« ミュースカイで中部国際空港へ | トップページ | 「お台場へ行こう」ラッピング車両~りんかい線 »

2007.06.07

回り道な台湾への旅

 今回の旅ではほんの触りの部分だった名古屋半日散策を終え、いよいよ本題の台湾へ向けて出発です。

 日本アジア航空の名古屋から台北までのフライトは毎日1便飛んでいるんですが、午前10時発と早い時間の出発なので、今回のような行程では利用することができません。そこで一度成田まで行き、夕方飛び立つ便で乗り継ぐというルートを考えました。関東在住の人だったら、「わざわざ何で名古屋まで行ったの?」ということになりますが、先にも書いたとおり今回は無料航空券を利用した旅なので、こうした行程が可能でした。それに関東在住だと、成田での乗り継ぎはそうそう体験できませんからね。

 さて成田行きJAL3084便は1時55分出発なので、まだ2時間近くありました。そこで空港内をぶらぶら散策することにしました。セントレアのマスコットであるフーの巨大なマスコットを横目で見ながら進むと、飲食店が連なる一角に入浴施設があるのを見つけました。これは「宮の湯」といって、日本の空港では初めて空港内に作られた入浴施設です。開港当時、こうした施設があるという話を聞いてたんですが、前回は時間がなく利用することが出来ませんでした。そんなわけで、今回は時間つぶしを兼ねて利用することにしました。

 受付でロッカー番号が書かれたリストバンドを貰い脱衣場へ向かいました。リストバンドをロッカーのセンサー部分にあてると、鍵が解除されて利用できるようになるという仕組みですが、これまでは小銭を用意しなければならないので、これは便利ですね(^^)。服を脱ぎいよいよ風呂場に入ります。

 やはりここのウリは浴槽から見える旅客機でしょうね。旅客機を見ながらお風呂を楽しめるところはここだけといえそうですが、相変わらず雨がしとしと降っていて、外の景色はイマイチでした。好天の日には伊勢湾からの夕日が望めるとのことで、次回は天気のいい日に訪れたいですね。

 こうしてすっかり温まり、受付で料金900円をEdyで支払い後にしました。ここでまだセントレア内にある郵便局に行ってないことを思い出したので、1階にある郵便局へ行って風景印の押印と貯金をしました。その後はカードラウンジで一休み。2年前に釜山へ旅立ったときも利用しましたが、ここは無料でビールが飲めるんですよね。風呂上りのビールがおいしかったです(^^)。

 空港内の飲食店は昼食時とあってどこも一杯だったので、空弁を買って機内で食べることにしました。手荷物検査を受けて、搭乗券に書かれた搭乗口へ向かいました。先ほどチェックインした際に、成田空港から乗る日本アジア航空の便の搭乗券を受け取ったんですが、ここでは出国手続きはありませんでした。これから乗るJAL3084便は国内線扱いなので、海外へ乗り継ぐときは成田空港で出国手続きを行うとのことでした。ちなみに午前中に出るJAL54便は国際線の扱いとなり、この場合は中部国際空港での出国手続きとなります。

Jlb737800_chubu
成田空港行きJAL3084便

 1時半過ぎ、地上係員のアナウンスが流れ、機内へ乗り込みました。そして定刻の1時55分、相変わらず降りしきる雨の中、中部国際空港を離陸しました。

 成田までは40分ほどのフライトなので、アテンダントがてきぱきとドリンクのサービスを始めました。私も先ほど買った空弁を開けてそそくさと食べ終えましたが、やはり何か慌しいですね。もっとも、飛行機で名古屋と東京の間を移動することは、よほどの機会でないとないんですけどね(^_^;)。

 そんなわけで、あっという間に3時ちょうど、成田空港に到着しました。タラップを降り、目の前に停車していた空港バスに乗ってロビー内までやってきましたが、そのまま第2ターミナルの出発ロビーへと向かいました。ここからは成田から海外へ行くときと全く一緒ですので、正直拍子抜けでしたね。

 4階のみやげ物やを冷やかしたり、銀行で円を台湾の元に両替して時間を潰した後、出国手続き場へ進み手続きを済ませました。これから乗る日本アジア航空205便の搭乗口はサテライトにあるため、シャトルシステムに乗って移動しました。空気浮上式という特殊な乗り物ですが、国際線に乗るときでないと利用できないんですよね。変り種の乗り物といえますね。

 こうしてサテライトに到着し、搭乗券に記された乗り場へと向かいました。目の前にはこれから乗るボーイング747-400が出発のスタンバイをしていました。

Jlb747400_narita
なぜかJAL機材でした(^_^;)

 しかしこの747機、よく見ると、側面に”JAL”と書かれています。元々政治的配慮から設立された日本アジア航空ですが、近年はかつてのような明確な区別はないようで、こうしたJAL機が就くこともあるようですね。11年前に台湾を訪れたときにもJAAを利用したんですが、そのときに比べるとずいぶんと変わりました。

 16時30分、EG205便は成田空港を離陸しました。相変わらずの悪天候でしたが、水平飛行中はそれほど大きな揺れはなく概ね順調でした。1時間ほど経ったところで機内食が運ばれてきました。今回はカレーとハッシュドビーフのチョイス。正直迷いましたが、今回はカレーを選びました。

Food_eg205
機内食はカレーをチョイス

 普通のカレーがちょっと物足りなかったでしたね。おまけにライスもちょっと固めでした(;_:)。

 この後は目的地まで、座席前に設置されたモニターで映画やゲームを楽しみながら時を過ごしました。去年のイタリアの旅のときのような長距離の移動ではないので、それほど退屈はしませんが、やはりあると使ってしまいますね(^_^;)。

 こうしていよいよ19時過ぎ、目的地の台北桃園国際空港へ着陸しました。中部国際空港を発ってから6時間弱。遠回りをしてようやく台湾へやってきました。

|

« ミュースカイで中部国際空港へ | トップページ | 「お台場へ行こう」ラッピング車両~りんかい線 »

航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/15348740

この記事へのトラックバック一覧です: 回り道な台湾への旅:

» ようやく乗れたミュースカイ [mattoh蒐集館]
 今年5月に台湾へ行く途中、名古屋を経由して台湾を目指しました。埼玉に住んでいる者がどうしてそんな回りくどいルートを取ったのかについてはこちらに書いているのでここでは省きますが、名古屋から中部国際空港へ向かう際、まだ乗ったことがなかった「ミュースカイ」2000系を利用することにしました。おととし2月にも名古屋を経由して韓国を目指したことがあり、そのときに乗りたかったんですが、あいにく満席でやむなく一部座席車の2200系を利用しました。今回は無事にミューチケットが取れ、ようやく念願をかなえることが出来... [続きを読む]

受信: 2007.07.19 22:26

« ミュースカイで中部国際空港へ | トップページ | 「お台場へ行こう」ラッピング車両~りんかい線 »