼ同じだった東武の5050系にも同じことが言えますね。そんな5050系も昨年ついに引退になりましたが、こちら名鉄の6750系も最後まで走り続けて欲しいものです。

投稿: mattoh | 2007.06.07 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/15300146

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸線の吊り掛け車両・6750系:

« 名車・パノラマカー | トップページ | たまには乗るか~ニューシャトル »