« 運転期間延長!ポケモンモノレール~東京モノ | トップページ | 新潟で震度6強! »

2007.07.15

ホゥトンで太魯閣号と出会う

 台湾の旅の続きです。平渓線のディーゼルカーで東部幹線の乗換駅であるホゥトンに到着した私は、ここから台北方面へ向かう列車に乗り換えますが、次の列車は15時32分発の七堵行きまでありませんでした。およそ1時間ほどの空き時間でしたが、仕方ないので、駅の周りをぶらぶらしながら過ごすことにしました。とりあえずは改札を抜けて駅前へ。駅周辺には民家が数軒あるだけで人もほとんど行き来がありませんでしたが、まさに各駅停車しか停まらない中間の駅といった雰囲気でしたね。

Houtongsta
のんびりとした小駅・ホゥトン駅

 線路の反対側に渡る跨線橋があったので、渡って反対側に出てみたものの、こちらはさらに何もないといった感じでした。仕方なく、きっぷを買ってホームで待つことにしました。

 青い車体の通勤型電車や自強号が行き来する様子を撮りながら時間が過ぎるのを待っていましたが、そんな中、台北方面から白い車体の列車が猛スピードを上げて近づき通過していきました。

Tarokopass_houtong1

Tarokopass_houtong2
(上下とも)ホゥトン駅を通過する太魯閣号

 この列車、台北と東部幹線の花蓮を結ぶ「太魯閣号」という観光列車で、去年から運行を開始したそうですが、これまでの台湾の鉄道にはなかったスタイルで、かなり斬新なイメージですね。それにJR九州で使用されている”白いかもめ”こと885系にもよく似ていますが、実は日立製作所で製造されたそうで、885系をモデルにして製造されたようです。道理で似ているはずですね。

 今回は乗ることが出来ませんでしたが、次回台湾を訪問するときはぜひとも乗ってみたい列車です。

 こうして長い待ち時間も全く苦になることなく、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。15時半頃、ようやく七堵行きの普通列車がホゥトン駅に到着。エアコンが効いた車内に乗り込み、ホゥトンを後にしました。

Roko_houtong

Kukansya_houtong

Jikyopass_houtong
(3枚とも)ホゥトン駅で撮った列車

|

« 運転期間延長!ポケモンモノレール~東京モノ | トップページ | 新潟で震度6強! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/15765773

この記事へのトラックバック一覧です: ホゥトンで太魯閣号と出会う:

« 運転期間延長!ポケモンモノレール~東京モノ | トップページ | 新潟で震度6強! »