« JR駅名標&車両つながるストラップ | トップページ | 相撲ゆかりの名所を巡る~門前仲町 »

2007.06.27

”相撲のふるさと”両国を散策する

 梅雨の合間の暑い1日でしたが、今日はスターバックスコーヒーの株主総会へ行ってきました。先日15日と違い今回は都内だったので、普段出勤するのと同じ時間に家を出てきましたが、会場がなんと、相撲の聖地である国技館でした。現在の国技館になってからはまだ一度も来たことがなかったんですが、まさかこんな形で行く機会が出来るとは思いもよりませんでした。

 古い話になりますが、蔵前国技館には子供の頃、母方の祖父に何度か連れられて相撲観戦したことがあります。相撲もそれなりに楽しく観戦した記憶はあるんですけど、それ以上に記憶に鮮明に残っているのが、観戦した帰り道でのこと。蔵前から都営浅草線で浅草まで来て、駅前の神谷バーで夕食を食べてから東武伊勢崎線に乗って帰るというのが、帰りの定番でした。神谷バーといえばデンキブランということになりますが、祖父が飲むデンキブランがなんとも怪しく感じまして、その”デンキ”という言葉に、「感電したりしないかな?」と子供ながらに心配してしまいました。今じゃ自分も平気で飲んでますが(笑)。

 で、浅草から乗った東武の車両が、当時まだ現役だった7800系で、当然吊り掛けモーターの音を聞きながらの帰路なんですが、相撲とデンキブラン、そして東武7800系が一つの組み合わせとなって、子供の頃の思い出として残っています。

 と、長々とした余談はさておき、両国駅に着いたのが午前9時前。まず出迎えてくれたのは、改札付近の壁にかかっている優勝額でした。これは国技館の館内の天井に吊り下がっているのと同じもので、昭和50年九州場所の三重ノ海と昭和47年大阪場所の長谷川のものです。これらもかつては国技館に架かっていたもので、これを見るだけでも相撲の町に来たんだなぁと感じますね。

Yusyogaku_ryogoku
両国駅の改札付近にかかっている優勝額

 さて、株主総会の開始までまだ時間がありましたので、回向院へ行ってみることにしました。途中、さまざまな形の横綱の彫刻が道の至るところに鎮座していて、台座には歴代の横綱のしこ名が刻まれていました。

Yokodunazo1

Yokodunazo2
両国駅付近に点在する横綱像

 相撲の町である両国らしいモニュメントですね。その通りを抜け正面に建っているのが回向院です。回向院は戦前まであった旧両国国技館があったところで、現在はそれを偲ぶものは残っていませんが、相撲にゆかりのある「力塚」という石碑が入ってすぐのところに鎮座していました。大きな石碑に圧倒されてしまいましたが、これは昭和11年に建てられたもので、石碑の周りには玉錦や双葉山など、当時活躍した力士の名前が刻まれていました。

Tikaraduka_ekoin
回向院の力塚

Futabayama_ekoin
周りに刻まれた大横綱のシコ名

 力塚に圧倒された後は、近隣の郵便局に立ち寄りながら再び駅へ戻ってきました。いよいよ国技館へと向かいます。入口から入り、まずは受付を済ませてからお楽しみ(?)の試飲コーナーへ。それにしても会場が狭いせいで激混みでしたね(^_^;)。何とかコーヒーを手にすることが出来ましたけど、暑い最中やってきたんで出来ればアイスが欲しかったですねー。その熱いコーヒーを飲み干してから、会場内へと入りました。今日はもちろん土俵は仕舞われていましたが、過去5年の優勝力士の額が天井を取り巻くように掲げられているところは、やはり国技館にきたなぁと感じましたね。残念ながら場所中ではなく別の形で初めて来ることになったんですが、いつか本場所開催時に再訪したいところです。

 まだ総会は途中でしたが、11時過ぎに退去し国技館に併設されている相撲博物館に寄って来ました。ちょうどライバル展という企画展をやっていて、栃若や柏鵬などゆかりの品々が展示されていましたが、全体的には展示されている品物は少なくいくぶん寂しい感じを受けましたね。日本の国技ですから、充実した資料の展示をお願いしたいところです。

 その後、近隣の郵便局に立ち寄った後、都営大江戸線で両国を後にしました。

 相撲の町として古くから栄えた両国の町。今回は行けませんでしたが、駅に隣接している江戸東京博物館では来月から鉄道関連の企画展が行われるとのことなので、再訪する機会が出来そうです。訪問したときにはまた書きたいと思います。

Ryogokukokugikan
両国国技館

|

« JR駅名標&車両つながるストラップ | トップページ | 相撲ゆかりの名所を巡る~門前仲町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

コメント

 両国と言えば「横網」の地名。相撲つながりでどうしても「横綱」をイメージしてしまいます。私自身、両国は江戸東京博物館に行くのに何度か降りたくらいしかありませんけどね。

投稿: まさつぐ | 2007.06.27 23:10

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 国技館の所在する「横網」という地名、確かに一見すれば「横綱」に見えてしまいますね。相撲にゆかりのある場所ですので、これはある程度は致し方のないところでしょう。

 両国駅に隣接する江戸東京博物館はまだ行ったことがないんですよね。ただ来月から鉄道関連の企画展があるようなので、これを機に訪問することが出来そうです。

投稿: mattoh | 2007.07.01 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/15576889

この記事へのトラックバック一覧です: ”相撲のふるさと”両国を散策する:

« JR駅名標&車両つながるストラップ | トップページ | 相撲ゆかりの名所を巡る~門前仲町 »