« 「お台場へ行こう」ラッピング車両~りんかい線 | トップページ | 都電荒川線に乗る »

2007.06.09

上信電鉄訪問

 先週の土曜日が仕事だったもんで、その振替をおとといの木曜日に当てました。そこで関東の駅フォトラリーの対象駅となっている上信電鉄の上州一ノ宮駅を訪問してきました。

 E231系に乗って高崎に到着したのは午後2時前。一旦改札を出ます。以前はJRと上信電鉄の改札は共通で、JRの券売機でオレンジカードを使って上信電鉄のきっぷを買うことが出来たんですけど、平成17年の駅改修によりそれまで東西にあった改札口が一箇所に統一、それに伴いJRと共通だった改札口は分離され、独立した改札を設けることになりました。そんなわけで、かつてはラッチ内だったコンコースを歩き、階段を下りて乗り場へとやってきました。共通改札時代からあった上信電鉄の窓口は今も健在で、窓口では分離されて置くようになったのか、以前はなかった高崎駅の硬券入場券を売ってました。もちろん1枚購入。入口付近にあった真新しい券売機で上州一ノ宮までの乗車券を買いました。

 ホームにはすでに派手にラッピングされた電車が停まっていました。300系という上信電鉄のオリジナルの車両ですが、西武からやってきた改造車が幅を利かせるようになり、自社オリジナルの車両はだいぶ少なくなってしまいました。大手にはない心意気を感じさせてくれる車両ばかりで、こうした車両が少なくなってしまうのは何とも残念なところですね。

Type300_takasaki
高崎で出発を待つ自社オリジナルの300系

 平日の昼間ののんびりとした雰囲気の中、下仁田行き電車は14時8分に発車しました。しばらく高崎市内の住宅街を縫うように走り抜けた後、烏川の鉄橋を渡ったあたりからのどかな田園風景が広がってきました。ようやくローカル私鉄らしい風景になってきましたが、車内から駅舎を窺うとどこも年代モノで味がありますね。降りてじっくり眺めてみたいところでしたが、今回は目的地があるため後ろ髪を引かれる思いでした。

 電車は沿線で大きな町のひとつである上州富岡に到着しました。ここ富岡といえばやはり明治時代に建築された製糸工場である富岡製糸場ですね。今年1月に世界遺産の暫定リストに登載されることになり注目を浴びるようになりましたが、ホームにそれを祝う幟などがかけられているのを見ると、その力の入れようが伝わってきます。今回は時間の都合で訪問できませんでしたが、日本の産業発展に貢献した建築物だけに一度じっくり見学したいですね。

 上州富岡を過ぎて3つ目、目的地である上州一ノ宮に到着しました。

Jyousyuichinomiyahome
上州一ノ宮駅に到着

 ここは今から7年前の同じ時期に初めて下車したことがあるんですが、やはりこの駅を訪れたからには、年代モノの駅舎を見ておきたいですね。先ほども書いたとおり、上信電鉄の駅舎はどこも古めかしく年季が入っていますが、ここ上州一ノ宮の駅舎もどこか懐かしい雰囲気にさせてくれるものですね。

 そんな駅舎をじっくり眺めながら時を過ごしましたが、次の電車までまだしばらく時間がありましたので、隣駅の上州七日町まで歩いて見ることにしました。手持ちの地図に寄ればそれほど距離はないようで短時間で歩けそうな雰囲気でしたが、案の定およそ15分ほどで目的地に到着しました。ここ上州七日町もローカル私鉄らしいのんびりとした駅でしたね。

Jyosyunanokaichista

Bookoffice_jyosyunanokaichi
(上下とも)上州七日市駅の様子

 さっそく窓口で高崎までのきっぷを買おうとしたら、硬券の乗車券が出てきました。こうしたきっぷも最近は滅多に見ることが出来ませんが、そもそもきっぷを駅員から買うことすら体験できなくなってしまいましたね。ICカードで鉄道に乗るのが当然となった昨今、こうしたアナログ的な風景が当然の風景として行き続けていることを思うと、久しぶりに懐かしい感じを覚えました。

 15時41分、下仁田方面から高崎行きがやってきました。先頭車がどこかで見たことがある車両と思ったら、先ほど高崎から上州一ノ宮まで乗ってきた電車でした。そこで今度は後方の車両に乗ってみました。途中の駅では下校途中の高校生のグループが乗り込み、車内は一気に華やかになりました。こうした高校生やお年寄りによってローカル私鉄は支えられているんですよね。

 下校途中の学生で一杯になった電車は16時24分、終点の高崎に到着しました。電車から降りたお客さんで一杯だった改札に向かう前に、駅構内に伸びる側線を眺めていたら、こじんまりとした電気機関車「デキ」が停まっていました。

Jyosyudeha251
高崎駅に到着したデハ251

Deki_takasaki
デキと上信電鉄の電車

 自社オリジナルの車両がいたり西武からの転属車がいたりとバラエティに富んだ上信電鉄。自宅から比較的近いところにあるので、機会があれば再訪したいと思います。

(おまけ)
 手持ちにある上信電鉄の車両を上げたいと思います。

Jyosyin89
初めて訪れたときに乗った車両。形式を控えなかったのが残念(下仁田にて)。

Jyosinkuha103
元西武451系のクハ103(上州富岡にて)。1996年写す。

Jyosinkuha304old
今回乗ったクハ304の元カラー。2000年写す。

Jyosinkuha1301
自社オリジナルのクハ1301

|

« 「お台場へ行こう」ラッピング車両~りんかい線 | トップページ | 都電荒川線に乗る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/15371962

この記事へのトラックバック一覧です: 上信電鉄訪問:

« 「お台場へ行こう」ラッピング車両~りんかい線 | トップページ | 都電荒川線に乗る »